遅延証明書の効力

User image 1 Legalus編集部さん 2014年12月04日

 ある日通勤途中に電車が遅れて、遅延証明書をもらいました。30分の遅延でした。しかし、会社は遅延証明書を持っていても、遅刻は遅刻だと言っています。法律的には、遅延証明書があれば、遅刻をなかったことにできるのですか?



(20代:男性)

関連Q&A

車の名義人とお金を出した人が別 有利不利はあるの?

法律全般 2017年04月26日

車なんですが、お金を払った人は自由に使用でき、名義人の人は、使用するごとに前持ってお金を払った人に承諾を得なければならないのです。名義人よりお金を払った人の方が有利なのでしょうか?

傷害事件

法律全般 2017年04月22日

こんにちは。初めまして。 先日、私が軽自動車を運転していて、第一車線から第二車線へ車線変更しようと思い、ウィンカーを出しハンドルを少し右へ切ったところ、後ろからスピードを上げたワゴン車が接近してきたので車線変更をやめて第一車線へ戻りま...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     鉄道会社が発行する、遅延(延着)証明書には、遅刻をなかったことにする法的効力はありません。遅延証明書は不可抗力で遅刻をしたということを証明するにとどまります。

    ちなみに、電車の遅延等の不可抗力で遅刻をしてしまった場合、遅刻した分の給料はどうなるのでしょうか。

    民法は、ある債務が消滅することによって生じる結果のリスクは、その債務の債務者が負うという原則を採用しています(536条1項)。なお、売買等の場合は例外的に債権者がリスクを負います(534条1項)。

    この原則による限り、電車の遅延という不可抗力によって労働者の労務の提供という債務が消滅し、これと対価関係にある会社の給料支払債務も消滅します。
    したがって、電車の遅延等の不可抗力で遅刻をしてしまった場合、遅刻をした人はその分の給料をもらえないということになります。
    もっとも、就業規則によって遅刻が交通機関の遅延による場合には、給与を支払うと定めることは問題ありませんので、この辺の扱いは会社次第ということになります。

2014年12月04日

法律全般に強い弁護士

身の回りの法律トラブルの解決に積極的に取り組んでおります

依頼者のために最善を尽くしていきます

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ