8時間も働いてるのに休憩時間が無い。これって労働基準法違反じゃないの?

Legalus編集部さん 2014年01月07日

チラシのポスティングをアルバイトでしているのですが、朝7時出勤で終了が14時でそこから会社に戻り、報告書を書いていると終了時刻は15時になるのですが休憩は無く勤務中はずっとGPSを持たされています。

会社は休む時間あったらその分枚数配れるだろうと言ってきます。許してもまぁジュース飲む時間ぐらいだななどと言われてますが、この時間帯働かされて休憩なしは労働基準違反になりませんか?



(20代:男性)

関連Q&A

アルバイトの有給と、欠勤 遅刻 相対の罰則について

労働時間・休憩・休日 2017年01月14日

私はアルバイトとして今の仕事につき、3年8ヶ月勤務しています。 職種は飲食のサービス業です。 質問したい事は2つあります、よろしくお願いします。 1:アルバイトの有給 一応有給はあるようなのですが、給与明細にも有給休暇の日数が書いてお...

時間外労働について

労働時間・休憩・休日 2017年01月12日

私は一般職員です。 勤務時間は、9:00~17:15と決められています。 しかし、実際には、毎朝8:30からの打合せに強制的に参加されられています。 時間外手当はありません。 これは訴えられますか?

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     労働時間に対する休憩時間の長さについては、労働基準法34条1項に規定があります。

     そこでは、以下の様に定められています。




    1. 労働時間が6時間以内→与えなくてもよい

    2. 6~8時間以内 →45分以上

    3. 8時間を超えるとき →1時間以上



     もちろん、アルバイトであっても労働基準法は適用されます。



     また、労働時間とは実労働時間のことを指します(労基法32条1項・2項)。この実労働時間とは、使用者の指揮監督の下にある時間または、使用者による明示又は黙示の指示により業務に関連した行為をなす時間をいいます。



     今回は使用者の指示で朝7時から昼の2時までチラシを配る業務に従事し、さらに午後3時まで報告書の作成をしていたとのことですので、労働時間が8時間ということになり労基法上45分以上の休憩を与えなければならないケースだといえます。



     なお、労働基準法34条に違反した場合、6か月以下の懲役または30万円以下の罰金に処せられます(労基法119条1項)。

2014年01月07日

労働時間・休憩・休日に強い弁護士

【交通事故案件多数】【複数弁護士対応可】 栃木県北の頼れる弁護士

身の回りの法律トラブルの解決に積極的に取り組んでおります

「相談に行ってよかった」 お客様にそう思ってもらえるよう、お客様のお話を丁寧に聞き、的確なアドバイスが出来るよ...

お客様の状況に応じた解決策をご提案致します。

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ