口止め料の要求も恐喝になる?

Legalus編集部さん 2014年12月25日

 先日、他人のマンションの共用部に原付を勝手に駐車してしまいました。これ自体軽犯罪に該当すると思います。その点にかんしては反省をしています。しかしながら、その際、マンションの住人と思われる男女と以下のやりとりがありました。こちらの男女の行為は恐喝に類するものでしょうか?

男女二人組:警察に通報するぞ。その際、誠意を見せれば考えなくもない。罰金を払え。(そのまま原付の鍵をぬきとられ、車体ナンバーを控えられる。)

私:2万円程あります。

男女二人組:それでいい。よこせ。



(20代:男性)

関連Q&A

寄託契約による所有物の取り戻しの件

法律全般 2017年01月22日

以前実家の両親に、私の家財品他私物を預かり置いてもらっていました。両親他界後、私物など整理引き取りに行き、無いもの多数の為、実家後継者に返還を何度も請求しました。しかし、取りに来ないで置いとくのが悪い。知らない。などと嘘や屁理屈ばかり...

競売物件の居住期限

法律全般 2017年01月21日

来月実家が特別売却でも売れず3回目の競売にかかります。 任意売却でも買い手がつかない家で(再建築不可・住宅ローン適用不可等)不動産屋に競売でも買い手がつかないとはっきり言われました。 買い手がつかない場合 いつまでこの家に住めるのでし...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     そもそも他人の所有地に無断駐車する行為はほとんどの場合犯罪とはなりません。なぜなら、法律上そのような行為を罰する規定が存在しないからです。

     相談者の言われている軽犯罪法にも私有地への無断駐車を罰する規定はありません。もっとも、立ち入ること自体を禁じている場所に駐車した場合には拘留または科料に処せられる場合があります(軽犯罪法1条第32号)。



     そして、今回の男女二人組の行為は恐喝罪刑法249条1項)にあたるといえるでしょう。

    恐喝罪は、人を恐喝して財物を交付させることによって成立します。恐喝とは暴行または脅迫によって被害者を畏怖させることをいいます。

     今回の場合、男女二人組は駐車行為が犯罪になると考えていた相談者に対し捜査機関への告発をしない代わりに口止め料を要求したので、脅迫によって相談者を畏怖させたといえるでしょう(最判昭和29年4月6日参照)。



     また、今回の相談では実際に相談者が2万円を交付したかどうかまで書かれていませんが、仮に交付していなかったとしても恐喝未遂(刑法249条1項250条)が成立します。



     今後もし繰り返し金銭を要求されることがあれば、警察に相談されるとよいでしょう。

2014年12月25日

法律全般に強い弁護士

お客様一人一人に会った解決方法をご提案します

「相談に行ってよかった」 お客様にそう思ってもらえるよう、お客様のお話を丁寧に聞き、的確なアドバイスが出来るよ...

身の回りの法律トラブルの解決に積極的に取り組んでおります

【堺市】南海本線堺駅すぐ

お客様の状況に応じた解決策をご提案致します。

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ