有給休暇は買い取ってもらえる?

User image 1 Derek1103さん 2016年10月31日 15時18分

会社に有給休暇の買い取りをお願いしました。 会社側からは違法でなければ良いとの返事を頂きましたが、実際のところどうなんでしょうか? また、買い取り出来るとしたら、有給一日に対しての相場はいくらですか?

 年次有給休暇の買い取りは、原則として違法です。

 「年次有給休暇」とは、休日とは別に労働者にできるだけまとまった休暇を有給で与えることで、心身の疲労を回復させ、労働力の維持を図ることを目的とした制度です。
  会社などの使用者は、採用の日から6ケ月間継続して勤務し、かつ全労働日の8割以上出勤した労働者に対しては、少なくとも10日の年次有給休暇を与えなければなりません(労働基準法39条)。
  そのため、会社が年次有給休暇を買い上げることは原則として禁止されています。年休を与える代わりに金銭を支給しても、年休を付与したことにはなりません。

 しかし、以下のような場合は、例外として買い上げが認められています。

1、法定を上回る日数の年次有給休暇
 会社の中には、法定の年次有給休暇の日数以上に、独自の有給休暇を定めている会社もあります。その法定日数を超過している部分であれば、買い上げることができます。

2、時効により消滅してしまった年次有給休暇
 年次有給休暇の請求権は、2年で時効になります(労基法115条)。そのため、2年以上前の、時効により消滅してしまった分の年休であれば、買い上げることができます。

3、退職によって権利を行使できなかった年次有給休暇
 退職予定者が、残った有給休暇をまとめて請求した場合、会社はこれを認める必要があります。年次有給休暇の取得にあたり、使用者には時季変更権が認められていますが(労基法39条4項)、退職予定日を越えて時季変更権を認めることはできないからです。
  ただ、円満な引継ぎ業務ができるよう、労働者とよく話し合う中で、消化できない有給休暇を買い上げることは、違法とまでは考えられていません。

 なお、例外として買い上げが認められるといっても、法律上定められた義務ではありません。どう対処するかは会社の自由です。
  また、買い取り価格についても、とくに法律で定められた基準はないので、会社の規則などに従うことになります。基本的には、年次有給休暇の手当と同額であるべきと考えられますが、会社の規則に定められている買い取り価格が平均賃金に対して著しく低い場合でも、違法ではありません。

2016年10月31日 15時19分
お礼メッセージ

ご回答ありがとうございました。

有給休暇は通常労働基準法で定める最低日数分を付与されていますが、会社の福利厚生として労基法を超える日数について就業規則等で付与している場合があります。後者についての買取りは適法ですが、前者についての買取りは原則として違法です。但し、例外的に、有休を将来的に消化できない状況(既に退職日が決まっており、退職日までに日数がない場合など)であれば、当該消化できない有休を買い取ることは可能です。

なお、有休の買取は相場ではなく、有休について通常支払われる平均賃金で買い取るのが通常です。

2016年11月02日 10時18分
お礼メッセージ

ご回答ありがとうございました。

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

半日休みは「休日」扱いですか?

労働時間・休憩・休日 2018年05月18日

とある旅館でサービス業をしております。 来月のシフトが発表になったのですが、一月を通して丸一日の休みがありません。 ◯日の午前出勤 午後から休み △日の午前休み 午後から出勤 …… といった日が8日間あるだけです。 このような休日を「...

休憩時間が無い場合、遡ってその分の賃金を請求できるのでしょうか?

労働時間・休憩・休日 2018年04月22日

わたしは地方公務員です。 保育士として働いています。 わたしの勤めている園は休憩時間がありません。 シフト制の中で基本的に7:30〜16:15や8:00〜16:45の勤務で働いています。 職員が足りて無いわけではないですが、正職員には...

無理な勤務強制を要求し、掛け合っても改善してくれない時はどうすればいいでしょうか?

労働時間・休憩・休日 2018年04月22日

旦那の相談です。 旦那は溶接工の仕事で朝6時に出て行き、17時に終わり家に着くのは19時頃です。 最近は土日も溶接工の仕事がありますが、 土日に溶接工の仕事が無い時期が去年の夏からあり、子供にお金がかかるということもあり、学生時代に行...

同一法人が運営する勤務形態の異なる事業所で働く同一労働者の総就業時間はどのように考えればよいですか?

労働時間・休憩・休日 2018年04月17日

福祉業界の法人です。勤務形態が異なる事業所を同一労働者が兼務するときの就業時間はどのように考えればよいのでしょうか。 A事業所 夜勤あり、残業ありで雇用契約に固定残業手当と固定深夜勤務手当を明記しています。 B事業所 夜勤・残業なしで...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

ページ
トップへ