建物滅失と借地権(更新後の滅失の場合) 不動産賃貸 2019年06月21日

借地上の建物が滅失してしまった場合に、借地権はどうなるのかについて 解説する続きです。 建物が滅失した時期が、借地契約をした当初の期間中である場合と、 当初の期間が経過して法定更新された後では、法律の規定がやや異なりますが、 当初の借地権存続中の滅失の場合については先に説明しました。 今度は、更新後の滅失の場合について説明します。 1.借地権者の解約の...

建物滅失と借地権(当初の借地権存続中の場合) 不動産賃貸 2019年06月21日

借地上の建物が滅失してしまった場合に、借地権はどうなるのかについて 解説します。 前提として、建物が滅失した時期が、借地契約をした当初の期間中である場合と、 当初の期間が経過して法定更新された後では、法律の規定がやや異なります。 そこで、まずは、当初の借地権存続中の滅失の場合について説明します。 1.借地権者の解約の申入れ等の可否 当初の借地権存続中に...

民法上の土地賃貸借権と借地借家法上の借地権 不動産賃貸 2019年06月21日

賃料を支払って土地を借りるという土地賃貸借契約は民法の賃貸借契約の規定に規制されるが、 民法とは別に借地借家法という法律があり、借地借家法と民法の規定が抵触する場合には 借地借家法が優先する。 そこで、民法上の土地賃借権と借地借家法上の借地権の比較をしてみる。 1.存続期間 (1)民法上の土地賃借権 最長20年間 期間の定めのない契約の場合、解約申入れ...

宅建業者による重要事項説明の内容 不動産・建築 2019年06月20日

不動産売買や不動産賃貸借に関して、弁護士に対するよくある質問に 「宅建業者がこれを説明しなかったのは重要事項説明義務違反ではないですか?」 というものがある。 重要事項として宅建業者に説明義務があるとして、 実際に法令で定められているものは、以下のようなものである。 (宅地建物取引業法35条1項、宅地建物取引業法施行令3条、 宅地建物取引業法施行規則1...

【独占禁止法】課徴金減免制度(リーニエンシー・プログラム)について 企業法務 2019年06月18日

1 課徴金減免制度とは 独占禁止法で禁止されるカルテルなどの不当な取引制限について,課徴金減免制度が設けられています。カルテルが違法行為であることは広く知られており,企業の担当者は隠れて謀議等を行うのが通常です。そのため,当局が証拠を収集するのが困難であることを考慮して,このような制度が設けられています。 その内容としては,特定の要件(条件)を満たせば...

なぜ親の面倒を看ても相続分は増えないのか 相続分 2019年06月17日

相続の法律相談で多いのが,「親の面倒をずっと看てきたのに,相続分は多くならないのですか?」という質問です。 いわゆる「寄与分」の話です。 今回は,寄与分に関する,素朴で,かつ,根本的な問題を深く掘り下げてみたいと思います。 寄与分とは,簡潔に言うと,相続人が被相続人の財産の増加に貢献した場合に,多めに遺産をもらえるという制度です。 そして,「親の面倒を...

相続のよくあるトラブル事例 相続 2019年06月01日

1) 遺言がいくつも見つかった… 「病床を片づけていたら、枕元から遺言が3通も見つかった。一体どの遺言に従ったらよいのだろうか?」 遺言を直筆で作成する場合は、何度も書き直すことが一般的です。 そのため、複数の遺言書が見つかることも珍しくありません。遺言がいくつも見つかった場合は、まずは「どの遺言が有効なものか」を確定しなくてはいけません。 基本的には...

改名について 戸籍 2019年05月27日

少し前になりますが,高校生がキラキラネームを改名したというニュースがありました。 その高校生は「王子様」という名前だったのですが,家庭裁判所で許可を得て「肇」さんに改名し,話題になりました。 今回は改名についてお話ししたいと思います。名前には「氏」と「名」がありますが,今回は主に「名」についてお話しします。 名の変更については,戸籍法107条の2に規定...

不動産のサブリース契約における注意点 不動産賃貸 2019年05月27日

今回は、不動産をサブリース契約形式で賃貸する場合における注意点について検討を行いたいと思います。 1.はじめに そもそも、「サブリース契約」についてご説明しますと、(1)通常の賃貸借契約では賃貸人が現実の利用者に直接賃貸し、不動産業者は仲介や管理委託を行うにとどまるのに対し、(2)「サブリース契約」では、主に不動産業者が直接の賃借人となった上で、更に現...

遺言作成のススメ -遺言の作成方法と注意点- 遺言書の書き方 2019年05月15日

先に述べたケースでは、必ず、遺言を作成すべきといえますが、どのようにして、遺言書を作成したら良いのでしょうか。 手紙を残しておけばそれでよいのでしょうか。誰かに伝えておけばよいのでしょうか。 ここで重要なのは、遺言書が、法律上の遺言として、法律上の有効とされるためには、法律が定めるルールに則って遺言書を作成する必要があるということです。 具体的には、遺...

【初回相談無料】弁護士歴30年以上で、書籍出版経験のある実績豊富な弁護士が、交通事故をはじめとした様々な法律問...

あなたに寄り添う弁護士です。納得のいかないお気持ちを共に分かち合い、解決の手助けをします。

ページ
トップへ