誤って支払いを受けた貯金を使ってしまったが...

Legalus編集部さん 2014年01月07日

 平成9年に農協より100万円満期でどうしますかの問い合わせがありました。心当たりがあったので手続きを踏み、現金でおろしたのですが、平成14年3月15日に農協より別な人の分なので返してほしいとの指示がありました。農協が同姓同名のため間違えたとのことです。
 100万円は現在使用して手元にないので、返すにも困っています。
 返す場合、全額なのか、また月々でいいのか、または返す必要がないのか教えて下さい。

(40代:男性)

関連Q&A

裁判和解調書の条項の趣旨について

法律全般 2016年12月04日

裁判和解調書の条項の一つに、ある問題については双方弁護士協議をする。と項目ある場合、本人は話に応じず、双方弁護士協議を検討中です。この様な時、強制できない。とか、和解調書の金額さえ支払い済みなら条項など無視する人も。など聞くと残念な気...

フェイシャルエステ整形取れた

法律全般 2016年12月03日

フェイシャルエステのときに二重整形取れたてしまいました アイメイクを落とすときに強く擦られました 2012年に整形しました ラインが薄くなることがあるのですが、明らかにラインがなくなりました どうしたらいいでしょうか?

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     ご相談のケースのように、法律上の原因がないのに他人の財産または労務によって利益を受け、そのため他人に損害を及ぼす行為を不当利得といいます。
     不当利得によって得られた利益は、本来、他の人のものなのですから、返還しなければなりません。ただ、法律上の原因がないことについて知っていたか、知らなかったかによって返還しなければならない利益が異なります。

     法律上の原因がないことを知らなかった場合には、利益の存する限度で返還すればよいとされています(民法703条)。つまり、現在残っている分を返還すればよいということです。ただ、金銭の不当利得の場合には、その金銭の消費によって何らかの債務を免れていますから、この「債務を免れた状態」によって経済的な利益を受けているといえ、その分も「利益の存する限度」に含まれます。
     他方、法律上の原因がないことを知っていた場合には、受けた利益に利息をつけて返還しなければなりません(民法704条)。

     以上より、あなたが貯金の支払いを受ける理由があると思っていた場合には、利益の存する限度で返還すればよいことになりますが、上で述べた通り、金銭の不当利得の場合には、仮に使ってしまった場合であっても、原則として返還の義務が生じることになります。つまり、あなたは100万円全額を返還しなければならないわけです。これは、相手方に過失がある場合でも同様です。

     ただ、あなたのケースの場合、もともとは農協側のミスですから、交渉によっては分割返済なども認められうるのではないでしょうか。

2014年01月07日

法律全般に強い弁護士

お客様一人一人に会った解決方法をご提案します

依頼者の一番の味方となり、ベストな解決を目指します。まずはお気軽にご相談ください。

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ