ラジオ体操は業務命令?

User image 1 Legalus編集部さん 2014年01月07日

 本社の下請け会社で働いています。朝のラジオ体操をしないと退場処分だと言われました。仕事は8時から17時までで、体操は7時55分からです。業務開始前の体操をしないから退場と言うのはいいのでしょうか?



(20代:男性)

関連Q&A

有休について

労働時間・休憩・休日 2017年02月23日

現在働ている職場でシルバー人材センターから派遣されている人がいます。この人の労働条件は週2~3日で8時間労働です。 この人から聞くと有休はないとの事です。現代3年間働いてるとのことです。 パート労働者の有休を見ると初年度3日、3年目で...

労働時間、職場にいる時間が長い。

労働時間・休憩・休日 2017年02月22日

主人の仕事時間について、質問させて下さい。 まずは要点を箇条書きさせて頂きます。 ・介護施設のため仕事時間は不規則。 ・まともな休みがまったくない(あっても半日あればいい方、24時間の休みはここ数年とってない) ・深夜2時でも呼び出さ...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     相談者の勤めている会社での朝7時55分からのラジオ体操の時間が、実質的に労働時間にあたるのであれば「ラジオ体操をすること」という会社の業務命令には従う必要があります。そして、業務命令に従わないのであれば何らかの懲戒処分を受ける事になります。相談文の「退場処分」がどのような処分なのかは定かではありませんが、ラジオ体操をしなかったことに対する処分として解雇などの処分は重すぎるといえるでしょう。

     では、どのような場合に就業時間前のラジオ体操の時間が労働時間にあたるでしょうか。

     労働時間とは、労働者が会社との間で締結した労働契約に基づき、使用者の指揮命令下におかれる時間のことです。判例は、使用者から義務付けられた作業服や保護具の着脱等に要した時間について、労働者が就業を命じられた業務の準備行為と認めて、これを労働基準法上の労働時間としています(最判平成12年3月9日)。

     つまり、会社に参加を強制されている場合は業務開始の準備行為として労働時間にあたることになります。

     また、直接的に参加を強制していないとしても、参加しないことによって遅刻の対象としたり、不利益な取扱いをされるために参加せざるを得ないものであれば労働時間と判断されるでしょう。

     今回の場合、ラジオ体操に参加しないことによってなんらかの不利益処分を受けるということなので、労働時間にあたるといえるでしょう。したがって、「ラジオ体操をすること」という業務命令には従った方がよいでしょう。

     もっとも、労働時間と判断される以上7時55分から8時までの5分間については超過勤務として過去2年分を遡って賃金を請求する事が可能です。

2014年01月07日

労働時間・休憩・休日に強い弁護士

20年以上の経験と実績があります。お一人で悩まず、まずはお気軽にご相談ください。

身の回りの法律トラブルの解決に積極的に取り組んでおります

依頼者のために最善を尽くしていきます

おひとりで悩まず、まずはお気軽にご相談ください。※面談相談のみお受けいたします。電話やメールのみでの法律相談・...

気軽に、いつでもご相談ください。

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ