退職する際「機密保持契約書」にサインをする「義務」があるのか?

User image 1 匿名ユーザーさん 2014年01月07日 04時10分

 3年間勤めていた会社を自己都合で辞めることになりました。

 その際、「機密保持誓約書」なるものに署名、捺印するよう言われました。 誓約書の内容は、

  1. 就業中に取得した情報の一切を開示しません。
  2. 就業中に取得した情報を開示、漏洩、使用した場合 法的な責任が生じることを十分に理解し、会社が被った一切の損害を賠償いたします。

というものです。

 もちろん、情報を故意に漏洩するつもりは全くありませんが、「会社が被った一切の損害を賠償いたします」との条項に気軽に署名、捺印したくありません。

 総務からは「退職するのに必要だ」と言われているのですが、 本当にこのような「機密保持誓約書」にサインする必要があるのでしょうか?

(20代:女性)

匿名弁護士

 個人情報保護法の施行にともない、企業等の保有する個人情報の取り扱いについて具体的な基準を示す経済産業省ガイドラインが制定されました。

 このガイドラインに対応するため、また個人情報漏洩事件の多発を受けて、多くの企業では機密保持契約書を作成し、従業員や退職する者にサインを求めるようになりました。

 この契約は、個人情報や内部機密を保持し開示しないことが内容となっている、守秘義務契約です。

 契約の主な内容は機密保持条項や損害賠償条項ですが、ご相談のように、契約を求められる者にとってはかなり重大な負担と感じられるものが多くなっています。


 この点、個人情報を預かっている者は、契約を締結しているいないにかかわらず、法律により当然に、機密保持義務および損害賠償義務を負っています。したがって、契約書にサインしたことにより、特にあなたの負担が重くなるわけではありません。

 次に、損害賠償額についていえば、たとえ「会社が被った一切の損害を賠償いたします」との記載があっても、会社が恣意に損害賠償額を決定できるわけではありません。

 なぜなら、あなたが情報を開示したことを理由として損害賠償を求めるためには、会社側が、あなたが情報を開示したという事実、会社に発生した損害、あなたの行為と損害の因果関係などを証明する責任があるのですが、この「損害」とは、判例上、あなたの情報開示という債務不履行、あるいは不法行為と相当因果関係にある損害に限られることになっているからです。

 また、情報開示事件における損害賠償義務の内容としては、漏洩事件に対応するためにかかった費用、情報が開示され損害を被った第三者に対する賠償金、開示者の信用が傷つけられたことにより発生した損害、逸失利益等が考えられますが、会社はこれらをさして「一切の損害」との表現をしていると解釈できます。およそ発生した損害の全てを無限定、無制限に賠償させるとの意思で記載されたものであるならば、そのような契約は公序良俗民法90条)に反し、無効です。

 したがって、契約書の文言にかかわらず、あなたの立場が不当に不利になることはないと考えられます。

2014年01月07日 04時10分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

会社から一方的に給料日を変更すると通知されました。変更後の内容で新しく就業規則を作るようですが…

就業規則・労働協約 2017年12月05日

私が勤めている会社は20名以上社員がいるのですが、就業規則がありません。 現在、給料日は毎月15日払いとなっているのですが、会社の資金繰りが悪い為、25日に変更すると一方的に通知されました。 社員には同意する人と同意したくない人がいる...

役職員へのバス代支給(徒歩圏内)について。

就業規則・労働協約 2017年11月16日

はじめまして早速ですが、よろしくお願い致します。 役職員の通勤手当のバス代支給について、当社の給与規程には何キロ以上~等の距離や時間の記載がありません。 現在、最寄駅から自宅まで550mほど、徒歩10分弱位と思われる距離でバス代を支給...

嘱託社員に時間外手当を支払ってくれない。

就業規則・労働協約 2017年10月16日

嘱託社員の時間外手当についてお聞きします。 私は某電気メーカーの嘱託社員です、給料体型は基本給のみ、 現場の責任者となった場合はこれに現場手当が加算されます、 仕事は、現場事務所を設置し書類作成、現場の管理が主な仕事になります しかし...

転職したマッサージ店でわいせつな行為をされた。契約で給料は返金しろとある。どうにかならないでしょうか?

就業規則・労働協約 2017年09月14日

私は、10年ほどエステティシャンとして女性客を相手に仕事をしてまいりました。 マッサージ店への募集があり、女性専門ではなく、男性も来店されることから迷いもあったのですが、いかがわしい事をするお客は来店しては居ないかと、面接などのさいに...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

就業規則・労働協約に強い弁護士

交通事故や労災事故などの事故関係に注力しています。お気軽にご相談ください。

できない理由を見つけるのではなく,できる方法を一緒に考え,お手伝いさせていただきます。

【初回相談無料】どなたでもお気軽にご相談ください。

【初回法律相談30分無料】【完全個室相談】【泉佐野駅徒歩1分】しっかりとお話を伺い、ご依頼者様にとって最適な解...

■新進気鋭の2名の若手弁護士が、素早いフットワークで企業様をサポート致します。

ページ
トップへ