税金を滞納した場合の給料の差し押さえは減額できるのでしょうか?

User image 1 Legalus編集部さん 2014年07月23日

 市民税など合計で100万円を滞納しています。1年以内に全額を支払う計画をして、月々10万円払うことになっています。その他、今年度分の市民税や国民保険料が4万円、月によっては8万円が加算されます。支払いが出来なければ、給料を差し押さえると言われています。全額差し押さえられたら生活ができなくなってしまいます。仮に差し押さえになってしまった場合、差し押さえ金額の減額は無理なのでしょうか?



(40代:女性)

関連Q&A

勤務中の事故の損害の支払い義務は?

給料・ボーナス 2017年04月19日

勤務中の車両事故で、会社から車両修理代金を請求されています。応じなければ最終月の給与を払わないとの事。 さらには事故により失った社会的信用と、相手方の損害に至るまでの補償を求めたいようす、すでに顧問弁護士に依頼した段階。 事故の損害は...

減給について

給料・ボーナス 2017年03月09日

妻の労働環境について質問です。 妻はエステサロンで働いてるんですが2年ほど前オーナーに意見をしたところ気に食わなかったのかおよそ1年間歩合をもらえなくなったんですが法的にこういった処置は問題ないのでしょうか?

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     まず誤解を解きたいのは、仮に給与が差し押さえられることになっても、全額を差し押さえられることはありません。

     具体的には次の計算が、「差押え禁止分」つまり、手元に残る金額となります。


     独身であり、一人暮らしの場合は、

    (給料-税金や社会保険等の金額-10万円)×20%+10万円

    となります。これに生計を一緒にしているご家族がいらっしゃる場合は、その人一人につき、4万5000円が追加されていく、という計算になります(地方税法331条6項国税徴収法76条各項国税徴収法施行令34条)。計算すると、一人暮らしならばおおむね10万円強となります。


     税金については、自己破産などの債務整理などを経ても帳消しにはならないため、最終的には支払わなければならない金額となります。そして、滞納している場合に月々いくらの支払いを求めるかなどについては行政側の裁量によるものとなっています。

     現在、月々10万円の金額に加えて、保険料などの支払いをあわせると、相当生活が困窮するものと思われます。再度、行政相談窓口などのルートを使うなどして月々の税金支払額などについて交渉されることをおすすめいたします。

2014年07月23日

給料・ボーナスに強い弁護士

20年以上の経験と実績があります。お一人で悩まず、まずはお気軽にご相談ください。

まずは、お気軽にお問い合わせください。事務所に駐車場もあります。

お客様一人一人に会った解決方法をご提案します

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ