会社からの突然の異動命令!拒否できないの?

Legalus編集部さん 2015年03月02日

 会社から突然、異動命令が出されました。


 できれば、拒否したいのですが...。


(20代後半:男性)

関連Q&A

バス通勤で交通費申請して自転車通勤。問題ない?

就業規則・労働協約 2016年10月31日

会社から最寄りのバス停から会社までのバス代金を交通費として受け取っています。しかし、バスの時間が遅れることがあり、自転車でも通勤できる距離なので、普段は自転車で通勤しようと考えています。何か問題はありますか?

会社で期日前投票等を強要される

就業規則・労働協約 2016年07月05日

組合が模擬投票用紙を配り、応援する人の名前を書かせようとしたり、期日前投票に行かなかった人に、電話で投票に行くように連絡をするようなのです。 いつ、誰に投票するのかは自由であると思うのですが、これらの行為は問題ないのでしょうか? (3...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     異動命令といっても、いろいろあります。

     企業内での人事異動には、「配置転換」や「転勤」があり、他の企業への異動としては、元の会社に籍を置いたまま別の会社で仕事をする「在籍出向」と、元の会社を一旦退職して出向先の企業に籍が移る「転籍出向」とがあります。


     「配置転換」や「転勤」の場合には、職種や勤務地の限定がない場合には、就業規則に人事異動についての規定があれば、異動は可能です。

     ただ、全く自由に会社が異動命令を出せるわけではなく、業務上の必要性と異動によって労働者が受ける不利益の程度を比較して、異動命令の有効性が判断されます。


     裁判所の判断では、異動命令の有効性はかなり広く認められていますので、例えば、病気の母親の面倒をみる人があなたしかいない、といった特殊な事情がない限り、異動命令を拒否することは難しいでしょう。


     「在籍出向」の場合もほぼ同様ですが、「配置転換」や「転勤」以上に、労働条件の変化を伴いやすいので、より厳格に異動命令の有効性が判断されることになります。

     「転籍出向」の場合には、労働契約が一旦終了することになりますので、会社が一方的に労働者に強制することはできません。

2015年03月02日

就業規則・労働協約に強い弁護士

【交通事故案件多数】【複数弁護士対応可】 栃木県北の頼れる弁護士

法律問題のご相談をお受けします。まずはご連絡下さい。

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ