「準じる」とは?

Legalus編集部さん 2014年01月07日

 勤務先の給与規定には、休職中の給与について具体的記述はなく「事務局職員の給与は国家公務員に準じる」とだけしか書かれていません。この意味は、休職中の給与は国家公務員と全く同じ水準で支給されるということなのでしょうか?

(30代:男性)

関連Q&A

同じ仕事で男と女で給料が違う。改善する為どうすれば。

給料・ボーナス 2017年01月18日

私の会社では男女で基本給が違います。 現在、労働組合でそれを改善するために会社側と交渉しているのですが、会社側は「うちの従業員は総合職と一般職とにわかれている。男性は総合職であり、女性は一般職である。給料差は男女差で設けてるのではなく...

給与日の変更について

給料・ボーナス 2017年01月18日

私の会社は月末締の当月25日払で給料が支払われてます。 本日、下記文面のメールが社内通達として送信されました。 給料支払いの変更通知 皆様におかれましては当社の業績にご貢献いただきまことにありがとうございます。 このたび3月分の給料よ...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     「準じる」とは、一定の規定・方法などを基準として、"基本的には"これと同様の取り扱いをすることです。

     例えば国家公務員の休職中の給与については、「その休職の期間が満1年に達するまでは、これに俸給、扶養手当、調整手当、研究員調整手当、住居手当、期末手当及び期末特別手当のそれぞれ100分の80を支給することができる。」これが準じるべき法律の対象だとすると、基本的には「この規定を基準として」休職中の給与を支給するということです。

     しかし、あなたの職務が国家公務員そのものでない限り、全く同じ水準での支給が"常に確実に"保証されるという意味ではないと思われます。個別具体的に判断する必要が起きた場合は、雇用者としては「国が公務員に対して保証する給与規定」を一つの基準、模範として解釈し対応する、くらいの意味合いではないでしょうか。

     もちろん、雇用者の得手勝手な解釈が許されるわけではなく、憲法、民法、労働基準法をはじめ、関連諸法の規制に服することはいうまでもありません。

2014年01月07日

給料・ボーナスに強い弁護士

お客様一人一人に会った解決方法をご提案します

身の回りの法律トラブルの解決に積極的に取り組んでおります

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ