「準じる」とは?

User image 1 匿名ユーザーさん 2014年01月07日 04時12分

 勤務先の給与規定には、休職中の給与について具体的記述はなく「事務局職員の給与は国家公務員に準じる」とだけしか書かれていません。この意味は、休職中の給与は国家公務員と全く同じ水準で支給されるということなのでしょうか?

(30代:男性)

匿名弁護士

     「準じる」とは、一定の規定・方法などを基準として、"基本的には"これと同様の取り扱いをすることです。

     例えば国家公務員の休職中の給与については、「その休職の期間が満1年に達するまでは、これに俸給、扶養手当、調整手当、研究員調整手当、住居手当、期末手当及び期末特別手当のそれぞれ100分の80を支給することができる。」これが準じるべき法律の対象だとすると、基本的には「この規定を基準として」休職中の給与を支給するということです。

     しかし、あなたの職務が国家公務員そのものでない限り、全く同じ水準での支給が"常に確実に"保証されるという意味ではないと思われます。個別具体的に判断する必要が起きた場合は、雇用者としては「国が公務員に対して保証する給与規定」を一つの基準、模範として解釈し対応する、くらいの意味合いではないでしょうか。

     もちろん、雇用者の得手勝手な解釈が許されるわけではなく、憲法、民法、労働基準法をはじめ、関連諸法の規制に服することはいうまでもありません。

2014年01月07日 04時12分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

出張の移動時間の取扱い

給料・ボーナス 2017年06月28日

ほぼ、毎週の日曜に仕事先へ移動する場合、業務車両を運転するスタッフには移動時間を時間外手当として支給されているが、同じく同乗する人間には旅行として出張手当のみ支給されています。運転という業務の違いはあるとしても拘束性があると思われます...

12時間労働

給料・ボーナス 2017年06月21日

わたしは今飲食店で最短で10時間、最長で12時間労働をしています。週に6回で、アルバイトです。時間帯は提示されたものは6時間程だったのですが、いつのまにかオープンからラストまで働く状況になっていました。従業員は自分を含め2人で。5時間...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

投稿する

給料・ボーナスに強い弁護士

交通事故や労災事故などの事故関係に注力しています。お気軽にご相談ください。

お客様の状況に応じた解決策をご提案致します。

一つ一つのご相談について、真摯な対応を心掛けております。

法律問題のご相談をお受けします。まずはご連絡下さい。

できない理由を見つけるのではなく,できる方法を一緒に考え,お手伝いさせていただきます。

まずは,お気軽にご相談ください。

ページ
トップへ