一方的に月給制から時給制に変更された!

User image 1 Legalus編集部さん 2014年01月07日

 上司と口論になり、配置転換の辞令を受けました。給料はこれまで月給制でしたが時給制に変更になります。これまでの労働時間は176時間でしたが、今後の労働時間は、月22日間の出社で事実上1日7時間勤務の月あたり154時間となります。賃金を月給制と時間制で比較すると7万円の減給になります。配置転換も辞令書1枚を渡されただけ、異動説明も事前の打診もありませんでした。
 この一連の出来事に何か問題はないのでしょうか。



(50代:男性)

関連Q&A

公務員です。一棟26室のマンションを持っていて、確定申告での収入額は公務員収入プラス100万ほどです。

就業規則・労働協約 2017年02月25日

公務員として28年勤務しています。三年前に業者からは副業規定に抵触しないとして一棟マンションを購入しましたが、昨年から収支がプラスに転じ、なんだか心配になってきています。もし副業規定に引っかかるのであれば速売却しなければ…と考えていま...

社員契約を破棄させて頂きたいので、今から一週間以内に決めてくださいと言われました。

就業規則・労働協約 2017年02月16日

社員契約から半年たった頃、いきなり社員契約を破棄してほしい。と雇い主に言われました。 破棄後は、退職または社員契約時の労働日数の半分出勤の、パート契約かどちらかを宣告日より一週間以内に決めてくださいと言われました。 そして、決めた次の...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     労働契約は、労働者が使用者に使用されて労働し、使用者がこれに対して賃金を支払うことについて、労働者及び使用者が合意することによって成立するもの(労働契約法6条)です。ですので、労働契約を変更、特に労働者に不利益に変更する場合には労働者の同意を得ておく必要があります。

     今回の場合、上司から事前の説明すらもなかったということですので、手続的に問題があるといえます。

     また、就業規則により一方的に労働条件を不利益変更するということも可能ではありますが、これには合理的理由が必要です。

     今回の場合、相談者が上司と口論となったことが労働条件変更の理由とのことですが、その口論の原因や内容によっては合理的な理由が認められないということになるでしょう。
     とにかく、今回の会社側の手続には法的に問題があると考えられますので、一度労働基準監督署に相談されると良いでしょう。

2014年01月07日

就業規則・労働協約に強い弁護士

20年以上の経験と実績があります。お一人で悩まず、まずはお気軽にご相談ください。

依頼者のために最善を尽くしていきます

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ