休憩時間は労働時間に含まれる?

Justin0809さん 2016年10月31日

バイトを始めました。採用時の説明では、「9時間(うち休憩1時間)で11,000円」とのことでした。
しかし、今度もらった給料明細を見ると、「8時間×1,250円(=10,000円)」で、1,000円も少なくなっています。
休憩時間は、賃金に含まれないのでしょうか?

関連Q&A

休業の時間は所定労働時間に含まれるのか

労働時間・休憩・休日 2016年11月23日

建設業を営んでいるものです。 休業補償(1日の内の一部の時間の場合も含む)は承知しております。 この場合の休業の時間は1週間の所定労働時間40時間に含まれのでしょうか? このたび、就業規則を変更するか考えております。 ① 月~金 土日...

有給休暇は買い取ってもらえる?

労働時間・休憩・休日 2016年10月31日

会社に有給休暇の買い取りをお願いしました。 会社側からは違法でなければ良いとの返事を頂きましたが、実際のところどうなんでしょうか? また、買い取り出来るとしたら、有給一日に対しての相場はいくらですか?

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

梅澤康二

弁護士法人プラム綜合法律事務所 03-5341-4333 東京都
best-answer

    まず、結論から申し上げますと、休憩時間は労働時間には該当しません。そのため、採用時の説明は労働時間8時間で11000円支払う(時給1375円)という説明だったのだと思います。

    実際の給与が1時間1250円で計算されているのであれば、採用時の説明と賃金額が異なるということだと思います。もっとも、採用時に説明されたことと、雇用契約でどのような合意がされたかは別問題ですので、まずは雇用契約書を確認してください。雇用契約書に時給1250円と記載されていれば、採用時の説明と異なるとしても増額請求は難しいと思います。

2016年11月16日

ありがとうございました。

Avatar lawyerprofile 26847 1480300064

中西 啓

エヴィス法律会計事務所 06-4707-8004 大阪府

    「アルバイト」とは、学業や正社員としての本業のかたわら、副業として働く行為をいいます。アルバイトをする人のことを俗に「アルバイター」といいます。最近急増している「フリーター」は、本業を持たない「フリー」で、アルバイターとして働いて生活する人のことです。
     アルバイトは、有期の雇用契約を結んで労働を提供する形態であり、期間の定めのない雇用契約を結んだ正社員と違い、契約期間後の身分保証はないのが原則です。しかし、アルバイトも労働者である以上、労働基準法の規律を受けます。

     労働基準法は34条で、「使用者は、労働時間が6時間を超える場合においては少なくとも45分、8時間を超える場合においては少なくとも1時間の休憩時間を労働時間の途中に与えなければならない」と定めています。また、「休憩」に関して、同法は正社員とアルバイトに格別の違いを設けていません。
     したがって、労働時間が9時間である本件の場合、使用者は、少なくとも1時間の休憩時間を労働時間の途中に与えなければなりません。この点では、アルバイト先が労働時間中に1時間の休憩を設けているのは正しいのです。

     では、休憩時間は労働時間に含まれるのでしょうか。労働時間であるならば、使用者は賃金を払わなければなりません。
     これについては、残念ながら、休憩時間は労働時間に入らないとされています。したがって、使用者は労働者が労働時間として拘束された時間についてのみ、賃金を払えばよいのです。
     では、「9時間(うち休憩1時間)で11,000円」との説明に問題はなかったのでしょうか。
     この説明では、9時間の労働時間に対し休憩時間を1時間とって、その日1日で11,000円が支給されるように解釈できます。休憩時間には賃金が支払われないのが原則ですから、これによれば、時間当たりの賃金は1,375円になります。しかし、給料明細によれば1,250円だったというのですから、時間当たり125円少なく支給されていることになります。
     これは、契約締結時の説明内容、当事者の合理的意思解釈に反し、不当です。したがって、あなたは、使用者に、不足分1,000円の支払いを請求できることになります。

2016年10月31日

ありがとうございました。

労働時間・休憩・休日に強い弁護士

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ