マイカー通勤の交通費が、実費より少なく支給される!

User image 1 匿名ユーザーさん 2014年01月07日 04時07分

 交通機関のない地方で働いているため、通勤は車です。 1ヶ月に支給される交通費は通勤距離が片道で1キロの人は 1ヶ月当たり1000円ガソリン代として支給され、片道10キロ以上になると一律1万円までしか支給されません。 私は片道で30キロあるのですが1万円しか支給されません。 交通費というのは必要分を支給しなくてもいいものなのでしょうか?


(40代:男性)

匿名弁護士

 交通費をどれくらい、どのような条件で支給するかについては、会社が自由に決定できます。


 労働基準法には、交通費の支給を会社・雇用者に義務付けるような規定はありません。

そのため、交通費をどれくらい、どのような条件で支給するかについては、会社が自由に決定することができます。

 
会社は、交通費を全額負担すると定めることも、一切負担しないと定めることも可能なのです。


 よって、ご相談の場合も、会社の支給規定によることになります。あなたが通勤に片道30キロかかるとしても、そのすべてを会社が支払う法律上の義務はありません。


 もっとも、あなたの会社に労働組合が存在するのであれば、労働組合の協力を得て、会社に対し、交通費の支給規定の見直しを交渉してみるのも良いでしょう。


 なお、交通費というものは例え会社から支給されても、労働者の収入にはならない費用です。そのため、実際に交通費として通勤に使用している限り、税金はかかりませんが、一定の限度額が定められています。


 たとえば、ご相談のようにマイカーなどで通勤している人の非課税となる1か月当たりの限度額は、片道30キロであれば、16100円までが非課税額です (国税庁HP「マイカー・自転車通勤者の通勤手当」)。


 仮に、あなたが会社から交通費として16100円以上支給されることになったとすると、それを越える部分の金額が給与として課税され、この越える部分の金額は、通勤手当を支給した月の給与の額に上乗せして、所得税の源泉徴収がなされることになります。

2014年01月07日 04時07分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

会社から一方的に給料日を変更すると通知されました。変更後の内容で新しく就業規則を作るようですが…

就業規則・労働協約 2017年12月05日

私が勤めている会社は20名以上社員がいるのですが、就業規則がありません。 現在、給料日は毎月15日払いとなっているのですが、会社の資金繰りが悪い為、25日に変更すると一方的に通知されました。 社員には同意する人と同意したくない人がいる...

役職員へのバス代支給(徒歩圏内)について。

就業規則・労働協約 2017年11月16日

はじめまして早速ですが、よろしくお願い致します。 役職員の通勤手当のバス代支給について、当社の給与規程には何キロ以上~等の距離や時間の記載がありません。 現在、最寄駅から自宅まで550mほど、徒歩10分弱位と思われる距離でバス代を支給...

嘱託社員に時間外手当を支払ってくれない。

就業規則・労働協約 2017年10月16日

嘱託社員の時間外手当についてお聞きします。 私は某電気メーカーの嘱託社員です、給料体型は基本給のみ、 現場の責任者となった場合はこれに現場手当が加算されます、 仕事は、現場事務所を設置し書類作成、現場の管理が主な仕事になります しかし...

転職したマッサージ店でわいせつな行為をされた。契約で給料は返金しろとある。どうにかならないでしょうか?

就業規則・労働協約 2017年09月14日

私は、10年ほどエステティシャンとして女性客を相手に仕事をしてまいりました。 マッサージ店への募集があり、女性専門ではなく、男性も来店されることから迷いもあったのですが、いかがわしい事をするお客は来店しては居ないかと、面接などのさいに...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

就業規則・労働協約に強い弁護士

【初回法律相談40分無料】一人で悩まずご相談ください。全力で向き合い解決に導きます。

【心理カウンセラー資格取得】あなたの気持ちに寄り添う弁護士です。元営業マンで、聞き上手な弁護士が、最良の解決を...

お話をじっくりと伺い,難しい法律用語を使わずにわかりやすくご案内します。

◆相談料無料◆夜間/土日相談可(要予約) まずは、ご相談ください。最善の解決に向けて全力でサポートいたします。

【初回相談無料】【土曜日相談可】地域に根ざした法的サポートをご提供いたします

《初回相談無料》お客さまの身近なパートナーとして、徹底サポートいたします。

ページ
トップへ