業務上のミスについて、損害賠償請求に応じなければならない?

User image 1 匿名ユーザーさん 2016年05月03日 00時22分

 主人は中古車販売の営業をしています。昨年末、中古車販売をした人が「先に納車してもらえれば、後から銀行ローンで支払う」ということで契約をしたそうです(通常は、ローン審査後、納車日もしくは前日に銀行から一括払いを受けた後に納車となります)。

 相手の方とは以前から会社の取引があり、信用して先に納車しました。しかし、結局銀行からの連絡はなく、音信不通となり、行方不明となってしまいました。

 会社側からは、中古車代金と(今まで支払いがなかったことを一種のレンタルととらえて)支払いのなかった4カ月分をレンタカー代として合計80万円を請求すると言っています。もちろん、支払いがなかったことは主人が上司に報告しているのですが、「連絡を取って支払ってもらえ」と言われるだけでした。

 こうした場合、全額支払うべきなのでしょうか?



(20代:女性)

匿名弁護士

 ご相談者様のように、業務上のミスによって会社から損害賠償請求をされるケースはありえます。法的にいえば、不法行為に基づく損害賠償請求(民法709条)というものです。

 より具体的には、「故意または過失」によって「会社の権利を侵害し」、その結果「会社に損害が生じた」場合、「故意または過失と相当因果関係のある範囲における損害を賠償する」ということになります。



 しかし、一般的な不法行為と異なり、業務上のミスという不法行為の場合、少し考え方が異なります。それは「業務においてミスが生じることは通常であって、会社はある程度このミスを見込んでいる」という考え方がなされるということです。

 したがって、故意または過失を考えるにあたって「通常起こりうるような些細な過失を超える過失」が認められないと、損害賠償請求が認められないことになります。

 また、ミスについてこのように「織り込み済み」の部分があると考えるため、賠償についても過失割合によって会社が負担すべき部分を考慮しようという考え方があります。



 これらを踏まえて今回のケースを考えると(仮に訴訟に発展した場合)、まず「過失の有無」については、通常は、銀行ローンを経由して支払いを受けた後に納車をすべきところ、それをせずに、先に納車しているという行為は「些細なミス」とは言い難いものだと考えます。したがって、過失は認められるでしょう。



 もっとも、そのような手法で行うことについて、会社側はチェックして止めるように指摘するべきであったという「管理体制の不備」があったということはできると思われます。そうであれば、全額の賠償ということにはならず、販売代金の一定額を負担すべき、という判断になるのではないかと思われます。



 また、4カ月分の支払いがなかった期間について会社が被った損害は、期間中の利息程度といえ、レンタカー代と同視することは合理性がありません。したがって、支払いを拒絶できるのではないかと思われます。



 もっとも、これらは裁判で争った場合での想定です。現在ご主人様がお勤めになられている会社に対しての訴訟提起となれば、居心地が悪くなるのが予想されます。

 そうであれば、上記で説明した点を踏まえつつ、粘り強く交渉して支払うべき代金の減額を求めるというのが一番穏便な手法ではないかと思われます。

2016年05月03日 00時22分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

他の人が自分の過去のイラスト作品を真似て仕事を請負われるかもしれない。防ぐ方法はありますか?

就業規則・労働協約 2021年03月08日

現在、パートとして在籍中の会社Aのお客様(会社B)からイラスト作成の依頼をうけており、会社Aと会社Bが契約し会社Aから業務委託で私がイラストを納品しております。 今後、会社Aをやむを得ず退社する可能性もあるのですが以前会社Aの社長から...

コロナだと疑われてバイト先を休まされた場合の休業手当について

就業規則・労働協約 2021年01月10日

休業手当について(コロナウィルス関連) 先日熱が37.3度あり、体のだるさを感じたため、念のためアルバイト先をお休みしました。 その日のうちに病院へかかり、医者の判断では風邪の類でありコロナウィルスではないと判断されてPCR検査は受け...

労働条件の不利益変更に当たり、住宅手当は給与の一部と考えられるのでしょうか?

就業規則・労働協約 2020年12月16日

勤務している会社にて、住宅手当の見直し(廃止)が計画されています。労働条件の不利益変更は簡単に行うことはできず、特に給与・退職金の削減ですと厳しい条件が課せられるようです。住宅手当は福利厚生に当たるのですが、制度の廃止は何らかの制約を...

会社費用の留学から帰国後に退職するにあたって学費返還義務が生じるか

就業規則・労働協約 2020年10月11日

退職に当たっての留学費用の返還義務について質問です。 私は現在メーカー法務部で契約担当をしており、数年前に会社の費用負担で欧州ロースクールへ留学しましたが転職を考えております。 そうした際に留学費用返還義務が発生する(見込みが高い)の...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する