個人再生について 個人再生 2018年10月19日

1) 個人再生とは 個人再生とは、裁判所を通じて、債務の減額と返済期限の延長を行う方法で、債務整理の手法の一つです。 任意整理との一番の違いは、民事再生法という法律が定めるルールに従って、債務整理を進めなければならないという点です。 任意整理であれば、債権者との間で合意が成立すればそれで終了ですが、個人再生の場合には、財産と債務に関するあらゆる資料を収...

筆界特定制度 境界線 2018年10月17日

Q.土地の境界をめぐる紛争について、新たに筆界特定制度というものができたと聞きました。どのようなものでしょうか。 A.これまで隣地との土地境界について争いが生じた場合、最終的には訴訟を提起して、裁判所に境界を確定してもらうしかありませんでした。ただ、訴訟となると時間がかかることもあり、より簡便かつ専門性を生かす方法として、この度、法務局による行政手続と...

交通事故における過失ゼロの主張の成否について 過失割合 2018年10月14日

交通事故の法律相談において、相手方(保険会社)と過失割合に関する争いがあるが、依頼者の方としては過失ゼロと考えており、過失ゼロで決着させることはできないか、というご相談をよく受けます。そこで、今回は過失ゼロの主張の成否について検討を行いたいと思います。 1.交通事故における過失割合については、東京地裁民事交通訴訟研究会において、過去の裁判例等を基に、事...

交通事故によって耳鳴となった場合には,後遺障害として認定されるにはどのようにしたら良いですか。また何級となりますか。 後遺障害・後遺症 2018年10月12日

著しい耳鳴が常時あると評価できるものについては12級相当,耳鳴が常時あると合理的に説明できるものについては14級相当となります。 1 耳鳴とは何ですか。 外界からの音の刺激がないにもかかわらず,耳の周囲や耳内に音を感じる場合及び頭蓋内に感じるものを耳鳴と言います。 自覚的訴えとしては,セミの鳴くようなジーンジーンとかキーン,チーンと言われています。 2...

交通事故による難聴が後遺障害(後遺症)として認定されるためにはどうしたらよいですか。 後遺障害・後遺症 2018年10月11日

難聴は,聴力障害として,後遺障害としては,両耳の場合には程度に応じて4級,6級,7級,9級,10級,11級の,一耳の場合には程度に応じて9級,10級,11級の後遺障害に該当する可能性があります。 難聴は,自覚症状だけでは不十分であり,認定に必要な検査結果が出なければなりません。 1 難聴とは 外耳より入った音刺激が大脳側頭葉聴野に到達する経路の内,どの...

任意整理について 借金・ローンが払えない 2018年10月05日

1) 任意整理とは 任意整理とは、裁判所を通さず、債権者と直接交渉することで、月々の返済額を減額させ、また、債務を減額させるもので、債務整理の手法の一つです。裁判所を用いない点が、個人再生や破産手続と大きく異なる点です。 2) 債務総額の調査 ① 債務総額の把握 任意整理を行う場合は、まず、借金の総額がいくらであるのかを調査します。 この際、債権者の請...

遺言の形式的効力 遺言書の書き方 2018年10月05日

遺言の効力という場合,形式的効力と実質的効力があります。 形式的効力は主に自筆証書遺言で問題となります。 自筆証書遺言とは,「自筆」つまり,自分で筆記する遺言です。 (この他に公証人が作成する公正証書遺言などがあります。) 形式的要件というのは,その要件が揃っていなければ,中身に入る前に遺言書全体が無効になるというものです。 形式的要件は,①全文自筆,...

特別縁故者 相続人 2018年10月04日

Q.私の叔母ですが、独身で身寄りがなかったため、20年前から依頼を受けて一緒に住み始め、家事一切の世話をしたり、畑仕事をして生計の一端を担ってきました。10年前からは体調を崩し、私が面倒をみて、入院・通院費用なども立て替えました。死後、預金があることがわかりましたが、遺言はありません。日ごろから、「残った預金は、世話になったあなたにあげたい」と言ってい...

交通事故で死亡した場合に被害者が将来受給できたはずの年金については,賠償されますか。 人身事故・死亡事故 2018年10月01日

1 年金について逸失利益性は認められますか。 年金には国民年金・厚生年金・共済年金があり, それぞれに老齢,退職時支給・後遺障害支給・遺族支給があります。 (1)逸失利益の発生が認められるもの 老齢,退職時支給される国民年金・厚生年金・共済年金 例えば,老齢基礎年金,公務員退職共済年金,恩給等です。 (2)逸失利益の発生が否定されるものは遺族支給の年金...

Q&A回答内容の訂正等(台風災害関連等) 民事・その他 2018年09月29日

1. 私が9月5日以降に回答しました、台風により生じた被害の工作物責任関連のQ&Aに関し、以下の点に誤りがありましたので、訂正いたします。なお、本サイトでは個別にQ&Aの訂正はできない形式になっておりますので、コラムの形式で全ての回答の訂正を行なうことと致します。 訂正箇所に関してですが、台風災害による工作物責任に関し、寄与度による限定がなされた例につ...

あなたに寄り添う弁護士です。納得のいかないお気持ちを共に分かち合い、解決の手助けをします。

【秘密厳守】【初回相談30分無料】【夜間・土日 対応可】一人で悩まずご相談ください。皆さまの悩みに寄り添い、二...

【初回来所相談無料/時間制限なし】新しい時代の弁護士「らしくない」、弁護士として過去の判例だけで判断せず、ご相...

【税理士・司法書士・行政書士・社会保険労務士と連携】解決内容を納得していただけるようなご説明と打ち合わせを心が...

お話をじっくりと伺い,難しい法律用語を使わずにわかりやすくご案内し,皆さまの笑顔を守るために最善を尽くします。

【初回相談無料】【24時間予約受付】依頼者が諦めない限り絶対に諦めず、必ず守ります。可能な限りいつでも、どこで...

Go To Top Html