欠勤の理由で嘘をついてしまった!

User image 1 Legalus編集部さん 2016年05月30日

 欠勤の事情を説明したくなかったので、主人が倒れたと嘘をついて休みました。その後、退職することになったのですが、給料をもらいに行く際に会社から入院証明書を持ってきてと言われました。

 実際には入院してないので提出できません。嘘をついた自分が悪いのですが、給料を減らされたり、何かの犯罪になってしまうのではないかと思うと不安で仕方がありません。大丈夫でしょうか?



(40代:女性)

関連Q&A

有休について

労働時間・休憩・休日 2017年02月23日

現在働ている職場でシルバー人材センターから派遣されている人がいます。この人の労働条件は週2~3日で8時間労働です。 この人から聞くと有休はないとの事です。現代3年間働いてるとのことです。 パート労働者の有休を見ると初年度3日、3年目で...

労働時間、職場にいる時間が長い。

労働時間・休憩・休日 2017年02月22日

主人の仕事時間について、質問させて下さい。 まずは要点を箇条書きさせて頂きます。 ・介護施設のため仕事時間は不規則。 ・まともな休みがまったくない(あっても半日あればいい方、24時間の休みはここ数年とってない) ・深夜2時でも呼び出さ...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     特に何らかの犯罪となることはありません。したがって、あなたが刑事的に処罰を受けるということはありません。

     次に、会社側としては、欠勤の事由が正当なものであるかどうかの確認のために、ご相談にあるような入院証明書の提出を求めることがあります。そのことは、ほとんどの就業規則で規定されているところです。

     したがって、入院証明書の提出を拒否することはできません。ということは、提出を拒否して、虚偽事実を糊塗することもできないということです。



     そこで、会社に対して正直に事実を説明することが重要だと思われます。給料が減額されるかどうかは、会社の就業規則の定め次第です。

     そこで、欠勤の理由について虚偽を述べたような場合には「減給処分」にする旨の規定があれば、形式的には減給処分となることもあり得ます。



     ただ、既に退職することが確定している人に対して、それまでの素行(これまでも就業態度が良かったとか、過去に何らの問題もなく懲戒処分を受けたこともないとか)を勘案して、減給処分が下されないこともあるかもしれません(絶対ではないので過剰な期待は禁物です)。

     前に書いたように、会社に対する印象を良くするためにも、早急に事実を正確に申し述べることが肝要でしょう。



     なお、虚偽事実を述べた理由によっては(例えば、欠勤をしての二重就労とか)、重い懲戒処分となることもあり得ることに注意して下さい。

2016年05月30日

労働時間・休憩・休日に強い弁護士

20年以上の経験と実績があります。お一人で悩まず、まずはお気軽にご相談ください。

解決内容を納得していただけるようなご説明と打ち合わせを心がけています

クライアントファーストをモットーに、常にご依頼者様の視点に立った誠実な事件対応を心がけております。

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ