誤って支払いを受けた貯金を使ってしまったが...

User image 1 匿名ユーザーさん 2014年01月07日 04時14分

 平成9年に農協より100万円満期でどうしますかの問い合わせがありました。心当たりがあったので手続きを踏み、現金でおろしたのですが、平成14年3月15日に農協より別な人の分なので返してほしいとの指示がありました。農協が同姓同名のため間違えたとのことです。
 100万円は現在使用して手元にないので、返すにも困っています。
 返す場合、全額なのか、また月々でいいのか、または返す必要がないのか教えて下さい。

(40代:男性)

匿名弁護士

     ご相談のケースのように、法律上の原因がないのに他人の財産または労務によって利益を受け、そのため他人に損害を及ぼす行為を不当利得といいます。
     不当利得によって得られた利益は、本来、他の人のものなのですから、返還しなければなりません。ただ、法律上の原因がないことについて知っていたか、知らなかったかによって返還しなければならない利益が異なります。

     法律上の原因がないことを知らなかった場合には、利益の存する限度で返還すればよいとされています(民法703条)。つまり、現在残っている分を返還すればよいということです。ただ、金銭の不当利得の場合には、その金銭の消費によって何らかの債務を免れていますから、この「債務を免れた状態」によって経済的な利益を受けているといえ、その分も「利益の存する限度」に含まれます。
     他方、法律上の原因がないことを知っていた場合には、受けた利益に利息をつけて返還しなければなりません(民法704条)。

     以上より、あなたが貯金の支払いを受ける理由があると思っていた場合には、利益の存する限度で返還すればよいことになりますが、上で述べた通り、金銭の不当利得の場合には、仮に使ってしまった場合であっても、原則として返還の義務が生じることになります。つまり、あなたは100万円全額を返還しなければならないわけです。これは、相手方に過失がある場合でも同様です。

     ただ、あなたのケースの場合、もともとは農協側のミスですから、交渉によっては分割返済なども認められうるのではないでしょうか。

2014年01月07日 04時14分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

原告団への追加参加

法律全般 2017年07月21日

原告団が形成されて提訴というのはよくあるかと思いますが、提訴の後に原告団に参加することは可能なんでしょうか? 提訴の後に原告団に参加したいと意志表明したら、必ず追加提訴という形になるんでしょうか?

サッカーの試合中に相手を殴ってしまった場合の慰謝料とは?

法律全般 2017年07月21日

お恥ずかしいことなのですが、 草サッカーの試合中にラフプレイを受けて、興奮してしまい相手の方の横顔あたりを殴ってしまいました。 その時は興奮してしまっていて衝動的に手が出てしまいました。 冷静になってから思い返して自己嫌悪の繰り返しで...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

投稿する

法律全般に強い弁護士

弁護士生活45年。「大切なのは法律知識ではなく、診断」ありとあらゆる分野に精通してます。

些細なことでもまずはご相談ください。じっくりお話を伺います。

《初回相談無料》相続に特に力を入れています

どんなお悩みでもお気軽にご相談ください。弁護士があなたのお悩みを解決します。

ページ
トップへ