医師免許の剥奪はどのようなときにされるのでしょうか?

User image 1 匿名ユーザーさん 2016年01月21日 18時57分

 会社が倒産して、その経営者だった場合、医師免許を持っていたら剥奪されてしまうのでしょうか?また、会社が倒産したとき、経営者が医師免許を持っていたら、自己破産をして、医師として働いて食っていくという人生は可能でしょうか?さらに、従業員が法に抵触するようなことをした場合、経営者が医師免許を持っていたら、剥奪されてしまうのでしょうか?



(不明:男性)

匿名弁護士

     医師法においては、



    1. 心身の障害により医師の業務を適正に行うことができないと判断された場合

    2. 麻薬、大麻またはあへんの中毒者

    3. 罰金以上の刑に処された者

    4. 医事に関し犯罪または不正の行為があった者

    5. 医師としての品位を損するような行為のあった者



    については、戒告や医師免許の停止、取り消しなどができると規定されています(医師法4条各号7条2項)。そして、これらの処分を行うにあたっては、医道審議会で、どのような処分が妥当かについての意見を聴かなければならないとされています(医師法7条5項)。

     昨今、医師免許の取り消しがなされた事例で見ると、例えば患者に対する性犯罪など、医師自身がなんらかの刑事事件で処罰された場合が一般的であると言えます。診療報酬の不正取得については、免許の停止や取り消しなどがなされる傾向があり、重篤な医療ミスを犯した場合は、免許の停止がなされる傾向があると言えます。つまり、医師本人の触法行為の有無が免許取り消しの判断基準となる傾向があります。

     したがって、相談者の方がおっしゃる「会社経営の失敗」「自らが営む会社内における従業員の触法行為」「破産などの経済的困窮」などは、(5)の品位を損するような行為に当たる可能性はあるものの、それによって免許を取り消しになる可能性は低いものと考えられます。

2016年01月21日 18時57分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

【歯医者で親知らず抜歯】医療過誤、粗雑な診断書など。治療費は請求可能でしょうか。

医療過誤・医療事故 2017年07月12日

親知らずの抜歯やその後の治療で不備が多く、痛みによる体調不良での欠勤、度重なる診察や対応の不良による不安、不信感やストレスが強かったので、そこでの費用やセカンドオピニオンでの費用を請求したいのですが、可能でしょうか。また、必要な書類は...

左上2番の治療予定が、誤って右上2番を削られてしまいました

医療過誤・医療事故 2017年06月08日

いつも通っている歯科医でのことです。 いつもは、院長先生が担当なのですが、 その日は、副院長の治療でした。 左上2番に、虫歯で穴が空いており、 そこを埋めてもらう予定でした。 しかし、副院長は、なんの確認もなく、 突然、右上2番を削り...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

投稿する

医療過誤・医療事故に強い弁護士

いつも話しやすくフレンドリーでありたいと思っています

交通事故や労災事故などの事故関係に注力しています。お気軽にご相談ください。

【阪急梅田徒歩3分】【初回相談無料】【離婚・不倫に強い】【女性弁護士が親身に対応】お気軽にお電話でご予約ください。

【初回法律相談無料】一人で悩まずご相談ください。全力で向き合い解決に導きます。

【交通事故案件多数】【複数弁護士対応可】 栃木県北の頼れる弁護士

ページ
トップへ