スタッフの個人情報と守秘義務

Legalus編集部さん 2014年01月07日

 ある店舗で販売スタッフをしています。
 その店に、頻繁に来店して長時間話し込んだり、電話をかけてきて数時間話し続けたりする困ったお客さんがいます。その人には、いつも、あるスタッフが対応していました。
 先日、ちょっとした事から、そのスタッフが、店員の個人情報(住所、年齢、結婚しているかなど)をお客さんに教えていたことが判明しました。
 店員の個人情報を客に漏らしたスタッフに責任はないのでしょうか?

(20代:女性)

関連Q&A

バス通勤で交通費申請して自転車通勤。問題ない?

就業規則・労働協約 2016年10月31日

会社から最寄りのバス停から会社までのバス代金を交通費として受け取っています。しかし、バスの時間が遅れることがあり、自転車でも通勤できる距離なので、普段は自転車で通勤しようと考えています。何か問題はありますか?

会社で期日前投票等を強要される

就業規則・労働協約 2016年07月05日

組合が模擬投票用紙を配り、応援する人の名前を書かせようとしたり、期日前投票に行かなかった人に、電話で投票に行くように連絡をするようなのです。 いつ、誰に投票するのかは自由であると思うのですが、これらの行為は問題ないのでしょうか? (3...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     近時、顧客の個人情報の管理が社会的な問題となっています。
     その多くは、社員が客の情報を他社に転売したり、悪用したりというパターンのようです。
     このような行為は、顧客との関係でも、会社との関係でも、不法行為であることは間違いありません。顧客との関係ではプライバシー権の侵害、会社との関係では雇用契約上課せられている守秘義務違反などの責任を問われます。

     では、スタッフが、他のスタッフの情報を顧客に漏らすことはどうでしょうか。
     守秘義務については、単に「顧客についての情報」ばかりではなく、「業務上知りえた情報」がその対象となるのが原則です。
     例えば、スタッフの個人情報はもちろんのこと、会社の経営状態、取引先や取引先と結んだ契約の内容など、全てが守秘義務の対象であると考えられるのです

     したがって、顧客にスタッフの個人情報を漏らす行為も、不法行為となりえます。ただし、名前や部署、勤務時間帯など、顧客に対して公開されているような性質の情報について話すことは、その限りではありません。

2014年01月07日

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ