スタッフの個人情報と守秘義務

Legalus編集部さん 2014年01月07日

 ある店舗で販売スタッフをしています。
 その店に、頻繁に来店して長時間話し込んだり、電話をかけてきて数時間話し続けたりする困ったお客さんがいます。その人には、いつも、あるスタッフが対応していました。
 先日、ちょっとした事から、そのスタッフが、店員の個人情報(住所、年齢、結婚しているかなど)をお客さんに教えていたことが判明しました。
 店員の個人情報を客に漏らしたスタッフに責任はないのでしょうか?

(20代:女性)

関連Q&A

社員の人事異動に伴う引っ越し費用を会社は負担すべきか?

就業規則・労働協約 2017年01月13日

今日は会社側の命令で人事異動となり、引っ越ししなくてはいけなくなった場合、その費用を会社が負担する必要があるのか? あるなら、それはどこまでか? を質問させていただきたいと思います。 まず異動を命じられた社員はまだ、今の支店に異動して...

勤務時間内に、制服から私服に着替えるのは違法?

就業規則・労働協約 2017年01月11日

今の職場は、制服があります。業務が暇なので早く帰りたいとき、 勤務時間内に着替えたいのですが、それは法律的には違法なのでしょうか。 それというのは、現在、私の上司である人は、 時間に狂った位にうるさいヒトなのです。 昼休憩以外に、15...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     近時、顧客の個人情報の管理が社会的な問題となっています。
     その多くは、社員が客の情報を他社に転売したり、悪用したりというパターンのようです。
     このような行為は、顧客との関係でも、会社との関係でも、不法行為であることは間違いありません。顧客との関係ではプライバシー権の侵害、会社との関係では雇用契約上課せられている守秘義務違反などの責任を問われます。

     では、スタッフが、他のスタッフの情報を顧客に漏らすことはどうでしょうか。
     守秘義務については、単に「顧客についての情報」ばかりではなく、「業務上知りえた情報」がその対象となるのが原則です。
     例えば、スタッフの個人情報はもちろんのこと、会社の経営状態、取引先や取引先と結んだ契約の内容など、全てが守秘義務の対象であると考えられるのです

     したがって、顧客にスタッフの個人情報を漏らす行為も、不法行為となりえます。ただし、名前や部署、勤務時間帯など、顧客に対して公開されているような性質の情報について話すことは、その限りではありません。

2014年01月07日

就業規則・労働協約に強い弁護士

身の回りの法律トラブルの解決に積極的に取り組んでおります

【堺市】南海本線堺駅すぐ

お客様一人一人に会った解決方法をご提案します

依頼者の一番の味方となり、ベストな解決を目指します。まずはお気軽にご相談ください。

お客様の状況に応じた解決策をご提案致します。

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ