医療過誤が疑われる病院にどのように対処すべきでしょうか?

User image 1 匿名ユーザーさん 2016年03月18日 20時23分

 母が入院した翌日の朝方5時前後に亡くなりました。入院時の検査の結果は、深刻な状況ではなく、家での治療も可能な程の状態だったにもかかわらず、死因は不明と言われました。病院側の説明も納得できるものではありませんでした。病院のベッドで見つかった時にはすでに死後硬直が始まっていました。

 病院の看護体制や医療に対して、非常に大きな疑問を抱いています。母が亡くなった当時、何があったかをカルテを交えて時系列で説明が欲しいです。

 カルテを改ざんする可能性を無くすために、病院に対してどう説明を求めればよいでしょうか?



(40代:男性)

匿名弁護士

 ご相談内容を拝見すると、検査結果が良好であったにもかかわらず、突然亡くなられたということですから、あまり考えたくはないですが医療過誤の可能性もありえると考えて対処すべきだと思われます。



 そのため、ご相談者様から直接病院に対して説明を求めて、納得のいく対応が得られない場合は、医療過誤も疑いつつ、訴訟を見越した対応が必要だと考えます。法的手続きを通じて、医療過誤かどうかを判断するほうが、詳細な事情が明らかになる可能性が高いためです。



 医療過誤の場合、病院に対して執拗に説明を求めると、カルテの改ざんなどを行ったり、証拠自体を滅失されたりする可能性もゼロではないというのが対処において注意すべき点です。

 そのため、訴訟を想定した医療過誤への対応では、医療過誤かどうかを見極めるためにも「証拠保全」をいかにスピーディに行うか、という部分が重要になります。



 証拠としてさまざまな資料を集めた結果、医療過誤の可能性があれば、訴訟手続に入ります(この場合、医療過誤によって人が亡くなったことに対する損害賠償請求を行います。具体的には、医療行為を提供することを一つの委任契約と捉えた債務不履行に基づく損害賠償請求(民法415条)か、不法行為に基づく損害賠償請求(民法709条など)となります)。



 「証拠保全」(民事訴訟法234条235条など参照)とは、民事訴訟において、あらかじめ証拠調べをしておかなければその証拠を使用することが困難な事情がある場合に行われる証拠調べ手続きです。

 証拠保全手続きは、何の前触れもなく、裁判官や書記官、患者側弁護士が病院に行き、カルテはもちろんのこと、問診票や看護記録、処方箋や指示書などさまざまな資料をコピーしたりカメラで撮影して情報を入手します。

 突然に行われるため、病院側は資料を隠したり、捨てたりできないため、非常に有効な手段です。



 このような証拠保全の手続きは、やはり専門家である医療過誤に明るい弁護士を頼る必要があります。法律相談だけであれば、30分5000円程度で対応してくれるケースが多いと思われます。

 医療過誤かどうかの見極めのためにも活用されることをおすすめいたします。

2016年03月18日 20時23分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

医療過誤だと思いますか

医療過誤・医療事故 2018年09月12日

77歳の親の話です。 意識のある状態から心臓の再手術を行い医師より再手術なので癒着強く剥離時に出血がありショック状態で血圧が下がり脳に酸素が回らなかった時間があり意識が回復しないかもしれないと告げられ、結果重度低酸素脳症で意識が回復す...

診療報酬不正請求

医療過誤・医療事故 2018年08月29日

勤めている歯科医院で毎月レセプトの不正請求をしています。月30~50万くらい上乗せして請求しています。厚生局に電話をして聞いてみたら、医院に入っての調査はしないといわれました。その日に出した領収書と電子カルテに入力されている金額の照合...

歯科 医療ミス

医療過誤・医療事故 2018年08月28日

先日、奥歯の根の治療をし始めた時に、ドリルを根に差し込んだ瞬間、ドリルが壊れて歯に突き刺さった状態で、1時間近く、ねじったり引っ張ったりと、苦痛な時間を過ごしました 診療終了時間を過ぎていたからなのか、噛み合わせに支障のない長さにカッ...

医療過誤 癌 見落とし

医療過誤・医療事故 2018年07月23日

去年33才で子宮頸がんで抗がん剤と手術をしました。 個人病院のA医院に婦人科系はずっとかかっており、4年ほど前から不正出血があり通ってました。 その度に内診はするもののいつもストレスから来てると言われてました。 一度癌とわかる2年前く...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

Go To Top Html