社員旅行に参加しなかった場合、積立金は返してもらえる?

User image 1 匿名ユーザーさん 2014年01月07日 04時11分

 年一回社員旅行があり、積み立てを毎月給料から天引きの形で行っています。不参加の場合、半分しか返金されません。全額返金を求めるのは無理なのでしょうか。

(30代前半:男性)

匿名弁護士

 このご相談に対する回答(2004年10月12日メルマガ掲載)に対して、専門家から、「今回のケースでは、労働基準法によって解決が可能ではないか」とのご指摘をいただきました。検討した結果、労働基準法に基づく解決方法のほうが、積立金が戻ってくる可能性が高く、相談者の希望に添っていると考えられるため、以下、労働基準法による解決方法について、専門家からいただいた解説を掲載します。

 お給料から、社会保険料や税金の他に旅行積立金や親睦会費を天引きする会社はよくあります。

 お給料から引かれているという点で、どれも同じように見えるのですが、労働基準法24条では、お給料から天引きできるのは


  1. 他の法令に別段の定めがある場合

  2. 労使協定がある場合

に限定されています。

社会保険料や税金は 1. に該当します。旅行積立金や親睦会費は 2. になります。

 すると、旅行積立金や親睦会費といえども、労使協定がなければ労働基準法違反となり、お給料から天引きした旅行積立や親睦会費は、実際に旅行に行っていたり親睦会の活動に参加していても、会社は全額返金する必要があります。もちろん、会社は全額返金した後、旅行費用や親睦会費用を従業員に請求しますので、結果として、実際にかかった費用の差額だけ返金すればいいことになります。

 ところで、旅行積立金や親睦会費は同じように見えるのですが、親睦会費は親睦会の会費として徴収するものですから、親睦会の活動に実際に参加していなくても親睦会に加入しているというだけで費用徴収の対象となります。また、親睦会の活動に参加しなくとも、原則として返金されません。

 しかし、旅行積立金は、「積立金」ということですから、その性質上、「社内預金」に該当します。
社内預金は大きく分けて


  1. 社内預金を社内で運用する、本来の社内預金

  2. 預金者の通帳を単に預かっているというだけの社内預金

にわかれます。

 簡単な見分け方は、全員分をまとめて、一口で運用している場合(通帳は1冊)は a. です。社内預金者(従業員さん)個人毎の通帳がある場合は b. です。

 a. b. いずれの場合も、法律上いろいろ規制があるのですが、基本的には預金ですので元本保証です。また、所有権は預金者(従業員さん)にあります。したがって、出金の指示も預金者(従業員さん)が行います。預金者(従業員さん)から出金の指示(返金の請求)があれば遅滞なく出金する必要があります(労働基準法18条5項)

 すると、ご質問の

「不参加の場合、半分しか返金されません。」

は、預金者(従業員さん)が全額の出金指示をしたにもかかわらず、半額しか返金されないというのは、労働基準法違反となります。

以上より、

「年一回社員旅行があり、積み立てを毎月給料から天引きの形で行っています」

が、「旅行積立金」ですと社内預金になり全額返金されます。しかし、例えば「親睦会費旅行積立口」等で、親睦会費等として徴収されているのでしたら、会社の取扱いは妥当ということになります。天引きの根拠となる労使協定の有無、積立金の性質について、確認されてみてはいかがでしょうか。

2014年01月07日 04時11分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

給料(家賃)を会社のミスにより不正受給していることが発覚し、差額を一括で返金しろと言われています

給料・ボーナス 2017年09月11日

先日、会社から家賃の計算が間違っていたので、不正受給分(差額)について 返還してほしいと言われました。今年、家賃補助がちょうど切れるということで気が付いたようです。 私はある企業のグループの会社にいましたが、A会社からB会社に転籍する...

過去の給料請求はできないんでしょうか?

給料・ボーナス 2017年08月23日

以前父親の会社で6年間働きました、そのとき給料をやると全部使ってしまうので小遣いを上げるから給料はお前が結婚するときに渡す、と言われて結婚したとき、親が今借金が多くて払えない、借金が無くなったら渡すと言われました、先月親の近くに住む友...

会社の業績や財務内容を従業員は知ることができなくてもよいのでしょうか?

給料・ボーナス 2017年08月08日

小さいですが、非上場の株式会社に勤めております。 不況により業績悪化となり、給与カット及び賞与なしと通達されました。 しかし、社長に実際の収支等をたずねたところ、「一従業員には教えられない。」 との回答でした。 家族もあり、収入が減る...

労働賃金の請求権の消滅時効期間について

給料・ボーナス 2017年08月02日

労働賃金の請求権の消滅時効期間は労働基準法により2年間とありますが、例えば、少し考え方を変えて「不当利得」と考え不当利得返還請求権として時効期間を当てはめ、この請求権にもとずいて請求することは、できないでしょうか?

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

投稿する

給料・ボーナスに強い弁護士

交通事故や労災事故などの事故関係に注力しています。お気軽にご相談ください。

◆相談料無料◆夜間/土日相談可(要予約) まずは、ご相談ください。最善の解決に向けて全力でサポートいたします。

【初回相談無料】【ご相談予約メール24時間受付中】【銀座C6出口徒歩0分】【有楽町駅徒歩3分】経験豊富な弁護士...

【初回相談無料あり】わかりやすい説明と迅速・こまめな連絡を徹底!弁護士費用の事前明示など、常に依頼者目線でお話...

できない理由を見つけるのではなく,できる方法を一緒に考え,お手伝いさせていただきます。

ページ
トップへ