「仕事が無いから」と、自宅待機。待機中の給与はどうなる?

User image 1 匿名ユーザーさん 2014年01月07日 04時15分

 時給で働いているパート労働者です。発注主からの仕事依頼の「ゴーサイン待ち」とのことで、実質上「無期限自宅待機」状態のまま、かれこれ3週間経過しました。ただし、解雇を言い渡されたわけではありません。

 雇用契約には、「時給1,150円、月曜~金曜の10:00~17:00(除・休憩1時間)、2002年7月末までの契約」と明文化されており、契約期間中にこのような事態が発生した場合については何も書かれていません。

 この場合、自宅待機中の給与はどうなるのでしょうか?

(30代前半:男性)

匿名弁護士

     雇用契約というのは、労働者が労働力を提供し、使用者がこれに対して賃金を支払うという契約ですから、使用者の責に帰すべき事由により、労働者が労働力を提供できなくなった場合には、労働者は賃金を受ける権利を失いません(民法536条2項)。つまり賃金全額を請求できることになります。これが民法上の原則です。もっとも、これは特約により排除されることがあります。

     これに対し、労働基準法26条は、使用者の責に帰すべき事由による休業の場合、100分の60以上の手当の支払いを命じています。これは4割分の支払い義務を免除したものではなく、6割分の支払いを罰則付きで命じたものであり(労働基準法120条1項)、6割というのはいわば最低ラインということになります。

     この「使用者の責に帰すべき事由」は、民法上のそれより広く、使用者側に起因する経営、管理上の障害を含むとされています。使用者は休業が不可抗力によるものであれば、休業手当を支払う必要はありませんが、不可抗力によるものといえるためには、第1にその原因が事業の外部により発生した事故であること、第2に、最大の注意を尽くしても、なお避けることのできない事故であることの2要件を備えている必要があります。
     つまり、地震や水害などの天災の場合や、法令に基づく健康診断の結果生ずる休業等を除き、休業手当を支払う必要があるわけです。

     裁判例は、労働組合のストライキによりなすべき仕事がなくなった場合(組合に加入していない労働者のみ)や親会社の経営難のため、そこから資金や資材の提供を受けて操業している下請工場が操業を停止せざるをえなくなったような場合にも「使用者の責に帰すべき事由」があるとして、休業手当の支払いを命じています。

     ご相談の事例においても、使用者は他から仕事を受注したり、早くゴーサインが出すように発注主と交渉するなど、障害を解決しようとすればできるとも考えられます。

     なお、あなたが派遣社員である場合には、労働基準法26条の責に帰すべき事由があるかどうかの判断は派遣元の使用者についてなされます。

     平成23年3月の東日本大震災に伴う計画停電の影響で、休業となった場合の取扱いについて、厚生労働省労働基準局監督課は平成23年3月15日に通達を出しています。
     その内容は、(1)計画停電の時間帯における事業場に電力が供給されないことを理由とする休業については、原則として労働基準法26条の使用者の責めに帰すべき事由による休業には該当しない、(2)計画停電の時間帯以外の時間帯の休業は、原則として26条の使用者の責に帰すべき事由による休業に該当する。ただし、計画停電が実施される日において、計画停電の時間帯以外の時間帯を含めて休業とする場合であって、他の手段の可能性、使用者としての休業回避のための具体的努力等を総合的に勘案し、計画停電の時間帯のみを休業とすることが企業の経営上著しく不適当と認められるときには、計画停電の時間帯以外の時間帯を含めて原則として26条の使用者の責に帰すべき事由による休業には該当しない、(3)計画停電が予定されていたため休業としたが、実際には計画停電が実施されなかった場合については、計画停電の予定、その変更の内容やそれが公表された時期を踏まえ、(1)または(2)に基づき判断する、というものです(厚生労働省:計画停電時の休業手当について)(2011年3月23日更新)。

2014年01月07日 04時15分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

出張の移動時間の取扱い

給料・ボーナス 2017年06月28日

ほぼ、毎週の日曜に仕事先へ移動する場合、業務車両を運転するスタッフには移動時間を時間外手当として支給されているが、同じく同乗する人間には旅行として出張手当のみ支給されています。運転という業務の違いはあるとしても拘束性があると思われます...

12時間労働

給料・ボーナス 2017年06月21日

わたしは今飲食店で最短で10時間、最長で12時間労働をしています。週に6回で、アルバイトです。時間帯は提示されたものは6時間程だったのですが、いつのまにかオープンからラストまで働く状況になっていました。従業員は自分を含め2人で。5時間...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

投稿する

給料・ボーナスに強い弁護士

交通事故や労災事故などの事故関係に注力しています。お気軽にご相談ください。

まずは,お気軽にご相談ください。

お客様の状況に応じた解決策をご提案致します。

お話ししやすい雰囲気の中で、ご依頼者様のお話をじっくりとお聞きします。

ページ
トップへ