B型肝炎訴訟の原告に加わりたい!

User image 1 匿名ユーザーさん 2015年04月18日 03時05分

 B型肝炎団体訴訟が各地で行われておりますが、原告になれる条件として、予防接種法が施行される昭和23年7月1日が起点になっています。元々この訴訟は国が行ってきた予防接種で注射器の使いまわしによりB型肝炎が感染、拡大したというものです。過去の判例から勝訴できそうな条件として、免疫ができ上がる7歳から考えて、予防接種法が施行された昭和23年から7歳を差し引いた昭和16年ごろ以降の方しか原告になれないということですが、法律がなかったからといって原告になれないというのはおかしいのではないでしょうか。予防接種時の注射器の使いまわしが原因でB型肝炎になっている人を、予防接種法施行以前か以後かで分けてしまうのはおかしいと思います。それ以前の方々は他にどんな法律をたてに裁判すればいいのでしょうか?



(40代:女性)

匿名弁護士

 一般的には、生年月日が昭和16年7月1日の方が、訴訟で国の過失を認めさせるのは困難であるといえます。肝炎対策基本法の具体化が待ち望まれます。



 たしかに、生年月日が昭和16年7月1日以前の方であっても、予防接種時などの注射器の使い回しによってB型肝炎になったのであれば、予防接種を行った国の責任が認められるべきです。また、各地のB型肝炎訴訟における「原告になれる条件」を満たしていなくても、個人で国家賠償訴訟を提起すること自体は、当然可能です。



 ただ、訴訟でその責任を認めさせるには、被害者の側が、当時の医学的状況からして、予防接種時に注射器を使い回しすべきではなかったといえ、国の過失が認められること等を主張立証しなくてはなりません。

 B型肝炎は、現在でこそ注射器の使い回しによって感染することが判明していますが、その事実がまったく判明しておらず、国が対策をとることができなかった時期に、注射器の使い回しによってB型肝炎に感染してしまったとしても、国に過失があるとはいえないと考えられています。



 そして、B型肝炎ウイルスに感染した原告の国家賠償請求を認めた最判平成16年6月16日は、注射器の使い回しによりB型肝炎に感染する恐れがあることが判明していた時期を、欧米諸国では遅くとも昭和23年、わが国では遅くとも昭和26年当時であったと認定しています。また、予防接種法は昭和23年7月1日より施行され、それ以降に集団予防接種が強制的に行われています。

 そのため、多くの弁護団は、「昭和23年7月1日」を一つの区切りとして、その時点ですでに免疫のある7歳になっている場合(生年月日が昭和16年7月1日以前の場合)には、国の責任を確実に追及することは難しいものとして、団体訴訟の原告から除外しているようです。



 これらのことからすれば、生年月日が昭和16年7月1日以前の方が、国家賠償請求訴訟で国の責任を認めさせることは、一般的には困難が伴うものと言わざるを得ません。

 ただ、個別的なケースによっては、国の責任を認めさせることが可能である場合もあり得るので、B型肝炎の団体訴訟を提起している弁護団に一度相談してみることをお勧めいたします。団体訴訟の原告には加われなくても、個別訴訟を提起できる場合があるかもしれません。



 なお、平成22年4月1日より「肝炎対策基本法」が施行され、B型肝炎とC型肝炎につき明文で国の責任を認めていますが、患者の支援や医療政策の整備の基本指針を制定したにとどまっています。今後は、医療費や生活費の助成など、具体的に負担を緩和する立法政策が待ち望まれるところです。

2015年04月18日 03時05分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

病院側の弁護士にどう対応したらいいのか・・・

医療過誤・医療事故 2018年01月10日

2年前に子宮筋腫のレーザーでの手術中レーザーの火の粉がベット下のマットに引火し両大腿・臀部の熱傷3度の火傷を負わされ現在治療中 通院代・休業補償は病院がもってくれてましたが、病院側の弁護士が出てきて、もぉ打ち切りたいと・・・ 火傷した...

診察ミスで病院に謝罪させることはできますか?

医療過誤・医療事故 2018年01月09日

祖母が血尿が出たとの事だったので、掛かりつけの病院に行きました。 尿検査をしたところ、膀胱炎と診断を受けたので抗生物質を1週間処方され飲んでました。 1週間後まだ血尿が止まらないので再度診察を受けたら、まだ菌が少し残ってるとの事でもう...

産婦人科で染色体異常検査を受け、検査結果に異常があったのにもかかわらず報告がありませんでした。ウソをつかれ病院の連絡ミスをごまかされました。泣き寝入りしかないのでしょうか?

医療過誤・医療事故 2017年12月19日

38歳の初妊婦です。高齢出産でシングルマザーの道を選んだためかかりつけの産婦人科で、クワトロテストを受けました。 検査結果の報告は、検査後疑いがあれば10日後に電話連絡、何もなかったら次の妊婦健診でお渡しします。とのことでした。ドキド...

このような場合産婦人科を訴える事はできますか?

医療過誤・医療事故 2017年12月15日

29週で緊急帝王切開をした者です。 私はある産婦人科に通っていました。 予定日より3か月前に破水らしきものがあり、すぐに通っていた産婦人科に連絡をし診察を受けました。 その日の私を診察した病院のドクターは臨時で大学病院から来た先生で ...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

医療過誤・医療事故に強い弁護士

いつも話しやすくフレンドリーでありたいと思っています

【桜木町から徒歩5分】弁護士ランキング上位。口コミでのご依頼も多数。弁護士費用もわかりやすく、リーズナブルにご...

【初回相談無料】どなたでもお気軽にご相談ください。

【初回法律相談無料】解決が困難な問題を、共に考え、答えを見つけ出します。一人で悩まずどんなことでもご相談ください。

【初回相談無料】【分割払いあり】【後払いあり】【電話相談可】【メール相談可】【土日祝相談可】【夜間相談可】

【初回相談無料】【夜間・休日対応可】【当日・電話相談可】じっくりとお話を伺います。まずはお気軽にお問い合わせく...

ページ
トップへ