交通事故で相手方の対応が期待できない場合 交通事故 2017年06月25日

交通事故で被害に遭われた方から、相手方(加害者)からの対応が期待できない場合、具体的には、①当て逃げ等で相手方自体が特定できない場合、②相手方は分かっているものの、電話等では応答しない場合、③相手方が(任意)保険未加入であり、誠実な対応が期待できない場合についてご相談を受けることが少なくありません。そこで、これらの場合における対処法について検討します。...

取締役の責任について 企業法務 2017年06月15日

企業の経営者、あるいは株主や取引先の方から、取締役の責任追及に関するご相談を受けることが少なくありません。そこで、今回は、取締役の会社や第三者等に対する責任について整理しておきたいと思います。 1.会社に対する責任について (1)まず、取締役は会社との間においては委任契約の関係にあり(会社法330条)、①委任契約上の受任者の義務としての善管注意義務を負...

民法改正について 民事・その他 2017年05月29日

本年5月26日、主として債権法部分を改正する民法改正案が参議院で可決し、改正法が成立しました。現行民法のうち家族法を除く総則・物権法・債権法部分は明治時代に成立以降、細部の改正を除けば骨格としては大きく変わることなく維持されてきましたが、今回は大幅な本格改正となります。 改正内容は多岐にわたりますが、主な改正内容は以下の通りとなります。 1.意思能力を...

メルカリで現金出品 借金返済 2017年05月27日

最近,メルカリで現金を出品していることが話題になりました。 以前から古いコインなど希少性のある物は取引に出されていたのですが,最近話題になったのは現行紙幣です。 たとえば「1万円札4枚を4万7000円」などで出品していたのです。 普通に考えれば,そんなものを買うと損をするような気がしますが,実は買う人がいます。 その理由は,いわゆる多重債務者が,クレジ...

受動喫煙と会社の安全配慮義務 労働 2017年05月26日

受動喫煙症で休職している社員が、「煙草の煙に配慮すれば勤務可能」という診断書を提出し、座席を喫煙室から離れた場所に移動することを要望したけれど、会社がこれを許可せず、復職できずに退職した場合、会社の安全配慮義務が問われるのでしょうか。 裁判例は、使用者が受動喫煙の危険性から労働者の生命および健康を保護するよう配慮すべき安全配慮義務を負うことを認めており...

任天堂の訴訟の意義 知的財産 2017年05月23日

公道でのカート利用で「マリオ」の衣装を貸し出すなどしているのは著作権侵害や不正競争防止法違反にあたると主張して任天堂がカートのレンタル会社「マリカー」等を相手に侵害行為の中止と1000万円の損害賠償を求めている訴訟の第1回口頭弁論期日が、東京地裁で開かれたそうです。 被告のマリカー側は争う姿勢を示したというニュースです。答弁書では原告の請求の棄却を求め...

「飲みニケーション」は職場に必要? パワハラ 2017年05月18日

まず、法的に言えば強制されるものではありません。 会社が必要と感じて業務命令を出せば、強制力は生じますが、その時は給料の支払いも必要です。 給料を出さずに、一方的に出席を求められても拒否は可能ですし、それで会社から不利益処分を下されれば争いうるでしょう。 また、昇進などにおいて、明示の条件にすることも許されないかと思います。 事実上の人間関係が昇進など...

少額債権の回収方法について 裁判・法的手続 2017年05月13日

日常の様々なトラブル、例えば契約上のトラブルや、事故や事件により生じた損害賠償請求等、相手方との債権債務関係に関するご相談を受けることが少なくありません。ただ、債権額が少額の場合、弁護士に依頼すると費用対効果に合わないケースが多いです。そこで、少額債権を回収する方法について検討を行います。 1.相手方への請求について (1)まずは、法的手続に移行する前...

ペット霊園の突然の閉鎖。問題点はどこ? 法律全般 2017年05月01日

こんにちは。日本橋人形町の弁護士濵門俊也(はまかど・としや)です。 大阪府枚方市のとあるペット霊園が一方的に閉鎖したことに批判が集まっています。閉鎖されたペット霊園では,利用者に十分な連絡が行き渡らないまま,墓の撤去作業などが進められていると,インターネット上で話題となっているようです。 ペットの墓を掘り返したり,勝手に処分したりすることは問題ないので...

債務整理の方法について 自己破産 2017年05月01日

1) できるだけ早くご相談を 借金には様々なものがあります。住宅ローンや、生活費や学費を補填するための借入れ、事業の運転資金や設備投資等々。場合によっては、債務を返済するための借入れもあるでしょう。そして、返済ができなくなった理由も、人によって、会社によって、様々です。 こうした場合に重要なのは、完全に債務の返済ができなくなる前に、弁護士に相談するとい...

おすすめ弁護士

できない理由を見つけるのではなく,できる方法を一緒に考え,お手伝いさせていただきます。

企業法務から個人案件まで、いつでもどこでもあなたのパートナーでありたい

相談したくなる弁護士

依頼者のために最善を尽くしていきます

まずは、お気軽にお問い合わせください。事務所に駐車場もあります。

【堺市】南海本線堺駅すぐ

ページ
トップへ