欠勤の理由で嘘をついてしまった!

User image 1 匿名ユーザーさん 2016年05月30日 19時54分

 欠勤の事情を説明したくなかったので、主人が倒れたと嘘をついて休みました。その後、退職することになったのですが、給料をもらいに行く際に会社から入院証明書を持ってきてと言われました。

 実際には入院してないので提出できません。嘘をついた自分が悪いのですが、給料を減らされたり、何かの犯罪になってしまうのではないかと思うと不安で仕方がありません。大丈夫でしょうか?



(40代:女性)

匿名弁護士

 特に何らかの犯罪となることはありません。したがって、あなたが刑事的に処罰を受けるということはありません。

 次に、会社側としては、欠勤の事由が正当なものであるかどうかの確認のために、ご相談にあるような入院証明書の提出を求めることがあります。そのことは、ほとんどの就業規則で規定されているところです。

 したがって、入院証明書の提出を拒否することはできません。ということは、提出を拒否して、虚偽事実を糊塗することもできないということです。



 そこで、会社に対して正直に事実を説明することが重要だと思われます。給料が減額されるかどうかは、会社の就業規則の定め次第です。

 そこで、欠勤の理由について虚偽を述べたような場合には「減給処分」にする旨の規定があれば、形式的には減給処分となることもあり得ます。



 ただ、既に退職することが確定している人に対して、それまでの素行(これまでも就業態度が良かったとか、過去に何らの問題もなく懲戒処分を受けたこともないとか)を勘案して、減給処分が下されないこともあるかもしれません(絶対ではないので過剰な期待は禁物です)。

 前に書いたように、会社に対する印象を良くするためにも、早急に事実を正確に申し述べることが肝要でしょう。



 なお、虚偽事実を述べた理由によっては(例えば、欠勤をしての二重就労とか)、重い懲戒処分となることもあり得ることに注意して下さい。

2016年05月30日 19時54分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

5時間勤務で休憩時間があったり、無かったりします。会社に交渉するべきですか。

労働時間・休憩・休日 2017年11月14日

現在、ドラッグストアチェーン店でパートタイマーとしてシフト制勤務しています。レジ業務の時は5時間勤務で休憩無し。売場担当の時は、5時間勤務でも必ず1時間休憩があり、拘束時間が長くなります。6時間、7時間、8時間勤務でも1時間休憩です。...

変形労働時間制で違反してませんか?

労働時間・休憩・休日 2017年11月05日

変形労働時間制に関して教えていただければ幸いです。 私が勤める会社は16日が起算日で翌月15日までの1か月単位の変形労働時間制を導入しております。 31日の月は177時間、30日の月は171時間、28日の月は160時間という時間だけで...

アルバイトの休憩時間が15分しかない!

労働時間・休憩・休日 2017年09月20日

居酒屋でアルバイトをしています。 このお店ではどんなに働いても(17~25時まで営業)休憩が15分しかいただけません。 全員平均して5~8時間勤務のシフトです。 店側としては、休憩時間も時給を発生させているから15分休憩でも問題はない...

就業時間、給与について質問させてください。9時間労働なので8時間にしてほしいと言ったら給料が下がると言われました。

労働時間・休憩・休日 2017年08月31日

就業時間、給与について質問させてください。 私の勤める会社では9時開始の19時終了で12時から13時が休憩時間となっています。 常時9時間労働ですので8時間労働になるよう求めたところ、 給与が4~5万ほど下がると言われました。 どうや...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

労働時間・休憩・休日に強い弁護士

【初回相談無料】【錦糸町駅北口徒歩2分】弁護士歴30年以上、下町育ちの人情家弁護士が、依頼者の方にとっての幸せ...

【初回相談は1時間無料です】お客様にとっての最善策を追求します

依頼者の不安を和らげ、「最後に笑っていただけること」をゴールに、戦略を練り、全力で業務にあたっています!

【初回相談無料】【24時間予約受付】依頼者が諦めない限り絶対に諦めず、必ず守ります。可能な限りいつでも、どこで...

【あなたの悩みに寄り添います】”一人で悩む前に、相談してほしい”・・・そんな思いから<初回相談無料><夜間/土...

【横浜駅徒歩3分】【初回相談無料】【24時間予約受付中】依頼者様の立場で分かりやすい説明と丁寧かつ迅速な連絡を...

ページ
トップへ