振替休日と代休の違い

Suhail0129さん 2016年12月08日

振替休日と代休の違いですが、振替休日は労働する日と休日を入れ替えるもの。代休は休日の労働に対し改めて休日を設定するもの。とお聞きしました。
どちらも休日に出勤をして出勤日に休むと言う動作は変わりません。
なぜ、この様な解釈(?)の違いが出るのでしょうか?
振替出勤は使用者(事業者)側の都合用に作られたのでしょうか?
よろしくお願いします。

関連Q&A

年間休日について

労働時間・休憩・休日 2016年12月02日

私は、認知症対応型のグループホームに勤めるものです。 勤めはじめて二年が過ぎました。 就職時、休日104日と書かれた契約書に署名と捺印を しました。 しかし、初年度および今年度も年間休日は96日でした。 この場合、差日の8日分は、休日...

休業の時間は所定労働時間に含まれるのか

労働時間・休憩・休日 2016年11月23日

建設業を営んでいるものです。 休業補償(1日の内の一部の時間の場合も含む)は承知しております。 この場合の休業の時間は1週間の所定労働時間40時間に含まれのでしょうか? このたび、就業規則を変更するか考えております。 ① 月~金 土日...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
Avatar lawyerprofile 18549 1480120799

内藤 政信

優和綜合法律事務所 03-6456-1810 東京都

    振替休日は割増賃金なし。
    代休は割増賃金あり。
    使用者側の都合かも知れませんね。

2016年12月08日

梅澤康二

弁護士法人プラム綜合法律事務所 03-5341-4333 東京都

    概ねご理解のとおりですが、振替休日は労務提供前に休日と労働日を入れ替えること(休日を労働日とし、別の労働日を休日とすること)、代休は既に労務提供が行われた後に別の労働日を休日としてその労働義務を免除することです。

    法的に重要なのは、事前に当該休日を労働日とするか否かが決まっていたかどうかであり、事前に決まっている場合(振替の場合)は労使共に当日を「休日」としないことを認識しているので敢えて当該労働を休日労働と取り扱う必要はない、事前に決まっていない場合(代休の場合)は労使ともに当日を「休日」と認識しているので当該労働は休日労働とすべきであるということです。

    雇用契約は労使間の契約であり、労使間の認識内容も重要です。振替は労使がその日を休日としないことを前提としているので休日労働とならない、代休はそのような前提を欠くので休日労働となるということと考えます。左記の解釈は会社側の都合云々ではなく、契約解釈の問題だと思います。

2016年12月08日

労働時間・休憩・休日に強い弁護士

「相談に行ってよかった」 お客様にそう思ってもらえるよう、お客様のお話を丁寧に聞き、的確なアドバイスが出来るよ...

法律問題のご相談をお受けします。まずはご連絡下さい。

【交通事故案件多数】【複数弁護士対応可】 栃木県北の頼れる弁護士

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ