休憩時間は労働時間に含まれる?

User image 1 Justin0809さん 2016年10月31日 14時33分

バイトを始めました。採用時の説明では、「9時間(うち休憩1時間)で11,000円」とのことでした。
しかし、今度もらった給料明細を見ると、「8時間×1,250円(=10,000円)」で、1,000円も少なくなっています。
休憩時間は、賃金に含まれないのでしょうか?

    「アルバイト」とは、学業や正社員としての本業のかたわら、副業として働く行為をいいます。アルバイトをする人のことを俗に「アルバイター」といいます。最近急増している「フリーター」は、本業を持たない「フリー」で、アルバイターとして働いて生活する人のことです。
     アルバイトは、有期の雇用契約を結んで労働を提供する形態であり、期間の定めのない雇用契約を結んだ正社員と違い、契約期間後の身分保証はないのが原則です。しかし、アルバイトも労働者である以上、労働基準法の規律を受けます。

     労働基準法は34条で、「使用者は、労働時間が6時間を超える場合においては少なくとも45分、8時間を超える場合においては少なくとも1時間の休憩時間を労働時間の途中に与えなければならない」と定めています。また、「休憩」に関して、同法は正社員とアルバイトに格別の違いを設けていません。
     したがって、労働時間が9時間である本件の場合、使用者は、少なくとも1時間の休憩時間を労働時間の途中に与えなければなりません。この点では、アルバイト先が労働時間中に1時間の休憩を設けているのは正しいのです。

     では、休憩時間は労働時間に含まれるのでしょうか。労働時間であるならば、使用者は賃金を払わなければなりません。
     これについては、残念ながら、休憩時間は労働時間に入らないとされています。したがって、使用者は労働者が労働時間として拘束された時間についてのみ、賃金を払えばよいのです。
     では、「9時間(うち休憩1時間)で11,000円」との説明に問題はなかったのでしょうか。
     この説明では、9時間の労働時間に対し休憩時間を1時間とって、その日1日で11,000円が支給されるように解釈できます。休憩時間には賃金が支払われないのが原則ですから、これによれば、時間当たりの賃金は1,375円になります。しかし、給料明細によれば1,250円だったというのですから、時間当たり125円少なく支給されていることになります。
     これは、契約締結時の説明内容、当事者の合理的意思解釈に反し、不当です。したがって、あなたは、使用者に、不足分1,000円の支払いを請求できることになります。

2016年10月31日 14時43分

ありがとうございました。

    まず、結論から申し上げますと、休憩時間は労働時間には該当しません。そのため、採用時の説明は労働時間8時間で11000円支払う(時給1375円)という説明だったのだと思います。

    実際の給与が1時間1250円で計算されているのであれば、採用時の説明と賃金額が異なるということだと思います。もっとも、採用時に説明されたことと、雇用契約でどのような合意がされたかは別問題ですので、まずは雇用契約書を確認してください。雇用契約書に時給1250円と記載されていれば、採用時の説明と異なるとしても増額請求は難しいと思います。

2016年11月16日 13時06分

ありがとうございました。

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

新聞奨学生 労働時間と賃金について

労働時間・休憩・休日 2017年07月20日

大手新聞社の新聞奨学生をしています。 先日、自分の部屋の掃除をしていたところ、入所した時に書かされた労働条件通知書を見つけました。そこには労働時間が午前2:30〜5:30朝刊配達業務、18:00〜20:00まで付随業務と書いてあります...

無断欠勤について

労働時間・休憩・休日 2017年07月05日

今日スタッフが無断欠勤しました。 連絡が取れないため、誓約書に基づいて処理しますと連絡しました。 この連絡は違法性はないですよね? 宜しくお願いします。

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

投稿する

労働時間・休憩・休日に強い弁護士

些細なことでもまずはご相談ください。じっくりお話を伺います。

《初回相談無料》お客さまの身近なパートナーとして、徹底サポートいたします。

交通事故や労災事故などの事故関係に注力しています。お気軽にご相談ください。

まずは、お気軽にお問い合わせください。事務所に駐車場もあります。

【初回法律相談無料】一人で悩まずご相談ください。全力で向き合い解決に導きます。

ページ
トップへ