最低賃金との差額を請求できる?

Legalus編集部さん 2014年01月07日

 私の姪は美容学校の夜間生ですが、昨年の4月から今年の7月まで、美容室で見習として働いていました。しかし、時給500円というあまりの待遇の悪さに嫌気がさして、退職しました。
 その後、最低賃金法というものがあることを知り、その地区のその業種の最低賃金は699円であることがわかりました。この過去の差額を今になって事後請求できるでしょうか?

(40代:男性)

関連Q&A

同じ仕事で男と女で給料が違う。改善する為どうすれば。

給料・ボーナス 2017年01月18日

私の会社では男女で基本給が違います。 現在、労働組合でそれを改善するために会社側と交渉しているのですが、会社側は「うちの従業員は総合職と一般職とにわかれている。男性は総合職であり、女性は一般職である。給料差は男女差で設けてるのではなく...

給与日の変更について

給料・ボーナス 2017年01月18日

私の会社は月末締の当月25日払で給料が支払われてます。 本日、下記文面のメールが社内通達として送信されました。 給料支払いの変更通知 皆様におかれましては当社の業績にご貢献いただきまことにありがとうございます。 このたび3月分の給料よ...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     労働者の賃金の最低基準については、最低賃金法に定めがあり、使用者は、最低賃金の適用を受ける労働者(パート・アルバイトを含む原則としてすべての労働者)に対し、その最低賃金額以上の賃金を支払わなければならないとされており(同法5条1項)、これに違反した使用者には罰則も科されます(同法44条、1万円以下の罰金)。
     そして、最低賃金に達しない賃金を定めた場合、その部分について労働契約は無効とされ、無効となった部分は、最低賃金と同様の定をしたものとみなすとされています(同法5条2項)。

     また、最低賃金には、都道府県別の最低賃金と産業別の最低賃金がありますが、2つ以上の最低賃金が競合した場合には、その最高のものが適用されます(同法8条)。

     以上より、一番高い最低賃金と実際に受け取っていた時給の差額について、使用者に対して請求できることになります。なお、賃金債権の消滅時効は2年ですので、注意してください(労働基準法115条)。

2014年01月07日

給料・ボーナスに強い弁護士

法律問題のご相談をお受けします。まずはご連絡下さい。

【交通事故案件多数】【複数弁護士対応可】 栃木県北の頼れる弁護士

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ