社員旅行にもルールがある?

User image 1 匿名ユーザーさん 2014年01月07日 04時13分

 中小企業の経営者です。
 毎年、視察をかねて、年に1度、営業担当者全員を1週間程、旅行に行かせています。総務の社員を同行させることもあります。
 福利厚生費として処理していますが、「そんなことをしていたら、税務署に目をつけられるぞ」と、同業者に指摘されました。何かまずいのでしょうか。

(30代:男性)

匿名弁護士

     おそらく、ご指摘なさった同業者は、

    1. 1週間という長い社員旅行の費用は、全額費用にできないこと、

    2. そして、

    3. 営業担当社員だけを旅行に行かせている

    という点の問題を指摘されているのだろうと思います。

     福利厚生費とは、従業員の慰安のために行われる旅行などのために通常要する費用をいいます。
     福利厚生費は全額損金に算入できます。つまり、利益に対して損金で処理した分には、法人税(所得税)がかからないということです。
     しかし、どのような場合にも慰安旅行などの費用が、福利厚生費になるわけではありません。通達による次の基準を満たす場合のみ、福利厚生費として認められます。

    1. 当該旅行に要する期間が4泊5日以内である。
    2. 当該旅行に参加する従業員等の数が全従業員等の50%以上である。

     この基準を満たさない場合は、給与・賞与として取り扱われることになります。したがって、1週間の社員旅行にかかる費用は、福利厚生費として認められないことになります。
     また、参加社員が全従業員の半数に満たない場合も上記条件を満たさないことになります。

     給与・賞与になりますと、旅行費用は所得税の課税対象となります。福利厚生費として認められない場合も、旅行中に占める視察の内容・期間等により、一部を必要経費として認められる可能性があります。

2014年01月07日 04時13分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

新聞奨学生 労働時間と賃金について

労働時間・休憩・休日 2017年07月20日

大手新聞社の新聞奨学生をしています。 先日、自分の部屋の掃除をしていたところ、入所した時に書かされた労働条件通知書を見つけました。そこには労働時間が午前2:30〜5:30朝刊配達業務、18:00〜20:00まで付随業務と書いてあります...

無断欠勤について

労働時間・休憩・休日 2017年07月05日

今日スタッフが無断欠勤しました。 連絡が取れないため、誓約書に基づいて処理しますと連絡しました。 この連絡は違法性はないですよね? 宜しくお願いします。

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

投稿する

労働時間・休憩・休日に強い弁護士

《初回相談無料》お客さまの身近なパートナーとして、徹底サポートいたします。

些細なことでもまずはご相談ください。じっくりお話を伺います。

交通事故や労災事故などの事故関係に注力しています。お気軽にご相談ください。

お客様一人一人にあった解決方法をご提案します

ページ
トップへ