ある日突然、事務所に監視カメラが!

User image 1 匿名ユーザーさん 2014年01月07日 04時12分

 週明けに出勤すると、事務所の天井から監視カメラがぶらさがって、所内をクルクル見渡すように動いていました。
 うちの会社は今まで、防犯体制を全く取っていませんでした。普段は玄関に鍵をかけるだけ。裏口もひとつの鍵だけでシャッターもありません。唯一の防犯対策は所内の電気をつけて帰宅するというものでした(誰かが中にいると思わせるためらしいです)。
 ところがなんの事前説明、事後説明もなくカメラが設置されました。営業時間中事務所にいるのは、私ともう一人の職員だけなので、私達を対象に監視されている感が払拭できません。これはプライバシーの侵害、基本的人権の侵害にあたりませんか?
 小さな会社(職員10名程)ゆえ、労働組合もありませんし、社長の性格が少し変わっているので文句も言い辛い状況です。

(20代:女性)

匿名弁護士

 近年、防犯(セキュリティー)とプライバシー権の衝突が、様々な場面で問題となっています。
 一昔前、「ご近所」が健在だった頃は、人の目が煩わしかったかわり、それが立派な防犯体制の役割を果たしていたのでした。夜中にお隣の木戸が開く音がしただけでも、「こんなに遅く誰か出入りしている」と向こう三軒が気付く暮らしだったのです。
 ところが、現代のように隣が何をする人かも知れず、また24時間人間が活動して何の不思議もない世の中では、セキュリティーのためには、ある程度の監視システムが不可欠となってきます。その必要性は無視できないと思います。
 しかし、その方法は、どんなものでも許されるわけではありません。とくに、マンションの玄関など出入りの時だけの監視ではなく、特定の場所で長時間の監視がなされる場合は、監視される側の事情も考慮して、目的達成のための必要最小限度に止めるべきでしょう。防犯のためであるなら、退社後・休日だけ作動するよう改善要望書を提出したり、署名を集めるのも一法です。

 が、働く人のプライバシーが職場において完全に保護されなければならないかといえば、そうではありません。
 更衣室や洗面所など、プライバシーが固く保護されるべき場所を除いて、職場はその性質上、公的な空間です。そのような場所においては、プライバシーは一定限度で放棄されています。勤務態度をチェックするための監視カメラでも、天井に一箇所設置する程度であれば、ビデオに録り、別の目的で使用するなど特段の事情のないかぎり法的に不当とまではいえないと考えます。

 監視カメラの設置にあたっての事前事後の説明については、雇用者、監督者としては事情を話して社員に理解を求める方が望ましいとは思います。しかし、法的説明義務があるとまではいえないでしょう。
 なお、労働組合は、2人以上職員がいれば結成することができます。この機会に職場仲間で相談されてはどうでしょうか。

2014年01月07日 04時12分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

他の人が自分の過去のイラスト作品を真似て仕事を請負われるかもしれない。防ぐ方法はありますか?

就業規則・労働協約 2021年03月08日

現在、パートとして在籍中の会社Aのお客様(会社B)からイラスト作成の依頼をうけており、会社Aと会社Bが契約し会社Aから業務委託で私がイラストを納品しております。 今後、会社Aをやむを得ず退社する可能性もあるのですが以前会社Aの社長から...

コロナだと疑われてバイト先を休まされた場合の休業手当について

就業規則・労働協約 2021年01月10日

休業手当について(コロナウィルス関連) 先日熱が37.3度あり、体のだるさを感じたため、念のためアルバイト先をお休みしました。 その日のうちに病院へかかり、医者の判断では風邪の類でありコロナウィルスではないと判断されてPCR検査は受け...

労働条件の不利益変更に当たり、住宅手当は給与の一部と考えられるのでしょうか?

就業規則・労働協約 2020年12月16日

勤務している会社にて、住宅手当の見直し(廃止)が計画されています。労働条件の不利益変更は簡単に行うことはできず、特に給与・退職金の削減ですと厳しい条件が課せられるようです。住宅手当は福利厚生に当たるのですが、制度の廃止は何らかの制約を...

会社費用の留学から帰国後に退職するにあたって学費返還義務が生じるか

就業規則・労働協約 2020年10月11日

退職に当たっての留学費用の返還義務について質問です。 私は現在メーカー法務部で契約担当をしており、数年前に会社の費用負担で欧州ロースクールへ留学しましたが転職を考えております。 そうした際に留学費用返還義務が発生する(見込みが高い)の...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する