突然の給料支払日の変更は許される?

User image 1 Legalus編集部さん 2014年01月07日

 会社が給料の支払日を変更する旨を社内報で通達してきました。現状は15日締めの月末払いなのですが、変更後は25日締めの10日払いに変更するようです。当社には労働組合がありますが、過半数組合ではありません。このような場合は組合を通さずに会社側で一方的に変更をしても良いのでしょうか?


(30代:男性)

関連Q&A

訴えることができますか?もし訴えたら働いたお金はどうなりますか

給料・ボーナス 2017年04月25日

ある、ペットの世話のバイトで 短期で週払いと書いてあったのですが 実際働いてみると 長期で月払いでした。 また、ペットの世話ではなく、 募金活動をさせられることに なりました。 働く1日目の時 契約みたいなのが書いてある 紙を渡され ...

勤務中の事故の損害の支払い義務は?

給料・ボーナス 2017年04月19日

勤務中の車両事故で、会社から車両修理代金を請求されています。応じなければ最終月の給与を払わないとの事。 さらには事故により失った社会的信用と、相手方の損害に至るまでの補償を求めたいようす、すでに顧問弁護士に依頼した段階。 事故の損害は...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     会社が、労働者の意見を全く聞かずに給料支払日を変更することは、許されません。


     会社が給料支払日を変更すること自体は、可能です。

     
    「賃金は、毎月1回以上、一定の期日を定めて支払わなければはらない」という賃金の毎月払いの原則(労働基準法24条2項)などに違反しない限り、就業規則を変更すれば、給料支払日を変更することができるのです。


     しかし、就業規則を変更するには、所定の手続きによることが必要です。

     
    労働者の過半数で組織する労働組合がある場合においてはその労働組合、労働者の過半数で組織する労働組合がない場合においては労働者の過半数を代表する者の意見を聞いた上で、その意見書を添付して変更届を所轄の労働基準監督署に届け出ることにより行わなければなりません(同90条1項)。


     ご相談の場合、会社に労働者の過半数で組織する労働組合がないということですが、そうであるからといって、会社が一方的に給料支払日を変更することは許されません。

     
    会社は、労働者の過半数を代表する者の意見を聞き、その意見書を添付した上で就業規則の変更届を出さなければならないのです。


     会社が、給料支払日を変更するのに就業規則の変更届をしなかったり、労働者組合の意見をきかなかったりすると、30万円以下の罰金に処されます(同120条)。

2014年01月07日

給料・ボーナスに強い弁護士

20年以上の経験と実績があります。お一人で悩まず、まずはお気軽にご相談ください。

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ