年末調整の還付金について

Legalus編集部さん 2014年01月07日

 人材派遣会社で働いている者です。
 会社から、年末調整の書類を送るように言われたので提出したところ、それに対して源泉徴収票が送られてきました。
 前に働いていた派遣会社では、「還付金」として払いすぎた分を戻してくれました。しかし、 現在働いている派遣会社では(2年半働いていますが)2年とも「還付金」の記載がないのです。
 変だと思い、同僚と相談して会社に尋ねてみたのですが、「所得税で相殺してる」と言われました。
 もし相殺ができるとしても、対象となる金額や、相殺によって処理するという事実を本人に知らせるべきではないかと思います。

  1. 還付金を所得税等で相殺していいものなのか、
  2. 相殺可能でも、相殺額は知らせるべきなんじゃないか、

 この2点、教えて頂けませんでしょうか。

(20代:女性)

関連Q&A

社員の人事異動に伴う引っ越し費用を会社は負担すべきか?

就業規則・労働協約 2017年01月13日

今日は会社側の命令で人事異動となり、引っ越ししなくてはいけなくなった場合、その費用を会社が負担する必要があるのか? あるなら、それはどこまでか? を質問させていただきたいと思います。 まず異動を命じられた社員はまだ、今の支店に異動して...

勤務時間内に、制服から私服に着替えるのは違法?

就業規則・労働協約 2017年01月11日

今の職場は、制服があります。業務が暇なので早く帰りたいとき、 勤務時間内に着替えたいのですが、それは法律的には違法なのでしょうか。 それというのは、現在、私の上司である人は、 時間に狂った位にうるさいヒトなのです。 昼休憩以外に、15...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     「年末調整」は、毎月の給料や賞与などの支払の際に源泉徴収をした税額の合計と、その年の給与の総額について納めなければならない税額(年税額)とを比べて、その過不足を精算する手続きです。いわば、源泉徴収の総決算ともいうべきものです。

     年末調整で還付されるお金の正体は、その年度にわたって収めすぎた所得税です。その清算として、過不足分を計算の上、余計に源泉徴収されていた分は本人に返還するのです。源泉ですでに一度は徴収されたものを返還する手続きなので、民法上の「相殺」(505条)というよりは、その性質上「不当利得の返還」(703条)というべきなのかもしれません。
     還付金がないということは、特に還付金を受ける事由がなかったということであり、源泉徴収された税額と納税義務額が一致したということに過ぎません。

     相殺可能だとしても、その額は知らせるべきなんじゃないか、という質問ですが、その明細が源泉徴収票にあたるのです。

     一度、確定申告を自分でしてみると、その仕組みがよく理解できることと思います。

2014年01月07日

就業規則・労働協約に強い弁護士

依頼者の一番の味方となり、ベストな解決を目指します。まずはお気軽にご相談ください。

【堺市】南海本線堺駅すぐ

法律問題のご相談をお受けします。まずはご連絡下さい。

身の回りの法律トラブルの解決に積極的に取り組んでおります

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ