スタッフの個人情報と守秘義務

Legalus編集部さん 2014年01月07日

 ある店舗で販売スタッフをしています。
 その店に、頻繁に来店して長時間話し込んだり、電話をかけてきて数時間話し続けたりする困ったお客さんがいます。その人には、いつも、あるスタッフが対応していました。
 先日、ちょっとした事から、そのスタッフが、店員の個人情報(住所、年齢、結婚しているかなど)をお客さんに教えていたことが判明しました。
 店員の個人情報を客に漏らしたスタッフに責任はないのでしょうか?

(20代:女性)

関連Q&A

公務員です。一棟26室のマンションを持っていて、確定申告での収入額は公務員収入プラス100万ほどです。

就業規則・労働協約 2017年02月25日

公務員として28年勤務しています。三年前に業者からは副業規定に抵触しないとして一棟マンションを購入しましたが、昨年から収支がプラスに転じ、なんだか心配になってきています。もし副業規定に引っかかるのであれば速売却しなければ…と考えていま...

社員契約を破棄させて頂きたいので、今から一週間以内に決めてくださいと言われました。

就業規則・労働協約 2017年02月16日

社員契約から半年たった頃、いきなり社員契約を破棄してほしい。と雇い主に言われました。 破棄後は、退職または社員契約時の労働日数の半分出勤の、パート契約かどちらかを宣告日より一週間以内に決めてくださいと言われました。 そして、決めた次の...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     近時、顧客の個人情報の管理が社会的な問題となっています。
     その多くは、社員が客の情報を他社に転売したり、悪用したりというパターンのようです。
     このような行為は、顧客との関係でも、会社との関係でも、不法行為であることは間違いありません。顧客との関係ではプライバシー権の侵害、会社との関係では雇用契約上課せられている守秘義務違反などの責任を問われます。

     では、スタッフが、他のスタッフの情報を顧客に漏らすことはどうでしょうか。
     守秘義務については、単に「顧客についての情報」ばかりではなく、「業務上知りえた情報」がその対象となるのが原則です。
     例えば、スタッフの個人情報はもちろんのこと、会社の経営状態、取引先や取引先と結んだ契約の内容など、全てが守秘義務の対象であると考えられるのです

     したがって、顧客にスタッフの個人情報を漏らす行為も、不法行為となりえます。ただし、名前や部署、勤務時間帯など、顧客に対して公開されているような性質の情報について話すことは、その限りではありません。

2014年01月07日

就業規則・労働協約に強い弁護士

20年以上の経験と実績があります。お一人で悩まず、まずはお気軽にご相談ください。

【堺市】南海本線堺駅すぐ

【初回相談無料】どなたでもお気軽にご相談ください。

おひとりで悩まず、まずはお気軽にご相談ください。※面談相談のみお受けいたします。電話やメールのみでの法律相談・...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ