賃金「全額払いの原則」

User image 1 匿名ユーザーさん 2015年07月17日 02時20分

 ファミリーレストランの店長です。勝手に仕事に来なくなったアルバイトが、残っていた給料の支払い請求をしてきました。
 辞めるときも友人経由でメールを送りつけて来て、突然来なくなってしまったのです。私としては他の従業員やお客様に迷惑をかけた事で、逆に損害賠償を請求したいくらいなのですが。



(20代:男性)

匿名弁護士

 使用者と労働者は雇用契約によって結ばれています。労働基準法などの諸関連法に反しない限り、仕事を辞める際の手続やそれに反した場合のペナルティーについても、それぞれの職場で「就業規則」を定めてあると思いますからそれに従って処理されればいいわけです。アルバイトであっても同じです。

 しかし現実には、就職にあたって雇用契約の内容を確認することは御座なりにされています。就業規則の作成すらしていない職場も珍しくないようです。あなたの職場がもしそうでしたら、この機会にぜひ改善していただきたいと思います。



 さて、アルバイトが突然来なくなったことにより損害を被ったのなら、給料から損害額を差し引いて、残れば支払うし、足りなければ逆に請求すればいいようにも思えます。しかし、労働者の賃金と、労働者に対して使用者が有する債権とを無条件に相殺することはできません。
 労働基準法24条1項は、いわゆる「全額払いの原則」を定めています。これは、本来は立場の弱い被雇用者を保護するため、様々な名目で賃金が減額されることを防止する趣旨に出たものです。たとえ不法行為をした場合の損害賠償債権であっても、給料から「差っ引く」ことはできないのです。

 しかし、本人の同意があれば何も問題はありません。使用者からの相殺ができないというだけであって、労働者が損害について支払いを免れるわけではないのです。いずれは払ってもらわなくてはならないのですから。


 支払いにあたっては本人に取りに来させ、レストランが受けた損害について説明したうえで、相殺の同意を求めて清算しましょう。明細書、領収書の受け渡しも忘れずに。

2015年07月17日 02時20分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

一度始末書を書いたのですがその際減給の話もなく、賞与の時にいきなり1割減給されていました。一度のミスで1割の減給は違法ではありませんか?

給料・ボーナス 2020年07月02日

質問です。介護の仕事をしています。一度利用者に対して強い口調で注意したことで始末書を書きました。その際に始末書を書けと言われて書いたのですが給料や賞与を減給する等の話しは出ませんでした。しばらくして賞与をもらった時に1割減給されていま...

未払い金の請求を無視し続けているので、個人で少額訴訟を起こすべきか悩んでいます。

給料・ボーナス 2020年06月11日

ITフリーランスをしております。 昨年の話になりますが、未払い金が数十万円あります。 理由を聞いたところ、会社口座が差し押さえられ、払う事ができなくなったとの事でした。 昨年の6月頃に未払い金を分割で払う約束をし、念書も書いてもらった...

約束された昇給がなくなった事について

給料・ボーナス 2020年05月01日

面接時、時給の話以外に1年半経ったら勤続手当として月5000円支給(以降毎年5000円アップ)するという話をされました。そして、契約書にも19ヶ月目に勤続手当支給というのは書かれていました。(パート、1年契約、更新の可能性有り) 今契...

1ヶ月合計で30分以内の遅刻の場合は満額給料が貰えてしまうのですか?

給料・ボーナス 2020年01月27日

遅刻をした際に端数を切り上げて処理してはいけない(25分の遅刻を30分の遅刻としてはいけない)と聞きました。懲戒の規定がない限り、30分単位で賃金計算をしている会社では、1ヶ月合計で29分以内の遅刻の場合、働かずに満額の給料をもらえて...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する