店長が意図的に働いた時間を操作。これって訴えられる?

Legalus編集部さん 2015年12月12日

 大学に入ってアルバイトを始めました。1年半ほど働いているのですが、シフトでは14時までになっているのに実際は忙しくて16時まで残業、みたいなことが多いです。ひどいときは18時までのこともありますが、その残業代は払ってくれません。タイムカードを押しても、月締めのときに店長がシフトの時間に訂正するのです。これって訴えることはできないのですか?



(20代:女性)

関連Q&A

休業の時間は所定労働時間に含まれるのか

労働時間・休憩・休日 2016年11月23日

建設業を営んでいるものです。 休業補償(1日の内の一部の時間の場合も含む)は承知しております。 この場合の休業の時間は1週間の所定労働時間40時間に含まれのでしょうか? このたび、就業規則を変更するか考えております。 ① 月~金 土日...

有給休暇は買い取ってもらえる?

労働時間・休憩・休日 2016年10月31日

会社に有給休暇の買い取りをお願いしました。 会社側からは違法でなければ良いとの返事を頂きましたが、実際のところどうなんでしょうか? また、買い取り出来るとしたら、有給一日に対しての相場はいくらですか?

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     アルバイトであっても、法律上は労働者となりますので、労働基準法が適用されます。おそらくご相談者様は時給制であろうと思われます。この場合、当然、実際に働いた時間分の賃金が支払われます(労働基準法24条)。



     具体的には、まず、直接的にお店側に対して支払い請求を行うという方法があります。もっとも、タイムカードを操作するなど、悪辣な行為をしているのですから、到底聞き入れられないのではないかと考えられます。

     こうした場合、最寄りの労働基準監督署に相談するという方法があります。この際、違法な行為をしている旨を明確に示すのが重要になります。そのため、実際に支払われた給与明細と、それと異なるタイムカードのコピー(例えば、店長が訂正を行う前と後があればベターだと思います)などを揃えていくなどの準備を行えばよいのではないかと考えられます。



     労働基準監督署に取り合ってもらえない場合は、弁護士などの法律の専門家を頼り、賃金支払い請求について、訴訟手続きを介することになると思われます。こうした専門家を頼る際も、前述のようなタイムカードと給与明細などの「証拠」が重要になります。



     賃金の不払いは、単なる契約違反ではなく、犯罪です(労働基準法120条参照)。ご相談内容を見ると、本当に腹立たしい限りです。是非、悪いことは悪いと言える勇気を持って臨んでください。

2015年12月12日

労働時間・休憩・休日に強い弁護士

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ