弁護士コラム

不貞行為とは

[投稿日] 2017年08月18日 [最終更新日] 2017年08月18日
Resized avatar mini magick20170731 20743 wrq2z1

明司 絵美 弁護士 ZEN法律事務所

お話をじっくりと伺い,難しい法律用語を使わずにわかりやすくご案内し,皆さまの笑顔を守るために最善を尽くします。

先日、「主人がニューハーフの人と浮気をしているので離婚したい。」との法律相談を受けることがありました。

 

そこで、ふと考えたこと。民法で離婚事由と定められている「不貞行為」とはなんぞや。判例では、「不貞行為とは、男女間の性交渉」とされています。ということは、同性愛は「不貞行為」にはなりません。

では、ニューハーフの方は・・・難しいところです。ただ、完全に女性の躰になられているニューハーフの方が相手の場合、「不貞行為」に該当するように思います。

 

なお、仮に「不貞行為」にあたらなくても、同性愛の方との不倫や、風俗などで性交渉はないけれどそれに近い行為を行った場合には、奥様がそれを嫌がれば「婚姻を継続し難い重大なる事由」にあたりますのでお気をつけください。

 

 

 

弁護士 明司絵美

明司 絵美 弁護士

注力分野
離婚・男女 親子・家庭 民事・その他 相続 労働
  • Icon 2土曜日相談可
  • Icon 3日・祝相談可
  • Icon 1法テラス利用可
  • Icon 5電話相談可
  • Icon 1当日相談可
お話をじっくりと伺い,難しい法律用語を使わずにわかりやすくご案内し,皆さまの笑顔を守るために最善を尽くします。

コラムの内容は更新時のものであり、最新の情報と異なることがあります。