企業共済会の祝い金の請求期限

User image 1 匿名ユーザーさん 2014年01月07日 04時10分

 私の勤める会社には、共済会(会費は会社・社員が折半)があり、各種給付金の規定があります。給付金は、本人が共済会に対して給付金支給申請を提出することにより支給されることになっています。
 先日、5年前に事由の発生した「結婚祝い金」をもらっていないことを思い出しました。
 あわてて請求したところ、会社は「時効」を理由に支払いを拒否しました(共済会の規定中に祝い金の請求期間についての定めはありません)。
 共済会が申請書の提出を促してくれたことはありませんでした。

(40代:男性)

匿名弁護士

     消滅時効とは、ある権利を一定期間行使しないで放置すると、その権利が消滅し、もはや行使できなくなるという制度です(民法166条以下)。
     民法のほとんどの規定は任意規定(当事者が民法と異なる取り決めをすればその内容が優先される規定)です。しかし、例えば、「時効が完成してもこれを主張しない」という取り決めは、一方当事者の時効の利益を全く奪ってしまう契約であり、無効です(民法146条)。

     では、共済会において各種給付金支給規定がある場合に、たとえば「給付事由が発生してから5年以内に給付の申請をしなければ、給付請求権は消滅する」との条項はどうでしょうか。このような規定は社員にとっては不利な面があり、禁止されている「時効の事前放棄」に似ているようにも思えます。
     しかし、この規定は、社員に時効の利益を事前に放棄させているのではなく、5年間という相当期間を置くことで、社員には給付申請の機会を与え、一方で共済会の事務処理上の便宜を図った合理的な規定と考えられます。したがって、無効とはいえません。

     ところが、本件では、給付申請期間の定め自体がないということです。これでは、社員はいつまでに給付申請したらよいのか分かりません。
     このような場合は、共済会に対する給付金請求権は債権ですから、債権の消滅時効は10年であるとの規定(民法167条1項)に従うと考えます。したがって、10年経過前ですから、「祝い金」の請求は可能といえます。

2014年01月07日 04時10分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

キャバクラで給与未払いなんですが払ってもらえるのでしょうか?

給料・ボーナス 2017年07月14日

以前、働いていたキャバクラ店を辞めた際に 「途中で辞めた人は給料が半分になる」という規約があり、給料を半分にされたのですがそれでもいいと思い待っていたら結局当日欠勤等でマイナスがあり渡せる給料はないと言われました。が、私は当日欠勤をし...

出張の移動時間の取扱い

給料・ボーナス 2017年06月28日

ほぼ、毎週の日曜に仕事先へ移動する場合、業務車両を運転するスタッフには移動時間を時間外手当として支給されているが、同じく同乗する人間には旅行として出張手当のみ支給されています。運転という業務の違いはあるとしても拘束性があると思われます...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

投稿する

給料・ボーナスに強い弁護士

些細なことでもまずはご相談ください。じっくりお話を伺います。

《初回相談無料》お客さまの身近なパートナーとして、徹底サポートいたします。

交通事故や労災事故などの事故関係に注力しています。お気軽にご相談ください。

おひとりで悩まず、まずはお気軽にご相談ください。※面談相談のみお受けいたします。電話やメールのみでの法律相談・...

ビジネス街にある駅近の法律会計事務所です。

お客様一人一人にあった解決方法をご提案します

ページ
トップへ