店長が意図的に働いた時間を操作。これって訴えられる?

Legalus編集部さん 2015年12月12日

 大学に入ってアルバイトを始めました。1年半ほど働いているのですが、シフトでは14時までになっているのに実際は忙しくて16時まで残業、みたいなことが多いです。ひどいときは18時までのこともありますが、その残業代は払ってくれません。タイムカードを押しても、月締めのときに店長がシフトの時間に訂正するのです。これって訴えることはできないのですか?



(20代:女性)

関連Q&A

自己都合で会社を休みたいのですが・・・代替要員を会社から要求されています。

労働時間・休憩・休日 2017年01月20日

体調が良くなく、病院で検査してもらおうと考えていますが、勤務先に「自己都合での休暇は代替要員が必要」と言われ、休むに休めません。 勤め先はいわゆる登録派遣型の職場なので、私から知人に無理にお願いをしなくても、勤め先が代替要員の補充は容...

アルバイトの有給と、欠勤 遅刻 相対の罰則について

労働時間・休憩・休日 2017年01月14日

私はアルバイトとして今の仕事につき、3年8ヶ月勤務しています。 職種は飲食のサービス業です。 質問したい事は2つあります、よろしくお願いします。 1:アルバイトの有給 一応有給はあるようなのですが、給与明細にも有給休暇の日数が書いてお...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     アルバイトであっても、法律上は労働者となりますので、労働基準法が適用されます。おそらくご相談者様は時給制であろうと思われます。この場合、当然、実際に働いた時間分の賃金が支払われます(労働基準法24条)。



     具体的には、まず、直接的にお店側に対して支払い請求を行うという方法があります。もっとも、タイムカードを操作するなど、悪辣な行為をしているのですから、到底聞き入れられないのではないかと考えられます。

     こうした場合、最寄りの労働基準監督署に相談するという方法があります。この際、違法な行為をしている旨を明確に示すのが重要になります。そのため、実際に支払われた給与明細と、それと異なるタイムカードのコピー(例えば、店長が訂正を行う前と後があればベターだと思います)などを揃えていくなどの準備を行えばよいのではないかと考えられます。



     労働基準監督署に取り合ってもらえない場合は、弁護士などの法律の専門家を頼り、賃金支払い請求について、訴訟手続きを介することになると思われます。こうした専門家を頼る際も、前述のようなタイムカードと給与明細などの「証拠」が重要になります。



     賃金の不払いは、単なる契約違反ではなく、犯罪です(労働基準法120条参照)。ご相談内容を見ると、本当に腹立たしい限りです。是非、悪いことは悪いと言える勇気を持って臨んでください。

2015年12月12日

労働時間・休憩・休日に強い弁護士

丁寧な説明を心がけています。

【交通事故案件多数】【複数弁護士対応可】 栃木県北の頼れる弁護士

依頼者の一番の味方となり、ベストな解決を目指します。まずはお気軽にご相談ください。

お客様一人一人に会った解決方法をご提案します

【堺市】南海本線堺駅すぐ

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ