監理団体の運営について 顧問弁護士 2020年10月26日

出入国在留管理庁と厚生労働省が、外国人技能実習生の受け入れ事業を適切に運営していなかったとして、技能実習適正化法に基づき、いくつかの監理団体の許可を取り消したとの発表がありました。 監理団体は、海外の送り出し機関から実習生を受け入れ、実習が適切かどうかを確認する役割を担います。 入管庁によると、ベトナムの送り出し機関との間で、実習生が失踪した場合などに...

新型コロナウイルス / 日本と中国の往来再開へ 顧問弁護士 2020年10月26日

新型コロナウイルスの水際対策に関し、日中両政府は月内にもビジネス関係者らの往来再開で合意することが明らかとなりました。 ビジネス目的の短期滞在・長期滞在のいずれも一定の条件のもとに認められる見通しです。 新型コロナの影響で落ち込んだ経済回復の加速につなげたい狙いがあり、合意すれば数日以内にビジネス往来再開の手続きを始めるとのことです。 ビジネス目的の短...

【退職慰労年金】取締役の退職慰労年金を一方的に減額されてしました・・・未支給年金を請求できませんか? 債権回収 2020年10月26日

2020.10.26 飯田橋法律事務所 弁護士 中野雅也 【質問 退職慰労年金の打ち切りは不当ではないか?】 私は、ある株式会社の常務取締役を退任し、退任時に株主総会決議を経て当時の役員退職慰労金規程(「本件内規」)に従って、退職慰労年金として月額10万円(支給期間20年)受け取っていました。その後、新型コロナウイルスによる経営難を理由として、取締役会...

遺産分割前の預貯金の払戻し制度 遺産分割協議 2020年10月26日

平成28年12月に最高裁が、預貯金債権について、相続開始と同時に当然に相続分に応じて分割されることなく、遺産分割の対象になると判例変更しました。この結果、共同相続人全員の合意がなければ、預貯金の払い戻しができなくなりました。 これを受けて、預貯金債権のうち、相続開始時の債権額の3分の1に、払い戻しを求める共同相続人の法定相続分を乗じた額については、単独...

【被害者参加】犯罪の被害者となってしまった場合 犯罪・刑事事件 2020年10月25日

交通事故や引ったくり、放火など、事件に巻き込まれるときは突然です。 もちろん長年揉めて、最終的に傷害事件となってしまったというケースもありますが、それでも殴られたり刺されたりすることを予想していたという人は少ないでしょう。 犯罪の被害者となってしまった場合、以前は刑事裁判に参加することは出来ませんでした。 もちろん被害者として警察や検察官から事情聴取は...

【認知】実の父親だが認知をして欲しくない! 戸籍 2020年10月23日

父と母が結婚をせずに子どもが生まれた場合、子は、当然に母の戸籍に入り、親権者は母となります。 父親が認知をしない場合、子の戸籍上、父の名は空欄となります。 父親が認知をしなければ、子の父が誰であるか戸籍上は分かりませんので、母親が、子の実の父親に対して養育費を請求したいと思っても調停の申し立てなどは出来ません。 まずは子の父親が誰であるか、確定させる手...

【取締役報酬の減額】取締役の報酬を株主総会で減額されてしまった・・・差額を請求できますか? 債権回収 2020年10月20日

【取締役報酬の減額】取締役の報酬を株主総会で減額されてしまった・・・差額を請求できますか? 2020年10月20日 飯田橋法律事務所 弁護士 中 野 雅 也 取締役の報酬を減額された又は取締役の報酬を減額したいとのご相談は多くあります。本年、取締役報酬の支払がストップしてしまった方の代理人として未払報酬を回収しました。そこで、取締役の報酬の減額に関する...

労働災害の基礎知識 労災 2020年10月20日

(労災とは?) 労災とは、労働災害のことで、具体的には通勤・業務中に発生したケガや病気のことをいいます。何度か耳にしたことがある方も多いでしょう。労働者は、労災にあった場合、労働災害保険(労災保険)から、一定の補償を受けることができます。 (労災保険とは?) 労災保険とは、労災が起きた場合に、労働者への補償を行うための保険制度です。各事業所は、労働者を...

非正規労働者の手当請求 給料・ボーナス 2020年10月17日

最高裁は、非正規労働者について「扶養手当」などの請求を認めました(令和2年10月15日) その2日前には、非正規労働者の賞与、退職金を認めない判決が出ていましたが、格差是正の一環として、扶養手当などの請求が認められたことは大きなことだと思います。 つまり、これまで非正規労働者だから扶養手当などがもらえなかったところが、今後はもらえることになります。 も...

伊勢谷友介氏の保釈 釈放・保釈 2020年10月16日

俳優の伊勢谷友介氏が大麻取締法違反で逮捕,起訴された後に保釈されたというニュースがありました。 伊勢谷氏は容疑を認めているそうですが,大麻の入手ルートについては話していないとのことです。 このことについて,入手ルートを言わないまま保釈してもいいのか,という声が上がっているようです。 そもそも,保釈というのは無罪放免のことではなくて,裁判が始まるまでの間...

依頼者のために最善を尽くしていきます

<初回相談無料><当日/休日/夜間相談可能> 神奈川県弁護士会所属12人の弁護士が、それぞれの特徴を活かし、ご...

【初回相談無料】依頼者様の満足とご納得を最大の価値として全力でサポートいたします。

ページ
トップへ