仕事中、作業車を破損。修理費を給料から天引きできる?

Legalus編集部さん 2015年07月18日

 造園会社に勤務しています。先日、元請けの会社から依頼された仕事で、移動式クレーン車を運転していたところ、クレーンのブームが折れてしまいました。クレーンの先に吊るした擁壁が重すぎたようです。

 クレーン修理代金として、勤務先に70万円が請求されました。そして、会社は私に半額の35万円を請求してきました。「来年の給料から分割で天引きする」というのですが、私に支払義務があるのでしょうか?



(30代:男性)

関連Q&A

バス通勤で交通費申請して自転車通勤。問題ない?

就業規則・労働協約 2016年10月31日

会社から最寄りのバス停から会社までのバス代金を交通費として受け取っています。しかし、バスの時間が遅れることがあり、自転車でも通勤できる距離なので、普段は自転車で通勤しようと考えています。何か問題はありますか?

会社で期日前投票等を強要される

就業規則・労働協約 2016年07月05日

組合が模擬投票用紙を配り、応援する人の名前を書かせようとしたり、期日前投票に行かなかった人に、電話で投票に行くように連絡をするようなのです。 いつ、誰に投票するのかは自由であると思うのですが、これらの行為は問題ないのでしょうか? (3...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     請負契約に伴い、元請会社が下請会社に仕事に必要な工具を提供した場合、当該仕事に適した工具が適切に提供されていたか、すなわち故障や瑕疵のないものが提供されていたかが、まず問題となります。

     元請会社が下請会社に貸し与えた工具が、元請会社の故意・過失により不十分な性能しか備えていなかったものであった場合、そもそも下請会社に責任は発生せず、したがって、あなたが会社から請求を受けることもありません。かえって、元請会社が下請会社に損害を賠償しなければならない可能性があります。



     一方、工具に仕事の遂行に十分な性能があり、かつ瑕疵もなかったが、下請会社の使用方法が不適切で工具が破損した場合には、下請会社は損害を賠償しなければなりません。

     今回のご相談では、それが70万円だということですが、その一部分を労働者に求償することは、原則としてできない、と考えます。
     労働者と使用者は雇用契約を結んでいて、その契約に従って、あなたは労務を提供し、会社は労働環境を整え、賃金を支払います。契約当事者としての権利義務を負うことは、普通の契約と同じであり、不法行為により相手方に損害を与えた場合に不法行為責任を負うことも同じです。



     しかし、労働者が正当な方法で労務を提供したにもかかわらず、結果的に損害が発生した場合にまで労働者に責任を追及できるとすると、社会的弱者である労働者は、安心して労務の提供をすることができなくなります。

     したがって、会社はあなたに賠償責任の半分を負担させることはできないと考えます。



     また、会社があなたに損害賠償責任を追及できるような場合でも、損害金を給料から天引きすることは許されません。

     労働基準法「全額支払いの原則」を定めており(労働基準法24条)、労働者の生活の資である賃金は、その期間分(月給制なら1ヶ月分)を全額労働者に支払わなければならないとされています(ただし、税金や、労使協定で定められたものについてはこの限りではありません)。
     その場合、会社は一旦賃金を支払い、損害については労働者に別途請求するか、労働者の同意を得て賃金から差し引くことになります。

2015年07月18日

就業規則・労働協約に強い弁護士

「相談に行ってよかった」 お客様にそう思ってもらえるよう、お客様のお話を丁寧に聞き、的確なアドバイスが出来るよ...

法律問題のご相談をお受けします。まずはご連絡下さい。

お客様一人一人に会った解決方法をご提案します

依頼者の一番の味方となり、ベストな解決を目指します。まずはお気軽にご相談ください。

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ