社長が逮捕!? 慰謝料をもらって辞めたいのですが

Legalus編集部さん 2015年07月18日

 勤めている会社の社長が、贈賄容疑で逮捕されました。そのことにより業務は機能しなくなり、社員のほとんどが自宅待機を余儀なくされています。経営陣は、「年内で会社を閉める」と言っています。

 こんな事態になって、社員まで共犯を疑われかねず、これでは再就職も難しいと思います。退職金などは規定通り(それもわずかです。3年間勤めて5万円くらい)しか出ないそうです。

 会社から、慰謝料というか、当面の生活の保障としてお金を引き出すことはできるでしょうか?



(30代:男性)

関連Q&A

バス通勤で交通費申請して自転車通勤。問題ない?

就業規則・労働協約 2016年10月31日

会社から最寄りのバス停から会社までのバス代金を交通費として受け取っています。しかし、バスの時間が遅れることがあり、自転車でも通勤できる距離なので、普段は自転車で通勤しようと考えています。何か問題はありますか?

会社で期日前投票等を強要される

就業規則・労働協約 2016年07月05日

組合が模擬投票用紙を配り、応援する人の名前を書かせようとしたり、期日前投票に行かなかった人に、電話で投票に行くように連絡をするようなのです。 いつ、誰に投票するのかは自由であると思うのですが、これらの行為は問題ないのでしょうか? (3...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     一般に「慰謝料」と呼ばれるお金は、法律上は、被害者の受けた精神的損害に対して、加害者から支払われるものです。

     これは、ある人が他人に対して行った不法行為につき、財産的損害だけでなく、精神的な損害に対しても賠償する義務を認めるという、民法上の規定(710条)を根拠としています。

     したがって、慰謝料請求が認められるためには、その人(または法人)が不法行為を行うことにより、請求する人に精神的な損害を与えていなければなりません。

     今回のケースですと、請求が認められるためには、社長があなたに損害を与えていることが必要です。



     では、「社長があなたに損害を与えた」といえるでしょうか。

     たしかに、あなたは、今回の社長逮捕という事件によって、自宅待機、さらには失職というリスクにさらされています。しかし、あなたが受けた損害は、社長が「あなたに対して」行った行為によるものといえるでしょうか。

     あなたをはじめ、社員の方々が受けつつある損害は、社長の行為が原因で起きたものには違いありません。しかし、事件によって起きた様々な派生的損害の一つにとどまるものです。

     ある事実が原因で起きる派生的な損害に対しては、どこかで「線引き」をしないと、加害者の賠償義務の範囲は、因果関係の連鎖によってどこまでも拡大してしまいます。そこで、判例は、「相当因果関係」の認められる損害についてのみ、賠償の責に任ずることとしたのです。

     したがって、あなたのような立場の方には酷ですが、社長に損害賠償を請求することはできません。ただし、会社が社長に対してする損害賠償請求は、認められる可能性があります。



     最後に、逮捕の段階では、社長が犯罪を行ったかどうかはわかりません。裁判で有罪判決が確定するまでは、無実かもしれないのですから、軽率な言動は慎むべきでしょう。

2015年07月18日

就業規則・労働協約に強い弁護士

法律問題のご相談をお受けします。まずはご連絡下さい。

【堺市】南海本線堺駅すぐ

お客様一人一人に会った解決方法をご提案します

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ