Resized avatar mini magick20170124 18750 1w6x2v2
現在営業中
9:30〜19:00

吉川 法生 弁護士

きっかわ のりお

弁護士法人大手前法律事務所 〒540-0008 大阪府大阪市中央区大阪市中央区大手前1-7-31 OMMビル5階
注力分野
相続 離婚・男女 交通事故
取扱分野
企業法務 借金・債務整理 不動産・建築 親子・家庭 労働
子の認知
Q. 未婚のまま子どもを産み、母親となりました。この子の父親は、始めは認知すると言っていましたが、子どもが生まれるや認知はしないと言い出しました。どうすればいいでしょうか。 A. 婚姻関係にない男女間に生まれた子を嫡出でない子または非嫡出子といいます。非嫡出子については、母が第一の出生届義務者となります。 母につきましては、分娩によって当然に発生すると...
離別による内縁関係解消による財産分与
Q: 私は、10年前から交際相手の男性と同居しておりましたが、2,3年前から折り合いが悪くなり、別れることになりました。 私たちはお互いに、戸籍上の婚姻関係に特にこだわっていなかったので、入籍はしていませんでした。もっとも、私は専業主婦で、彼のお給料で生活し、周囲の人からは、普通の夫婦だと思われていました。 戸籍上の夫婦の場合、離婚のときに夫婦で築いた...
事業承継
Q.私は今年55歳になる中小企業のオーナーです。 ここまで1代で現在の会社を創り上げてきましたが、仕事はあと10年くらいで引退したいと考えています。 大学生の私の長男は、私の会社を継いでくれるかどうか、まだ決めかねているようです。数10名の従業員もおりますし、私としましても、会社を長男へ継がすことも含め、引退後も会社を存続させたいと願っています。 どの...
交通事故の後遺症による逸失利益とは?
Q:私は、交通事故に遭いました。両脚を骨折して、手術を受け、1ヶ月ほど入院し、半年くらい通院しました。入院中は会社を休んで通院の時は半休をとりました。お医者さんから足の関節に機能障害が生じており、これ以上治療してもよくならない後遺症だと言われました。事故の加害者の保険会社にはどんな請求ができるのでしょうか?ちなみに私は30歳で年収は500万円です。 A...
借地上の建物の増改築
Q.私は、約10年前、地主さんから土地を借り、その上に建物を建てて住んでいます。子どもたちが大きくなってきて手狭になってきましたので、増築をしたいと思っています。このことは地主さんに説明する必要はありますか。その際、もし地主さんが増築を了承してくれなかったら、どうしたらいいでしょうか。 A.借地上に建物を建てるという契約で、無断増改築禁止の特約がなけれ...
筆界特定制度
Q.土地の境界をめぐる紛争について、新たに筆界特定制度というものができたと聞きました。どのようなものでしょうか。 A.これまで隣地との土地境界について争いが生じた場合、最終的には訴訟を提起して、裁判所に境界を確定してもらうしかありませんでした。ただ、訴訟となると時間がかかることもあり、より簡便かつ専門性を生かす方法として、この度、法務局による行政手続と...
特別縁故者
Q.私の叔母ですが、独身で身寄りがなかったため、20年前から依頼を受けて一緒に住み始め、家事一切の世話をしたり、畑仕事をして生計の一端を担ってきました。10年前からは体調を崩し、私が面倒をみて、入院・通院費用なども立て替えました。死後、預金があることがわかりましたが、遺言はありません。日ごろから、「残った預金は、世話になったあなたにあげたい」と言ってい...
痴呆が進んだ母親の財産管理
Q.最近、母の痴呆が進んできました。父は既に亡くなっています。 その母は買い物などに行っても、おつりの概念もあやしくなってきています。長女の私が母の財産を管理するために、家庭裁判所に法定後見を申立てることができると聞きました。 法定後見とは、どういう制度でしょうか。 A.成年後見制度とは、精神上の障害により判断能力がないか不十分なため法律行為を行う意思...
相続人の中に未成年の者がいる場合の遺産分割協議
Q. 先日、夫がなくなりました。相続人は妻である私と、長男(21歳)、次男(16歳)です。夫の遺産分割協議はどのように進めていけばいいのでしょうか。 A. 20歳未満の未成年者については、民法上、行為無能力とされ、親権者(親権者がいないときは、後見人)が未成年者の財産に関する法律行為についての代理権、同意権等を有します。遺産分割協議につきましても、親が...
盗品と所有権
Q.先日、画商で絵を買ったのですが、その絵が盗品であることがわかりました。もう代金も支払ったのですが、元の所有者に絵を返さなければならないのでしょうか。 A.絵のような動産の場合は、たとえ所有者でない人から買ったとしても、買ったときに、売主が所有者でないことを知らず、また知らないことし過失がなければ、その買主は、絵の所有権を取得できることになっています...
ページ
トップへ