マイカー通勤の交通費が、実費より少なく支給される!

User image 1 匿名ユーザーさん 2014年01月07日 04時07分

 交通機関のない地方で働いているため、通勤は車です。 1ヶ月に支給される交通費は通勤距離が片道で1キロの人は 1ヶ月当たり1000円ガソリン代として支給され、片道10キロ以上になると一律1万円までしか支給されません。 私は片道で30キロあるのですが1万円しか支給されません。 交通費というのは必要分を支給しなくてもいいものなのでしょうか?


(40代:男性)

匿名弁護士

 交通費をどれくらい、どのような条件で支給するかについては、会社が自由に決定できます。


 労働基準法には、交通費の支給を会社・雇用者に義務付けるような規定はありません。

そのため、交通費をどれくらい、どのような条件で支給するかについては、会社が自由に決定することができます。

 
会社は、交通費を全額負担すると定めることも、一切負担しないと定めることも可能なのです。


 よって、ご相談の場合も、会社の支給規定によることになります。あなたが通勤に片道30キロかかるとしても、そのすべてを会社が支払う法律上の義務はありません。


 もっとも、あなたの会社に労働組合が存在するのであれば、労働組合の協力を得て、会社に対し、交通費の支給規定の見直しを交渉してみるのも良いでしょう。


 なお、交通費というものは例え会社から支給されても、労働者の収入にはならない費用です。そのため、実際に交通費として通勤に使用している限り、税金はかかりませんが、一定の限度額が定められています。


 たとえば、ご相談のようにマイカーなどで通勤している人の非課税となる1か月当たりの限度額は、片道30キロであれば、16100円までが非課税額です (国税庁HP「マイカー・自転車通勤者の通勤手当」)。


 仮に、あなたが会社から交通費として16100円以上支給されることになったとすると、それを越える部分の金額が給与として課税され、この越える部分の金額は、通勤手当を支給した月の給与の額に上乗せして、所得税の源泉徴収がなされることになります。

2014年01月07日 04時07分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

退職後の競業避止について

就業規則・労働協約 2019年02月22日

数年勤めた現職を退職し、類似した事業での独立を考えています。 後ほど会社から競業避止義務に関して連絡があった場合、 後述の前提条件を基にして下記2点についてお答えください。 質問1:差し止め請求を受けて、差し止めが認められる可能性の多...

私物を会社が無断で没収

就業規則・労働協約 2019年02月19日

会社に仕事と関係ない私物(玩具)を置いてました。 実際、勤務時間中にそれを触った事もあるのでその点に関しては、非はこちらにあるのは間違いないのですが、会社がその私物を私がいない事を調べた上で夜中に無断で没収しました。 貼り紙があったの...

水商売派遣のドタキャンによる損失に関して

就業規則・労働協約 2019年02月08日

キャバクラ派遣の会社を利用しています。 派遣会社で登録を行った際の年齢や会社側からの女性のランク設定により、店舗側の求める条件に合った派遣依頼がサイトで見られるようになっており、そこから行きたい店舗を探して自身で予約を取れるシステムで...

アルバイトを辞める時に損害賠償をすると言われ、給与相殺の誓約書を書かされました。私は今未成年です。

就業規則・労働協約 2019年01月26日

面接時や募集内容と業務内容があまりにも違う為3月までにアルバイトを辞める事にしました。 就業規則には退職時は1ヶ月前に申し出る事が書かれていたので、先日アルバイト先に辞めたいと申し出て、話し合いの結果2月の末に辞める事になりました。 ...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

ページ
トップへ