タイムカードがない職場で、残業代を請求できる?

User image 1 匿名ユーザーさん 2015年02月25日 18時18分

 牛丼屋でアルバイトをしています。店にはタイムカードはなく、営業報告書とデイリー勤怠報告書という手書きの書類の労働時間で給料を算出しています。しかし、この労働時間は売上が達成されていないと、たとえ残業しても残業時間分は書いていけないことになっています。この残業代は請求できるのでしょうか。残業しているかは事業本部の防犯カメラデータでわかると思います。


(20代:男性)

匿名弁護士

 店の売上が達成されないと残業代を請求できないなどということは許されません。また、タイムカードがない職場であっても、当然に残業代を請求することができます。

 
具体的には、以下のような順序で対処すると良いでしょう。



  1.  まず、未払いの残業代がいくらあるのか、金額を確定しましょう。

    残業には法内残業法定残業の2種類があります(くわしくは残業とはを参照)。1日8時間を越える「法定残業」であれば会社は通常通りの時給だけでなく、さらに割増賃金を支払わなくてはなりません。時給×時間というだけでなく、働いた時間がどちらに該当するかを判断してから、計算を行う必要があります。

    その際、給与明細や就業規則など、残業代の証拠になるものはすべてそろえましょう。タイムカードがなくても、他の方法で働いていたことが立証できれば問題ありません。防犯カメラのデータでも良いですし、手帳に書いていたメモや、出勤・退勤の際に利用していた交通機関のカードの打刻などが、労働期間を立証する証拠になることもあるようです。

  2.  次に、会社に対して未払い賃金を請求します。

    会社側が話し合いに応じるようであれば、支払方法を決めて、文書化することが望ましいです。会社側が話し合いに応じないようであれば、内容証明郵便で、残業代を請求します。このとき、残業代の根拠になる証拠のコピーも提出しましょう。

  3.  会社が支払いに応じないときは、残業代未払いの労働基準法違反があるとして、労働基準監督署に是正を求める申告をすることができます(労働基準法104条)。

    これは、行政上の手続きで、労働基準監督署が調査し、労働基準法違反が認められれば改善を求める勧告などを出します。会社との交渉メモ、給与明細、労働協約、労働契約書、就業規則などを持参すると良いでしょう。

    また、残業代の未払いには刑事罰があるので(労働基準法119条1号)、労働基準監督署に、雇用主に対する処罰を求めて告発をすることもできます。

  4.  それでも会社が支払いに応じないようであれば、裁判での解決を図ることになりますが、訴額が60万円以下であれば、手続きの簡易な少額訴訟を利用することができます(民事訴訟法368条以下)。

    残業代などの請求権の時効は2年間とされていますので(労働基準法115条)、請求をしようと思ったら、早めに行うことが大切です。

2015年02月25日 18時18分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

会社からの一方的な、自己負担のかかる、自動車任意保険の補償の上乗せ要求は応じなければならないのでしょうか?

給料・ボーナス 2018年01月17日

約8キロの距離を自動車で通勤しています。 先月、会社から、任意保険の対物補償を無制限にするよう通達されました。 会社はここ十数年、時間給は据え置き、社会保障負担金だけ増加し、実質的に収入減が続いています。 さらに、月給制に移行しました...

寸志が給与から引かれている。これって問題ない?

給料・ボーナス 2017年12月27日

私が勤めている会社は零細企業ですが、夏と年末に寸志が出るのですが、その支給される月(8月、12月)の給与から、前払金として出ているのです。 今までいろんな会社に勤めましたが、こんなのは初めてです。 法律的には問題ないのでしょうか?また...

キャバクラの給料支払いについて

給料・ボーナス 2017年11月28日

私は10月位からキャバクラで働いていました。 家庭の事情もあり、10月の終わりに辞めたいと言ったのですが 週に1回でもいいから!と店長に言われたのでそのまま働いていました。 が、11月に入り三歳の子供が肺炎になり旦那と話し合った結果、...

給料(家賃)を会社のミスにより不正受給していることが発覚し、差額を一括で返金しろと言われています

給料・ボーナス 2017年09月11日

先日、会社から家賃の計算が間違っていたので、不正受給分(差額)について 返還してほしいと言われました。今年、家賃補助がちょうど切れるということで気が付いたようです。 私はある企業のグループの会社にいましたが、A会社からB会社に転籍する...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

給料・ボーナスに強い弁護士

【初回相談無料】【土日祝日/夜間相談可】一つ一つのご相談について、真摯な対応を心掛けております。

【Legalusからのご相談は初回無料】元検事の刑事事件に強い弁護士です。

【初回法律相談無料】常にご依頼者様の立場で考え、最善の解決に向けて一緒に粘り強く取り組みます。一人で悩まずどん...

「親身な相談」と「適切な解決」を心がけ、全力で皆様のお悩みを解決できるよう努めております。問題解決に向けて丁寧...

じっくりお話しを伺い,共に解決を目指していきます。

【初回法律相談料無料】まずはお気軽にご相談ください。じっくりお話しをお聞きし、最適な解決案をご案内いたします。

ページ
トップへ