旦那の退職金は誰のモノ?

Legalus編集部さん 2014年01月07日

 私は、初婚で旦那が再婚になるのですが...



 旦那から、法律が変わり、旦那が定年退職したあとの退職金は、旦那だけでなく、奥さんである私にも半分貰える権利があると聞きました。



 ただ、前の奥さんも貰える権利があるみたいで...旦那は、法律が出来る前に離婚しているので、関係ないと言っているのですが、確認したいので、いつからそういう法律が出来たのか教えてください。



(不詳:女性)

関連Q&A

同じ仕事で男と女で給料が違う。改善する為どうすれば。

給料・ボーナス 2017年01月18日

私の会社では男女で基本給が違います。 現在、労働組合でそれを改善するために会社側と交渉しているのですが、会社側は「うちの従業員は総合職と一般職とにわかれている。男性は総合職であり、女性は一般職である。給料差は男女差で設けてるのではなく...

給与日の変更について

給料・ボーナス 2017年01月18日

私の会社は月末締の当月25日払で給料が支払われてます。 本日、下記文面のメールが社内通達として送信されました。 給料支払いの変更通知 皆様におかれましては当社の業績にご貢献いただきまことにありがとうございます。 このたび3月分の給料よ...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     まず、「夫の退職金の半分は妻のものである」という内容を定めた法律はありません。



     また、現在妻である相談者には、夫と離婚しない限り退職金が自動的に支払われるということはありません。



     そこで、以下では離婚ということを仮定した回答をさせていただきます。



     離婚をすると、その一方は相手方に対して財産分与を請求することができます(民法768条)。



     財産分与とは、夫婦の協力で、それまでの生活において形成した財産を離婚時に清算、分配する事です。



     そして、財産分与に関する様々な議論の中に、「退職金は財産分与の対象となるか」というものがあります。



     退職金支給後に離婚した場合と支給前に離婚した場合とで議論が異なります。



    退職金支給後に離婚した場合



     既に支給されている夫の退職金については、夫婦の協力により築き上げた財産であるとして、財産分与の対象となるとされています。



     もっとも、必ず退職金の2分の1を分与されるわけではありません。



    退職金支給前に離婚した場合



     退職金支給前に離婚した場合には、「将来の退職金は必ず貰えるとは限らないので、財産分与の対象にはならない」と言う裁判例もありますが、例えば、定年退職まで間もないなど将来退職金を受領できる可能性が限りなく100%に近い場合は、退職金の支給を待たずに、直ちに支払を命じた裁判例もあります。



     

     おそらく旦那さんは、以上のことをおっしゃっていたのだと思われます。



     したがって、相談者が旦那さんと退職金支給後に離婚された場合は、ほぼ問題なく退職金も財産分与の対象となります。



     他方、退職金支給前に離婚された場合は、退職金の受領の可能性によって財産分与の対象となるかどうかの判断が分かれることになります。



     そして、前妻との離婚の際に、財産分与に関する当事者間の協議の際に、退職金について分与する旨の取り決めをしておらず、また、支給の可能性との関係で裁判所による支払い命令がなかった場合には、前妻に旦那さんの退職金から財産分与する必要はありません。



     また、財産分与は離婚のときから2年を過ぎると裁判所を通じて請求することができない(民法768条2項但し書き)ので、前妻との離婚から2年以上過ぎている場合には、前妻から新たに財産分与を請求される恐れもありません。

2014年01月07日

給料・ボーナスに強い弁護士

お客様一人一人に会った解決方法をご提案します

法律問題のご相談をお受けします。まずはご連絡下さい。

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ