就業時間前の出社を義務づけられた場合の賃金はどうなりますか?

Legalus編集部さん 2015年03月04日

 業務命令で就業時間より20分早く来る事が義務づけられていますが、その分の賃金が支払われていません。年間にすると、かなりの時間になると思いますが、会社は支払わなくてもよいのでしょうか?



(40代:男性)

関連Q&A

自己都合で会社を休みたいのですが・・・代替要員を会社から要求されています。

労働時間・休憩・休日 2017年01月20日

体調が良くなく、病院で検査してもらおうと考えていますが、勤務先に「自己都合での休暇は代替要員が必要」と言われ、休むに休めません。 勤め先はいわゆる登録派遣型の職場なので、私から知人に無理にお願いをしなくても、勤め先が代替要員の補充は容...

アルバイトの有給と、欠勤 遅刻 相対の罰則について

労働時間・休憩・休日 2017年01月14日

私はアルバイトとして今の仕事につき、3年8ヶ月勤務しています。 職種は飲食のサービス業です。 質問したい事は2つあります、よろしくお願いします。 1:アルバイトの有給 一応有給はあるようなのですが、給与明細にも有給休暇の日数が書いてお...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     労働基準法では、「始業および終業の時刻、休憩時間、休日、休暇ならびに労働者を2組以上に分けて交替に終業させる場合の終業時転換に関する事項」は就業規則の絶対的記載事項とされており、「始業時間」は重視されていると言えます(労働基準法89条)。



     では、ご相談事例のように、「始業時間は明示されているものの、業務命令その他によって始業時間前に出社を要する場合、その時間帯は労働時間に含まれるのかどうか」という点についてはどのように考えるべきか?

     この点については、上司の指揮命令(業務命令)を受けて行う場合はもちろんのこと、きちんとした業務命令という形式ではないにしても、就業時間前に出社し、労働することが黙認されていた場合は、労働に当たると判断されると考えます。

     そして、労働とは、普段の業務のみならず、「本来の業務に付随する業務まで含まれる」という点もポイントです。実際の裁判例として参考になるものもあります。例えば、本来の業務に限らず、周辺の業務や必要不可欠な準備を行うことを使用者から義務付けられているときには、その時間も「労働時間」としてカウントされています(最判平成12年3月9日 三菱重工事件など)。したがって、始業前の出社が義務づけられていて、その時間に業務の準備をしている状況であれば、その時間も労働時間として扱われ、賃金の支払い対象となります。



     もっとも、これだけをもって賃金支払いを会社側に請求できるかは、ご相談内容からはわかりかねます。例えば、始業時間だけではなく「終業時間はどのように規定されているのか?」「いわゆる、みなし労働時間制度は導入されていないか?」など、「始業時間以外にどのようなルールのもとで賃金が支払われているのか?」という部分について、就業規則の詳細を確認することが必要になると考えられます。

     まずは、総務部門や人事部門に依頼し、就業規則を確認する点からはじめられてはいかがでしょうか?

2015年03月04日

労働時間・休憩・休日に強い弁護士

依頼者の一番の味方となり、ベストな解決を目指します。まずはお気軽にご相談ください。

法律問題のご相談をお受けします。まずはご連絡下さい。

身の回りの法律トラブルの解決に積極的に取り組んでおります

お客様一人一人に会った解決方法をご提案します

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ