事務所の特徴

その1

■重点取扱分野

遺言・相続 / 金銭貸借(保証を含む)  / 契約法・商取引 / 労働事件(使用者側) / 労働事件(被用者側) / 子どもの権利 /  精神障害者問題 / 公的年金・生活保護 / 心神喪失者付添 / 宗教問題など

その2

■弁護士コメント

一部上場企業人事、社団法人職員、自営業など、他業種での社会経験も豊富な弁護士です。豊富な社会経験に裏打ちされた説得力のある立論を得意としています。地域密着型法律事務所として、一人一人のご依頼者に寄り添い、誠実かつ丁寧に事案を処理しています。また、予防法務の重要性が叫ばれている昨今、豊富な予防法務サービスをご用意させていただいております。ぜひ、一度、ご相談ください。

その3

■事務所アクセス

大阪府 大阪市 鶴見区放出東3-7-10

最寄駅:おおさか東線・学研都市線放出駅 徒歩 1分

■弁護士挨拶

司法試験予備試験・司法試験合格後、他事務所での研修を経て、この度、生まれ故郷である大阪市鶴見区で弁護士事務所を開業することになりました。

他の業種での社会人経験もあることで、本当の意味で、依頼者の立場に立って、依頼者に寄り添い、弁護することができるのが、私の強みだと自負しています。法律事務所にご相談に来られる方は、人生で何度か経験する大きな出来事に直面し、深い悩みを抱えて、その門を叩かれる方がほとんどだと思います。その悩みに向かい合い、依頼者の出来事を自分の出来事と考え、同時に法律の専門家として冷静な判断で、適切なご助言を行っていくことが、地域密着型の事務所としての在り方だと考えています。また、一つ一つの案件を丁寧に処理することで、地域の信頼を得て、それが事務所の将来にもつながっていく好循環を作り出すものと考えています。

身近で頼れる法律事務所を目指して、これからも頑張ってまいりますので、どうぞ、よろしくお願いいたします。

■事務所ポリシー

Ⅰ 勝訴見込みについて
当事務所ではご相談をお聞きし、お話内容から法的主張を抽出し、証拠を基にそれらの主張が裁判所において認められる可能性(勝訴見込み)を検討します。その際、勝訴見込みを「できるだけ正確に」申し上げます。

「できるだけ」というのは、例えば、初回相談の段階では、依頼者の方と弁護士との間で、信頼関係がまだ十分に醸成されておらず、依頼者の方が自己の判断で、自己に不利と考える情報を弁護士に伝えなかったり、受任後、依頼者の方からお聞きしていなかった訴訟結果を決定づける重要な証拠が相手方から突然提出されることなどにより、当初の勝訴見込みが、後々、大きく変わることも十分、考えられるからです。

とはいえ、当事務所では、勝訴見込みを正確にお伝えしないことは、後々、依頼者の方と弁護士との間の信頼関係の破壊につながり、また、依頼者の方を無駄な訴訟に引き込むという点で結局のところ、依頼者の利益を害すると考え、相談・打ち合わせ等、それぞれの段階で、その時点で得られた情報を基に、勝訴率をできるだけ正確にお伝えするように努めております。

Ⅱ 勝訴見込みがあまりに低い事案について
勝訴見込みのあまりに低い事案については原則として受任をお断りしています。

一般に、弁護士報酬は着手金と報酬金から構成され、着手金は訴訟の結果に関わらず発生し、報酬金は訴訟結果に応じて発生します。もっとも、報酬金が発生しない可能性が高いので、上記事案をお受けしないという訳ではありません。上記事案の受任は、後々、依頼者の方との間の紛争につながる可能性が高いからです。
法曹三者(裁判官、検察官、弁護士)は、事実や証拠の評価について共通の法的訓練を受けています。したがって、弁護士があまりに勝訴見込みが低いと判断するような事案は、裁判官にとっても同じような評価になることがほとんどで、実際の訴訟に移行しても、よほど特殊な事情がない限り、勝訴する可能性は極めて低いといえます。

このような事案で、依頼者がどうしても、訴訟受任をして欲しいと望まれる場合は、相手方に対する強度の恨みや紛争対象に対する強い思い入れがある、あるいは、和解狙い、訴訟詐欺、嫌がらせ等の目的等が考えられます。他方、敗訴して、何ら経済的利益が得られなくとも着手金は戻ってきません。依頼者の中には「負けても構わないので、訴訟してほしい。」とおっしゃられる方もおられます。しかし実際に訴訟をして全面敗訴し、着手金も戻ってこないという状況に直面した場合、本当に「負けても構わない」方は、極めてまれです。むしろ、相手方や紛争対象に強い思い入れのある方の場合、相手方に向かっていた怒りが弁護士に向かうこともあります。
また、訴訟詐欺目的であるのに、それを弁護士に告げず、弁護士がそれを見抜けないまま受任した場合、知らないとはいえ、訴訟詐欺の片棒を担ぐことになってしまいます。

上記のような事情により、勝訴見込みがあまりに低い事案については、受任しなければ社会的正義に反するというような特殊の事情が認められない限り、受任をお断りしています。

Ⅲ 弁護士報酬について
弁護士報酬について、原則として旧弁護士報酬規程に基づき、報酬額を定めております。
弁護士報酬については、依頼者の方から非常に分かりにくいものであることは否定できません。それに、委任に際しては、もちろん、その弁護士の知識や経験が重要になるのは当然ですが、それ以外にもいかに熱意をもって当該事案に取り組んでくれるのか、依頼者との相性はどうなのか、そういう点も極めて重要です。
他事務所でも異様に安い報酬で受任されている場合もありますが、個人的には本当にその金額で十分に注力して事案処理できるのか疑問を感じます。
ただ、他方、例えば、請負などで見れば、一度、仕事をさせてみて、いい仕事をすれば次も頼もうと思うし、いい加減な仕事をされれば次はないということもありましょうが、弁護士に依頼するようなことは、一般的な依頼者の方からすれば、一生に何度もある訳でもありません。仕事を任せてみていい加減な仕事をされてもその後、取り返すことは困難なことも多いです。
したがって、当事務所では初回相談の場合には、仮に30分を過ぎても相談料はいただいておりません。
その時間は、依頼者の方が弁護士の姿勢やご自身との相性、弁護士が依頼者の方との相性や事案の結論の見通しなどを検討する時間と考えています。もちろん、それで十分かと言えば決して十分とまでは言えませんが、できるだけ真剣勝負で腹を割ってお話しさせていただいております。

Ⅳ 反社会的勢力からの依頼について
当事務所は、反社会的団体・組織及びその関係人から依頼は、一切をお受けしておりません。
受任後、反社会的団体・組織及びその関係人と判明した場合、その時点で辞任いたします。

〒538-0044
大阪府大阪市鶴見区放出東3-7-10

050-5258-3780

平日9:00-19:00
土曜10:00-17:00

日祝

当事務所での法律相談は、まず、相談予約のお電話ないしメールをいただきましたら、日程調整させていただきますので、その上で、具体的に相談日の予約をしていただき、当日、ご相談に来ていただく、という流れになります。基本的に電話のみでのご相談はお受けしておりません。

おおさか東線『放出駅』徒歩1分

学研都市線 / 放出駅
おおさか東線 / 放出駅

・ 女性スタッフ在籍

在籍弁護士一覧

Resized avatar mini magick20190328 1836 19a9ao0
山田 貴弘 弁護士
注力分野
相続 企業法務 労働 不動産・建築 民事・その他

【土曜・祝日相談可】「依頼者利益の最大化」をモットーとする、地元密着型の弁護士事務所です。他業種での豊富な社会経験がありますので、真に依頼者様の立場に寄り添うことができると自負しております。