「準じる」とは?

Legalus編集部さん 2014年01月07日

 勤務先の給与規定には、休職中の給与について具体的記述はなく「事務局職員の給与は国家公務員に準じる」とだけしか書かれていません。この意味は、休職中の給与は国家公務員と全く同じ水準で支給されるということなのでしょうか?

(30代:男性)

関連Q&A

高校生には最低賃金制度は適用されないの!?

給料・ボーナス 2016年10月31日

高校一年生の娘のアルバイトの時給が県の定める最低賃金より低いので、店主に尋ねた所...「高校生は、別だ...」と言われました。店主のいう通り高校生は、例外なのでしょうか?

講師料の未払いがあります。どのように対処すればよいでしょうか?

給料・ボーナス 2016年06月13日

カルチャースクールの講師をしています。受講生は3ヶ月分の月謝を一括してスクールに支払っているようです。講師である私には、スクール側から月払いで講師料が支払われます。 あるとき、受講料の未払いがある生徒がいたため、その人の分の講師料が支...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     「準じる」とは、一定の規定・方法などを基準として、"基本的には"これと同様の取り扱いをすることです。

     例えば国家公務員の休職中の給与については、「その休職の期間が満1年に達するまでは、これに俸給、扶養手当、調整手当、研究員調整手当、住居手当、期末手当及び期末特別手当のそれぞれ100分の80を支給することができる。」これが準じるべき法律の対象だとすると、基本的には「この規定を基準として」休職中の給与を支給するということです。

     しかし、あなたの職務が国家公務員そのものでない限り、全く同じ水準での支給が"常に確実に"保証されるという意味ではないと思われます。個別具体的に判断する必要が起きた場合は、雇用者としては「国が公務員に対して保証する給与規定」を一つの基準、模範として解釈し対応する、くらいの意味合いではないでしょうか。

     もちろん、雇用者の得手勝手な解釈が許されるわけではなく、憲法、民法、労働基準法をはじめ、関連諸法の規制に服することはいうまでもありません。

2014年01月07日

給料・ボーナスに強い弁護士

【交通事故案件多数】【複数弁護士対応可】 栃木県北の頼れる弁護士

身の回りの法律トラブルの解決に積極的に取り組んでおります

お客様一人一人に会った解決方法をご提案します

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ