賃金「全額払いの原則」

User image 1 匿名ユーザーさん 2015年07月17日 02時20分

 ファミリーレストランの店長です。勝手に仕事に来なくなったアルバイトが、残っていた給料の支払い請求をしてきました。
 辞めるときも友人経由でメールを送りつけて来て、突然来なくなってしまったのです。私としては他の従業員やお客様に迷惑をかけた事で、逆に損害賠償を請求したいくらいなのですが。



(20代:男性)

匿名弁護士

 使用者と労働者は雇用契約によって結ばれています。労働基準法などの諸関連法に反しない限り、仕事を辞める際の手続やそれに反した場合のペナルティーについても、それぞれの職場で「就業規則」を定めてあると思いますからそれに従って処理されればいいわけです。アルバイトであっても同じです。

 しかし現実には、就職にあたって雇用契約の内容を確認することは御座なりにされています。就業規則の作成すらしていない職場も珍しくないようです。あなたの職場がもしそうでしたら、この機会にぜひ改善していただきたいと思います。



 さて、アルバイトが突然来なくなったことにより損害を被ったのなら、給料から損害額を差し引いて、残れば支払うし、足りなければ逆に請求すればいいようにも思えます。しかし、労働者の賃金と、労働者に対して使用者が有する債権とを無条件に相殺することはできません。
 労働基準法24条1項は、いわゆる「全額払いの原則」を定めています。これは、本来は立場の弱い被雇用者を保護するため、様々な名目で賃金が減額されることを防止する趣旨に出たものです。たとえ不法行為をした場合の損害賠償債権であっても、給料から「差っ引く」ことはできないのです。

 しかし、本人の同意があれば何も問題はありません。使用者からの相殺ができないというだけであって、労働者が損害について支払いを免れるわけではないのです。いずれは払ってもらわなくてはならないのですから。


 支払いにあたっては本人に取りに来させ、レストランが受けた損害について説明したうえで、相殺の同意を求めて清算しましょう。明細書、領収書の受け渡しも忘れずに。

2015年07月17日 02時20分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

会社からの一方的な、自己負担のかかる、自動車任意保険の補償の上乗せ要求は応じなければならないのでしょうか?

給料・ボーナス 2018年01月17日

約8キロの距離を自動車で通勤しています。 先月、会社から、任意保険の対物補償を無制限にするよう通達されました。 会社はここ十数年、時間給は据え置き、社会保障負担金だけ増加し、実質的に収入減が続いています。 さらに、月給制に移行しました...

寸志が給与から引かれている。これって問題ない?

給料・ボーナス 2017年12月27日

私が勤めている会社は零細企業ですが、夏と年末に寸志が出るのですが、その支給される月(8月、12月)の給与から、前払金として出ているのです。 今までいろんな会社に勤めましたが、こんなのは初めてです。 法律的には問題ないのでしょうか?また...

キャバクラの給料支払いについて

給料・ボーナス 2017年11月28日

私は10月位からキャバクラで働いていました。 家庭の事情もあり、10月の終わりに辞めたいと言ったのですが 週に1回でもいいから!と店長に言われたのでそのまま働いていました。 が、11月に入り三歳の子供が肺炎になり旦那と話し合った結果、...

給料(家賃)を会社のミスにより不正受給していることが発覚し、差額を一括で返金しろと言われています

給料・ボーナス 2017年09月11日

先日、会社から家賃の計算が間違っていたので、不正受給分(差額)について 返還してほしいと言われました。今年、家賃補助がちょうど切れるということで気が付いたようです。 私はある企業のグループの会社にいましたが、A会社からB会社に転籍する...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

給料・ボーナスに強い弁護士

【関内駅徒歩4分】【馬車道駅徒歩4分】【初回相談無料】【当日・翌日相談対応可能】ひとりひとりと向き合い、解決ま...

【初回法律相談料無料】まずはお気軽にご相談ください。じっくりお話しをお聞きし、最適な解決案をご案内いたします。

【初回法律相談無料】【24時間メール相談受付可能】【法科大学院講師】弁護士としての経験は11年目。依頼者に寄り...

【初回相談無料】【ご相談予約メール24時間受付中】【銀座C6出口徒歩0分】【有楽町駅徒歩3分】経験豊富な弁護士...

じっくりとお話をうかがい“最適な解決”をご提案します。

困っているあなたのモヤモヤを解消します!!

ページ
トップへ