給料が差し押さえられたら解雇されても仕方がない?

User image 1 匿名ユーザーさん 2014年01月08日 21時34分

 現在、婚姻費用の未納分と将来分を主人の会社を第三債務者として強制執行をかけています。
主人から「ちゃんと払うから取り下げてほしい、会社に迷惑がかかっていて、解雇されるかもしれない。」という内容のメールが何回かきています。
現在、私の口座へ直接入金という形になっていますが、会社の方と入金について話した時に「取り下げるおつもりはないですよね?通常業務外で作業が大変なので・・・」ということをしつこいくらい確認されました。
主人からのメールですと、会社から「会社のシステムを私用に使うことになる。個人のために会社のシステムを使うことはできないから退職するように」と言われたそうです。
主人は解雇されてしまうのでしょうか?私は取り下げた方が良いのでしょうか?



(40代:女性)

匿名弁護士

     給与債権が差し押さえられ、第三債務者たる会社が債権者へ支払うことに労力を要することになったとしても、債務者たる従業員を解雇することはできません。

     合理性と相当性がない懲戒解雇は無効とされており(労働契約法15条16条)、会社にその程度の迷惑を欠けたくらいでは解雇するのに相当に理由があるとはいえないからです。

     ですので、相談者のご主人が解雇されることはありません。もっとも、上司等から迫られうっかり辞表を書いてしまうと、自主退職として扱われかねませんので、辞表は絶対に書かないようにお伝えください。

2014年01月08日 21時34分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

キャバクラで給与未払いなんですが払ってもらえるのでしょうか?

給料・ボーナス 2017年07月14日

以前、働いていたキャバクラ店を辞めた際に 「途中で辞めた人は給料が半分になる」という規約があり、給料を半分にされたのですがそれでもいいと思い待っていたら結局当日欠勤等でマイナスがあり渡せる給料はないと言われました。が、私は当日欠勤をし...

出張の移動時間の取扱い

給料・ボーナス 2017年06月28日

ほぼ、毎週の日曜に仕事先へ移動する場合、業務車両を運転するスタッフには移動時間を時間外手当として支給されているが、同じく同乗する人間には旅行として出張手当のみ支給されています。運転という業務の違いはあるとしても拘束性があると思われます...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

投稿する

給料・ボーナスに強い弁護士

《初回相談無料》お客さまの身近なパートナーとして、徹底サポートいたします。

交通事故や労災事故などの事故関係に注力しています。お気軽にご相談ください。

些細なことでもまずはご相談ください。じっくりお話を伺います。

【阪急梅田徒歩3分】【初回相談無料】【離婚・不倫に強い】【女性弁護士が親身に対応】お気軽にお電話でご予約ください。

ビジネス街にある駅近の法律会計事務所です。

身の回りの法律トラブルの解決に積極的に取り組んでおります

ページ
トップへ