職種によって休業補償は支給されないの?

User image 1 匿名ユーザーさん 2015年07月11日 02時47分

 昨年、会社を退職した従業員が労働基準監督署に休業補償を求めて訴えました。退職前月に仕事がないと言って休ませた10日間(実際は退職までの12日間)の休業補償を求めたものです。会社は「労働基準監督署から職種によっては休業補償を支払わなくてもよい。と回答をもらった」と言って休業補償をしなかったようです、この様なことはありますか。



(50代:男性)

匿名弁護士

 「休業」とは、労働者が労働契約に従って労働を提供する準備をし、かつ、労働するという意思があるにもかかわらず、使用者に労働の提供を拒否され、または不可能となった場合をいいます。相談のように「仕事が無い」と言って社員を休ませる事は「休業」にあたります。

 この場合、民法536条によると債権者(会社)に休業の責任があるときには、労働者はその分の給料を全額会社に請求できます。

 次に、労働基準法26条によると休業の責任が使用者にあるときには、平均賃金の6割以上の休業手当の支給を請求することができます。

 民法536条の規定は、当事者の合意により、その適用を排除することができるので、雇用契約書などでこの点が排除されている場合には、民法による請求は出来ません。他方、労働基準法26条の場合は、当事者の合意によって排除する事は出来ません。

 また、両方とも会社側に責任がある場合に給料等が請求可能ですが、労働基準法の方が民法のそれより広く、「企業経営者として不可抗力を主張しえない一切の事由」を含み、労働基準法の範囲は、「使用者側に起因する経営・管理上の障害」を広く含むと考えられています(最高裁昭和62年7月17日判決)。

 また、民法の規定はもちろん労働基準法の規定も、職種による制限は存在しません。

 経営難による休業についても、企業経営上当然予見できるような休業については、原則として、労働基準法第26条の「使用者の責に帰すべき事由」に該当し、平均賃金の6割以上の休業手当の支給を請求できると考えられます。ですので、今回の場合も最低限6割以上の休業手当を請求する事が可能であると考えられます。「仕事が無い」事情にもよりますが、民法による請求は会社側の責任の点で主張が難しいでしょう。

2015年07月11日 02時47分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

ブラック会社?

給料・ボーナス 2018年04月12日

17年前に、途中入社で自動車関係の仕事に整備士として日給月給制で入社したのですが、日給制の時は、残業代もついたのですが、10年後役職が付きその当時も、変わらず日給制で日曜日出勤やら残業がついてたのですが、三年前に急に会社側から役職が付...

勤務地が変わったから減給?

給料・ボーナス 2018年03月28日

会社に入って4年目です。 1月までは神奈川県勤務で、基本給は184500円でした。 2月からは鹿児島勤務になり、基本給は165000円になっていました。 東京から神奈川に会社が移転した時には給料に変化はありませんでした。 知り合いに聞...

死亡した個人事業主の身内に給料の支払い請求出来ますか?

給料・ボーナス 2018年03月08日

死亡した個人事業主の身内に給料の支払い請求出来ますか? 正式な書類(給料明細、タイムカード等)はありません。 現金で貰ってました。

会社からの一方的な、自己負担のかかる、自動車任意保険の補償の上乗せ要求は応じなければならないのでしょうか?

給料・ボーナス 2018年01月17日

約8キロの距離を自動車で通勤しています。 先月、会社から、任意保険の対物補償を無制限にするよう通達されました。 会社はここ十数年、時間給は据え置き、社会保障負担金だけ増加し、実質的に収入減が続いています。 さらに、月給制に移行しました...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

給料・ボーナスに強い弁護士

【初回相談15分無料】依頼者の不安を和らげ「最後に笑顔になっていただけること」をモットーに、戦略を練り、全力で...

できない理由を見つけるのではなく,できる方法を一緒に考え,お手伝いさせていただきます。

困っているあなたのモヤモヤを解消します!!

【初回相談60分無料】【夜間・休日対応可】【当日・電話相談可】じっくりとお話を伺います。まずはお気軽にお問い合...

【川口駅前の法律事務所】【初回相談無料】不動産、債務整理、相続、離婚問題などお気軽にご相談下さい!

【初回法律相談料無料】まずはお気軽にご相談ください。じっくりお話しをお聞きし、最適な解決案をご案内いたします。

ページ
トップへ