マイカー通勤の交通費が、実費より少なく支給される!

User image 1 匿名ユーザーさん 2014年01月07日 04時07分

 交通機関のない地方で働いているため、通勤は車です。 1ヶ月に支給される交通費は通勤距離が片道で1キロの人は 1ヶ月当たり1000円ガソリン代として支給され、片道10キロ以上になると一律1万円までしか支給されません。 私は片道で30キロあるのですが1万円しか支給されません。 交通費というのは必要分を支給しなくてもいいものなのでしょうか?


(40代:男性)

匿名弁護士

     交通費をどれくらい、どのような条件で支給するかについては、会社が自由に決定できます。


     労働基準法には、交通費の支給を会社・雇用者に義務付けるような規定はありません。

    そのため、交通費をどれくらい、どのような条件で支給するかについては、会社が自由に決定することができます。

     
    会社は、交通費を全額負担すると定めることも、一切負担しないと定めることも可能なのです。


     よって、ご相談の場合も、会社の支給規定によることになります。あなたが通勤に片道30キロかかるとしても、そのすべてを会社が支払う法律上の義務はありません。


     もっとも、あなたの会社に労働組合が存在するのであれば、労働組合の協力を得て、会社に対し、交通費の支給規定の見直しを交渉してみるのも良いでしょう。


     なお、交通費というものは例え会社から支給されても、労働者の収入にはならない費用です。そのため、実際に交通費として通勤に使用している限り、税金はかかりませんが、一定の限度額が定められています。


     たとえば、ご相談のようにマイカーなどで通勤している人の非課税となる1か月当たりの限度額は、片道30キロであれば、16100円までが非課税額です (国税庁HP「マイカー・自転車通勤者の通勤手当」)。


     仮に、あなたが会社から交通費として16100円以上支給されることになったとすると、それを越える部分の金額が給与として課税され、この越える部分の金額は、通勤手当を支給した月の給与の額に上乗せして、所得税の源泉徴収がなされることになります。

2014年01月07日 04時07分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

ネット上のみでしか閲覧できない就業規則は法に触れないのですか?

就業規則・労働協約 2017年07月18日

教師として勤務している英会話学校の就業規則はイントラネットでのみ見ることができ、印刷などできない状態です。その就業規則に法律的にどうかと思われる内容があり、に専門家に見てもらいたいと思いました。そこで、社内で印刷して欲しい旨お願いした...

出張時の移動は勤務時間外??

就業規則・労働協約 2017年07月03日

当社では、出張時の移動は、勤務時間外(定時前・提示後・土・日)と決められています。 朝5:00に家を出て、夜24:00以降に帰宅することもよく有ります。 出張が多い方は、かなり疲れているし、体を壊した方もいると聞いています。 社員は不...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

投稿する

就業規則・労働協約に強い弁護士

些細なことでもまずはご相談ください。じっくりお話を伺います。

交通事故や労災事故などの事故関係に注力しています。お気軽にご相談ください。

《初回相談無料》お客さまの身近なパートナーとして、徹底サポートいたします。

【秘密厳守】【初回相談30分無料】【夜間土日対応可】一人で悩まず相談してください。必ずあなたの力になります。

【堺市】南海本線堺駅すぐ

クライアントファーストをモットーに、常にご依頼者様の視点に立った誠実な事件対応を心がけております。

ページ
トップへ