会社で期日前投票等を強要される

Legalus編集部さん 2016年07月05日

 組合が模擬投票用紙を配り、応援する人の名前を書かせようとしたり、期日前投票に行かなかった人に、電話で投票に行くように連絡をするようなのです。

 いつ、誰に投票するのかは自由であると思うのですが、これらの行為は問題ないのでしょうか?



(30代:男性)

関連Q&A

社員の人事異動に伴う引っ越し費用を会社は負担すべきか?

就業規則・労働協約 2017年01月13日

今日は会社側の命令で人事異動となり、引っ越ししなくてはいけなくなった場合、その費用を会社が負担する必要があるのか? あるなら、それはどこまでか? を質問させていただきたいと思います。 まず異動を命じられた社員はまだ、今の支店に異動して...

勤務時間内に、制服から私服に着替えるのは違法?

就業規則・労働協約 2017年01月11日

今の職場は、制服があります。業務が暇なので早く帰りたいとき、 勤務時間内に着替えたいのですが、それは法律的には違法なのでしょうか。 それというのは、現在、私の上司である人は、 時間に狂った位にうるさいヒトなのです。 昼休憩以外に、15...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     ご相談からすれば、組合の行為は政治活動であると考えられます。

     労働組合と政治活動との関係について、判例の主流は、主として政治活動を目的としているものは、組合活動の範囲内の行為ではないが、労働者の労働条件の維持改善その他の経済的地位の向上を目指して行うものであり、それが組合の自主的・民主的運営を志向する意思表明行為と評価される場合には、正当な組合活動であるとしています。

     但し、多くの企業では、就業規則や組合との協定などをもって、労働時間内及び企業施設内での政治活動を禁止しています。



     ご相談の組合行為は、組合が応援する人の名前を書かせたり、期日前投票の勧誘をするなど、通常は、正当な組合活動とは考えられないと思われます。

     また、正当な活動であったとしても、それが、労働時間内や企業施設内での行為であれば、就業規則や協定違反行為として、やはり許容されるものではないことになります。



     もちろん、いつ、誰に投票するかは、憲法上の重要な権利ですから、不当な組合活動はこの権利を侵害するものと評価することもできるでしょう。

2016年07月05日

就業規則・労働協約に強い弁護士

丁寧な説明を心がけています。

身の回りの法律トラブルの解決に積極的に取り組んでおります

お客様一人一人に会った解決方法をご提案します

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ