弁護士コラム

事業の再生・清算 ~事業の再生について~ ① 資金繰りの相談

[投稿日] 2019年08月20日 [最終更新日] 2019年08月20日
Resized avatar mini magick20170419 12635 xeva2m

池田 克大 弁護士 上本町総合法律事務所

【秘密厳守】【初回相談30分無料】【夜間・土日 対応可】【費用分割払可】一人で悩まずご相談ください。皆さまの悩みに寄り添い、二人三脚で一緒に問題を解決していきます。

まず、この規模の事業で重要なのは、とにかく、早い段階で、専門家に相談するということです。

 突然、メインの取引先から来期以降の発注を白紙にすると言われた。売掛先が債務超過に陥り、予定していた売掛金の回収が困難になった。あるいは、徐々に売上が減ってきており、近いうちに、金融債務の返済が滞る可能性がある。切欠がある場合にはその時に、明確に窮境原因が分からないでも経験上危ないと感じた段階で、直ぐに相談してください。

 自社に顧問税理士がおり、経営面でも十分なアドバイスをしてくれるなら、当該税理士に、もし顧問税理士がおらず、あるいは、相談しても具体的なアドバイスがない場合には、当事務所にできるだけ早く相談してください。

 

 弁護士が介入することで窮境原因が解消される場合はあります。

 また、直ちに、窮境原因を取り除くことが難しい場合には、資金繰り表を作成し、資金繰りを可視化することで、将来への漠然とした不安を取り除くとともに、資金ショートの可能性やその時期を具体的に把握します。

 そして、これらを土台に、具体的な方策を練っていきます。

 
 日々、目の前の仕事に追われて、手を打つべき時機を逃さないでください。

 不甲斐なさや後ろめたさから、経営者の仲間にも家族にも相談できないかもしれませんが、独りで対処しようとしないでください。独りで対処しようとすれば、本業が疎かになり、提供する品質が低下し、新たなアイデアの創造が困難となり、悪循環に陥っていきます。

 資金難に陥った場合には、あるいは、その危険性を少しでも感じたら、できるだけ早く、相談してください。

 相談したからといって、直ちに依頼する必要はありません。相談料もほとんどの場合、数万円以内に収まります。

 

 相談時期が早ければ早いほど、再建可能性は高くなります。

 私たちは、あなたを独りにしません。

池田 克大 弁護士

注力分野
借金・債務整理
  • Icon 2土曜日相談可
  • Icon 3日・祝相談可
  • Icon 5電話相談可
  • Icon 1当日相談可
  • Icon 4夜間相談可(18時以降)
【秘密厳守】【初回相談30分無料】【夜間・土日 対応可】【費用分割払可】一人で悩まずご相談ください。皆さまの悩みに寄り添い、二人三脚で一緒に問題を解決していきます。

コラムの内容は更新時のものであり、最新の情報と異なることがあります。

ページ
トップへ