家庭教師の仕事を予想より早く辞めることになった場合は?

User image 1 匿名ユーザーさん 2014年09月08日 20時14分

 7月10日からある個人宅で指導を開始し、7月15日に、「実家がある茨城県で就職が決まったため、引っ越しをすることになったから、後任の先生を探してください」と伝えました。私が最後に指導するのは7月29日になります。そうすると、7月24日に、「短期間で先生が何度も変わってしまうと、ほぼ解約になってしまう。今年度いっぱいは茨城から通って指導を続けてください。もしその条件が飲めず、解約となった場合は違約金などの損害を負っていただきます」と言われました。

 指導前に会社と交わした「指導厳守事項」には「家庭教師が生徒及びその保護者その他の関係者とトラブルを起こした場合、弊社は一切の責任を負わず、家庭教師の責任において解決するものとし、弊社が損害を被った場合には、当該家庭教師は弊社に対し、かかる一切の損害を賠償する責任を負うものとします」と書かれています。
指導開始前に電話で会社と話した時点では、東京と茨城の両方で就職活動をしておりました。基本的には東京で就職する気でいたのですが、茨城で就職先が決まったため引っ越すことに決めたという経緯があります。

 茨城から通うとなると完全に赤字です。そうした負担を背負ってまで条件をのむつもりは無いのですが、法律的に通う義務が生じるのかどうか、のまなかった場合に発生した損害賠償を支払う義務が生じるのかどうかを知りたいです。



(20代:男性)

匿名弁護士

 ご相談の中で「指導厳守事項」として記載されている内容は、法的に言えば「家庭教師派遣の契約における義務の内容」となります。名前こそ契約とは記載されておりませんが、実質的に契約内容だと判断して差し支えないでしょう。となれば、この指導厳守事項に反した場合、契約における義務違反(債務不履行)となり、損害賠償請求(民法415条)をされてもやむを得ないものとなってしまうとお考えいただいた方がよいと思われます(あるいは、茨城から指導先に通うかということになるのではないかと思われます)。

 ご相談の中では、指導厳守事項において「トラブルを起こした場合の規定」をご指摘いただいておりますが、通常、家庭教師の派遣のように長期間契約が存続する形態の場合、「もし辞めたい場合は、いつまでに連絡すること。それを行わない場合は、指導を継続しなければならない」。あるいは、「一度指導を開始したら、重篤な病気などやむを得ない場合をのぞいて、どのくらいの期間は指導を継続せよ」というような内容があるものとも思われます。こうした内容があれば、その条項にも違反していることになり、損害賠償を支払う義務が生じるということになると思われます。

 おそらく、その金額としては通常指導を継続するだろう期間によって得られたであろう利益相当額が妥当な金額ではないかと思われます。

 そもそもの点として、茨城と東京の両方で就職活動をしていた事情や、就職先によっては指導を継続できない可能性があるという事情を家庭教師の派遣会社にお話されていた状態でしょうか?ご相談内容から察するに、こうした点を伏せておられて、指導を開始したのではないかと思われます。家庭教師の派遣では、指導を継続できる期間というのは契約内容の重要な要素になると思われますので、これを秘していたということであれば、法的な責任を追及されたときに分が悪いと思われます。

 いずれにせよ、責任の所在はご相談者様にあると思われます。一方で、茨城での新しい生活もあるでしょうから、例えば、指導をしてくれる新しい家庭教師の先生を自ら見つけ出し、指導先と派遣会社に紹介するなどの善後策を講じるなどして、家庭教師派遣会社と真摯に交渉することが求められていると考えます。

2014年09月08日 20時14分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

他の人が自分の過去のイラスト作品を真似て仕事を請負われるかもしれない。防ぐ方法はありますか?

就業規則・労働協約 2021年03月08日

現在、パートとして在籍中の会社Aのお客様(会社B)からイラスト作成の依頼をうけており、会社Aと会社Bが契約し会社Aから業務委託で私がイラストを納品しております。 今後、会社Aをやむを得ず退社する可能性もあるのですが以前会社Aの社長から...

コロナだと疑われてバイト先を休まされた場合の休業手当について

就業規則・労働協約 2021年01月10日

休業手当について(コロナウィルス関連) 先日熱が37.3度あり、体のだるさを感じたため、念のためアルバイト先をお休みしました。 その日のうちに病院へかかり、医者の判断では風邪の類でありコロナウィルスではないと判断されてPCR検査は受け...

労働条件の不利益変更に当たり、住宅手当は給与の一部と考えられるのでしょうか?

就業規則・労働協約 2020年12月16日

勤務している会社にて、住宅手当の見直し(廃止)が計画されています。労働条件の不利益変更は簡単に行うことはできず、特に給与・退職金の削減ですと厳しい条件が課せられるようです。住宅手当は福利厚生に当たるのですが、制度の廃止は何らかの制約を...

会社費用の留学から帰国後に退職するにあたって学費返還義務が生じるか

就業規則・労働協約 2020年10月11日

退職に当たっての留学費用の返還義務について質問です。 私は現在メーカー法務部で契約担当をしており、数年前に会社の費用負担で欧州ロースクールへ留学しましたが転職を考えております。 そうした際に留学費用返還義務が発生する(見込みが高い)の...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する