選挙投票を強制するのは違法ではないか?

User image 1 匿名ユーザーさん 2016年07月05日 01時27分

 私の職場では、以前から選挙実施後に以下の事項を調査するよう上司から指示され、報告を行っています。



  • 選挙有権者数

  • 実際に投票に行った人数

  • 棄権した人数

  • 棄権した者の理由(個別に)


 この報告をしなければならないことから、個人の意思とは無関係に投票に行くことが半ば強制されているように感じます。

 いくら公務員とはいえ、この行為は違法なのではないでしょうか。



(30代:男性)

匿名弁護士

 選挙権は、被選挙権、国民投票権とともに参政権憲法15条)を構成する権利で、国民が主権者として、国の政治に参加することを保障する権利です。

 国民主権原理を採用する憲法において、参政権は、民主主義を実現するために必要不可欠の権利といえます。



 選挙に関する近代法上の基本原則の代表的なものとして、普通選挙平等選挙自由選挙秘密選挙があります。それぞれが、自由で公正な選挙権の行使を担保する重要な原則です。

 そのうち、秘密選挙について、憲法は、「全て選挙における投票の秘密は、これを侵してはならない」(15条4項前段)と定めています。その趣旨は、社会的に弱い立場にある有権者が、他者からの圧迫、干渉を受けることなく、自由に選挙権を行使できるようにすることにあります。

 公職選挙法はこれを具体化して、無記名投票(46条4項)、投票の秘密保持(52条)、投票の秘密侵害罪(226条2項227条228条)などを規定しています。




公職選挙法 第52条

何人も、選挙人の投票した被選挙人の氏名又は政党その他の政治団体の名称若しくは略称を陳述する義務はない。


 たしかに、あなたの職場で行なわれている調査の内容には、「被選挙人の氏名又は政党その他の政治団体の名称若しくは略称」の項目はありません。

 しかし、秘密選挙の内容には、投票内容のみならず、選挙権を行使したか否かまで含まれるとも解され、職場での強制的な調査は、これを侵害するおそれがあります。

 また、本件調査は、自由選挙原則との関係でも問題となります。

 「自由選挙」に「棄権の自由」が含まれるかについては、考え方が分かれる面もあります。しかし、実際上は「投票するかどうかは個人の自覚に待つべきもので、強制できるものではない」と考えられています。

 とすれば、投票を強制するような職場での調査は、違法の疑いがあると考えられます。



 政治に対する無関心は重大な社会問題であり、投票率の低下を食い止めるため、国や地方自治体においては様々な工夫もなされているようです。しかし、投票を強制できるか否かとは、別の問題です。

2016年07月05日 01時27分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

会社から一方的に給料日を変更すると通知されました。変更後の内容で新しく就業規則を作るようですが…

就業規則・労働協約 2017年12月05日

私が勤めている会社は20名以上社員がいるのですが、就業規則がありません。 現在、給料日は毎月15日払いとなっているのですが、会社の資金繰りが悪い為、25日に変更すると一方的に通知されました。 社員には同意する人と同意したくない人がいる...

役職員へのバス代支給(徒歩圏内)について。

就業規則・労働協約 2017年11月16日

はじめまして早速ですが、よろしくお願い致します。 役職員の通勤手当のバス代支給について、当社の給与規程には何キロ以上~等の距離や時間の記載がありません。 現在、最寄駅から自宅まで550mほど、徒歩10分弱位と思われる距離でバス代を支給...

嘱託社員に時間外手当を支払ってくれない。

就業規則・労働協約 2017年10月16日

嘱託社員の時間外手当についてお聞きします。 私は某電気メーカーの嘱託社員です、給料体型は基本給のみ、 現場の責任者となった場合はこれに現場手当が加算されます、 仕事は、現場事務所を設置し書類作成、現場の管理が主な仕事になります しかし...

転職したマッサージ店でわいせつな行為をされた。契約で給料は返金しろとある。どうにかならないでしょうか?

就業規則・労働協約 2017年09月14日

私は、10年ほどエステティシャンとして女性客を相手に仕事をしてまいりました。 マッサージ店への募集があり、女性専門ではなく、男性も来店されることから迷いもあったのですが、いかがわしい事をするお客は来店しては居ないかと、面接などのさいに...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

就業規則・労働協約に強い弁護士

丁寧な対応と、温かく親しみやすい雰囲気でお迎えすることを心がけております。

ベンチャー企業・中小企業の法務サポートを専門業務にし、IPO等のイグジットのほか企業が目指すビジョンの実現のた...

できない理由を見つけるのではなく,できる方法を一緒に考え,お手伝いさせていただきます。

【初回相談30分無料】解決内容を納得していただけるようなご説明と打ち合わせを心がけています

【初回相談は1時間無料です】お客様にとっての最善策を追求します

依頼者の不安を和らげ、「最後に笑っていただけること」をゴールに、戦略を練り、全力で業務にあたっています!

ページ
トップへ