最低賃金との差額を請求できる?

Legalus編集部さん 2014年01月07日

 私の姪は美容学校の夜間生ですが、昨年の4月から今年の7月まで、美容室で見習として働いていました。しかし、時給500円というあまりの待遇の悪さに嫌気がさして、退職しました。
 その後、最低賃金法というものがあることを知り、その地区のその業種の最低賃金は699円であることがわかりました。この過去の差額を今になって事後請求できるでしょうか?

(40代:男性)

関連Q&A

高校生には最低賃金制度は適用されないの!?

給料・ボーナス 2016年10月31日

高校一年生の娘のアルバイトの時給が県の定める最低賃金より低いので、店主に尋ねた所...「高校生は、別だ...」と言われました。店主のいう通り高校生は、例外なのでしょうか?

講師料の未払いがあります。どのように対処すればよいでしょうか?

給料・ボーナス 2016年06月13日

カルチャースクールの講師をしています。受講生は3ヶ月分の月謝を一括してスクールに支払っているようです。講師である私には、スクール側から月払いで講師料が支払われます。 あるとき、受講料の未払いがある生徒がいたため、その人の分の講師料が支...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     労働者の賃金の最低基準については、最低賃金法に定めがあり、使用者は、最低賃金の適用を受ける労働者(パート・アルバイトを含む原則としてすべての労働者)に対し、その最低賃金額以上の賃金を支払わなければならないとされており(同法5条1項)、これに違反した使用者には罰則も科されます(同法44条、1万円以下の罰金)。
     そして、最低賃金に達しない賃金を定めた場合、その部分について労働契約は無効とされ、無効となった部分は、最低賃金と同様の定をしたものとみなすとされています(同法5条2項)。

     また、最低賃金には、都道府県別の最低賃金と産業別の最低賃金がありますが、2つ以上の最低賃金が競合した場合には、その最高のものが適用されます(同法8条)。

     以上より、一番高い最低賃金と実際に受け取っていた時給の差額について、使用者に対して請求できることになります。なお、賃金債権の消滅時効は2年ですので、注意してください(労働基準法115条)。

2014年01月07日

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ