請負契約でも夜間手当がもらえる!?

User image 1 匿名ユーザーさん 2014年01月07日 04時05分

 主人は溶接の一人親方として、ある鉄工所で仕事を請け負い、鉄工所内で仕事をしています。始めの3ヶ月ほどは8時~17時までで時給1700円でしたが、その後は夜勤になり19時~4時で時給は昼間と同じ1700円です。会社側と話したら、嫌なら辞めて貰うと言われたそうです。社員でなくて、請負だと、深夜手当は付かないものでしょうか?

 時給を深夜分、上げてほしいのですが、応じて貰えません。良い方法はありますか?



(50歳以上:女性)

匿名弁護士

 労働基準法(労基法)37条4項は、使用者が労働者に午後10時から翌午前5時まで労働させた場合は、通常の時給に25%の割増賃金を上乗せして支払わなければならないと定めています。

 そして、労働基準法の適用対象となる「労働者」とは、職業の種類を問わず、事業又は事務所に「使用される」者で、賃金を支払われる者をいいます(労基法9条)。

 「使用される」とは、雇用契約かどうかといった契約の形態や、契約期間・時間の長短ではなく、実質的に使用者と使用従属関係にあるか否かによって決定されます。そのため、「委任」「請負」等の契約形式が取られていても、実質的に使用従属関係があれば「労働者」に該当します。

 使用従属関係は、「指揮監督関係の有無」及び「報酬の労務代償性」によって決まります。具体的には、(1)仕事の依頼に対する諾否の自由の有無、(2)業務遂行上の指揮監督の有無、(3)拘束の程度、(4)代替性の有無(以上が指揮監督関係の有無に関する事項です。)及び(5)報酬の性格によって決まります。



 各判断要素に関しては以下のように考えます。

 (1)仕事の依頼に対する諾否の自由の有無があれば、対等な当事者として指揮監督関係が否定されます。(2)業務遂行上、その内容や方法について具体的な指示を受けている場合には指揮監督関係が肯定されやすくなります。(3)勤務場所や勤務時間が指定され、管理されていることは指揮監督関係を肯定する要素です。(4)本人の意思で他の者に労務を提供させることが認められている場合(請負の場合であれば下請けが認められている場合)ことは指揮監督関係が否定される要素の一つです。(5)報酬の性格が使用者の指揮監督の下に一定時間労務を提供していることに対する対価と判断される場合には、使用・従属関係を補強することになります。



 ご主人の場合、勤務場所及び勤務時間が指定されていることから(3)の基準を満たしており、時給制が採られていることから(5)の基準も満たされています。また、会社側の「嫌なら辞めてもらう」という発言から、(1)仕事の依頼に対する諾否の自由がないであろうことも伺えます。これらの事情から、ご主人は労基法上の「労働者」に該当する可能性は高いといえます。ただ、労働者性の判断は上記基準を総合的に考慮して判断されるものですので、このことのみをもって、ご主人が労基法上の「労働者」に該当するとはいえません。

 ですので、一度上記基準、とりわけ残りの(2)及び(4)を参考に会社とご主人の間に「実質的に使用者と使用・従属関係」があるか否かを検討してみてください。また、労働基準監督署に相談するのもいいかもしれません。



 そのうえで、労基法9条の「労働者」にあたるのではないかと判断された場合には、当該会社は本来支払うべき夜間割増賃金を支払っていないので、労働基準監督署に通報するとともに会社側に未払い分を請求されるとよいでしょう。



厚生労働省HP・全国労働基準監督署の所在案内」l



 なお、賃金請求権は2年で時効消滅するので(労基法115条)気を付けてください。

2014年01月07日 04時05分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

寸志が給与から引かれている。これって問題ない?

給料・ボーナス 2017年12月27日

私が勤めている会社は零細企業ですが、夏と年末に寸志が出るのですが、その支給される月(8月、12月)の給与から、前払金として出ているのです。 今までいろんな会社に勤めましたが、こんなのは初めてです。 法律的には問題ないのでしょうか?また...

キャバクラの給料支払いについて

給料・ボーナス 2017年11月28日

私は10月位からキャバクラで働いていました。 家庭の事情もあり、10月の終わりに辞めたいと言ったのですが 週に1回でもいいから!と店長に言われたのでそのまま働いていました。 が、11月に入り三歳の子供が肺炎になり旦那と話し合った結果、...

給料(家賃)を会社のミスにより不正受給していることが発覚し、差額を一括で返金しろと言われています

給料・ボーナス 2017年09月11日

先日、会社から家賃の計算が間違っていたので、不正受給分(差額)について 返還してほしいと言われました。今年、家賃補助がちょうど切れるということで気が付いたようです。 私はある企業のグループの会社にいましたが、A会社からB会社に転籍する...

過去の給料請求はできないんでしょうか?

給料・ボーナス 2017年08月23日

以前父親の会社で6年間働きました、そのとき給料をやると全部使ってしまうので小遣いを上げるから給料はお前が結婚するときに渡す、と言われて結婚したとき、親が今借金が多くて払えない、借金が無くなったら渡すと言われました、先月親の近くに住む友...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

給料・ボーナスに強い弁護士

◆相談料無料◆夜間/土日相談可(要予約) まずは、ご相談ください。最善の解決に向けて全力でサポートいたします。

ベンチャー企業・中小企業の法務サポートを専門業務にし、IPO等のイグジットのほか企業が目指すビジョンの実現のた...

■新進気鋭の2名の若手弁護士が、素早いフットワークで企業様をサポート致します。

依頼者の不安を和らげ、「最後に笑っていただけること」をゴールに、戦略を練り、全力で業務にあたっています!

【初回相談無料】【土日・夜間相談可】【出張相談可】あなたの不安や悩み、まずはお話だけでもお聞かせください。

【不当解雇・雇止め・内定取消し又は債務整理の初回相談45分まで無料】労働事件・債務整理・マンションの法律問題に...

ページ
トップへ