業務命令による引っ越しの費用を請求できるか?

Legalus編集部さん 2014年04月22日

 会社の業務命令で、転勤に伴い引っ越しをしました。その費用を自己負担させられました。その他、会社と業務連絡につかうインターネット通信代等を給与から天引きされました。裁判で請求したいのですが、可能でしょうか?通信代などは、労基法第24条に賃金全額払いの法則があり、これをもとに請求できそうです。しかし、業務命令で引越しをした引越し費用については、どんな法律を根拠に請求すればいいでしょうか?



(30代:男性)

関連Q&A

バス通勤で交通費申請して自転車通勤。問題ない?

就業規則・労働協約 2016年10月31日

会社から最寄りのバス停から会社までのバス代金を交通費として受け取っています。しかし、バスの時間が遅れることがあり、自転車でも通勤できる距離なので、普段は自転車で通勤しようと考えています。何か問題はありますか?

会社で期日前投票等を強要される

就業規則・労働協約 2016年07月05日

組合が模擬投票用紙を配り、応援する人の名前を書かせようとしたり、期日前投票に行かなかった人に、電話で投票に行くように連絡をするようなのです。 いつ、誰に投票するのかは自由であると思うのですが、これらの行為は問題ないのでしょうか? (3...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     まず、引っ越し費用についてお答えします。転居を伴う転勤や異動について、その費用負担を規定する法律は、残念ながらありません。そのため、会社の就業規則や、その会社に労働組合がある場合、労使間の協定によって取り決めを行うのが一般的です。そして、その取り決めに基づき、費用負担を行うことになります。

     そのため、相談者の方は、まずは勤務先の就業規則や労使協定(会社と労働組合もしくは労働者の過半数を代表する者との間の合意)を確認されることが必要になってくると思われます。そうした規定が無い場合は、勤め先と費用負担を交渉することが必要になると思われます。

     次に、業務連絡に伴う通信費の天引きについてお答えします。労働基準法24条1項においては、給与は天引きなどを行わず全額支払うことが原則とされています。ただし、例外として


    1. 税金や社会保険料などの法定控除

    2. 労使協定で予め定めた内容


    については天引きが可能となります。

     したがって、インターネット利用料などの天引きが、労使協定などで合意されているかどうかを確認する必要があります。そうした合意がなければ、違法な天引きとなりますので、請求は可能となります。

     ただ、今後もお勤めになられるということであれば、すぐさま専門家に相談し法的手段に打って出ると軋轢が生じると思われますので、これまで述べた内容を確認し、人事や総務担当者と理性的な話し合いの場を持たれることをおすすめいたします。

2014年04月22日

就業規則・労働協約に強い弁護士

お客様一人一人に会った解決方法をご提案します

依頼者の一番の味方となり、ベストな解決を目指します。まずはお気軽にご相談ください。

【交通事故案件多数】【複数弁護士対応可】 栃木県北の頼れる弁護士

身の回りの法律トラブルの解決に積極的に取り組んでおります

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ