企業共済会の祝い金の請求期限

User image 1 匿名ユーザーさん 2014年01月07日 04時10分

 私の勤める会社には、共済会(会費は会社・社員が折半)があり、各種給付金の規定があります。給付金は、本人が共済会に対して給付金支給申請を提出することにより支給されることになっています。
 先日、5年前に事由の発生した「結婚祝い金」をもらっていないことを思い出しました。
 あわてて請求したところ、会社は「時効」を理由に支払いを拒否しました(共済会の規定中に祝い金の請求期間についての定めはありません)。
 共済会が申請書の提出を促してくれたことはありませんでした。

(40代:男性)

匿名弁護士

 消滅時効とは、ある権利を一定期間行使しないで放置すると、その権利が消滅し、もはや行使できなくなるという制度です(民法166条以下)。
 民法のほとんどの規定は任意規定(当事者が民法と異なる取り決めをすればその内容が優先される規定)です。しかし、例えば、「時効が完成してもこれを主張しない」という取り決めは、一方当事者の時効の利益を全く奪ってしまう契約であり、無効です(民法146条)。

 では、共済会において各種給付金支給規定がある場合に、たとえば「給付事由が発生してから5年以内に給付の申請をしなければ、給付請求権は消滅する」との条項はどうでしょうか。このような規定は社員にとっては不利な面があり、禁止されている「時効の事前放棄」に似ているようにも思えます。
 しかし、この規定は、社員に時効の利益を事前に放棄させているのではなく、5年間という相当期間を置くことで、社員には給付申請の機会を与え、一方で共済会の事務処理上の便宜を図った合理的な規定と考えられます。したがって、無効とはいえません。

 ところが、本件では、給付申請期間の定め自体がないということです。これでは、社員はいつまでに給付申請したらよいのか分かりません。
 このような場合は、共済会に対する給付金請求権は債権ですから、債権の消滅時効は10年であるとの規定(民法167条1項)に従うと考えます。したがって、10年経過前ですから、「祝い金」の請求は可能といえます。

2014年01月07日 04時10分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

会社からの一方的な、自己負担のかかる、自動車任意保険の補償の上乗せ要求は応じなければならないのでしょうか?

給料・ボーナス 2018年01月17日

約8キロの距離を自動車で通勤しています。 先月、会社から、任意保険の対物補償を無制限にするよう通達されました。 会社はここ十数年、時間給は据え置き、社会保障負担金だけ増加し、実質的に収入減が続いています。 さらに、月給制に移行しました...

寸志が給与から引かれている。これって問題ない?

給料・ボーナス 2017年12月27日

私が勤めている会社は零細企業ですが、夏と年末に寸志が出るのですが、その支給される月(8月、12月)の給与から、前払金として出ているのです。 今までいろんな会社に勤めましたが、こんなのは初めてです。 法律的には問題ないのでしょうか?また...

キャバクラの給料支払いについて

給料・ボーナス 2017年11月28日

私は10月位からキャバクラで働いていました。 家庭の事情もあり、10月の終わりに辞めたいと言ったのですが 週に1回でもいいから!と店長に言われたのでそのまま働いていました。 が、11月に入り三歳の子供が肺炎になり旦那と話し合った結果、...

給料(家賃)を会社のミスにより不正受給していることが発覚し、差額を一括で返金しろと言われています

給料・ボーナス 2017年09月11日

先日、会社から家賃の計算が間違っていたので、不正受給分(差額)について 返還してほしいと言われました。今年、家賃補助がちょうど切れるということで気が付いたようです。 私はある企業のグループの会社にいましたが、A会社からB会社に転籍する...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

給料・ボーナスに強い弁護士

【初回相談無料】【土日祝日/夜間相談可】一つ一つのご相談について、真摯な対応を心掛けております。

【関内駅徒歩4分】【馬車道駅徒歩4分】【初回相談無料】【当日・翌日相談対応可能】ひとりひとりと向き合い、解決ま...

【初回相談無料】【JR関内駅より3分】【みなとみらい線日本大通り駅より5分】迅速で透明性があり、親切・丁寧なリ...

【初回法律相談30分無料】【完全個室相談】【泉佐野駅徒歩1分】しっかりとお話を伺い、ご依頼者様にとって最適な解...

【Legalusからのご相談は初回無料】元検事の刑事事件に強い弁護士です。

依頼者の不安を和らげ、「最後に笑っていただけること」をゴールに、戦略を練り、全力で業務にあたっています!

ページ
トップへ