ネットオークションでの中古車売買の法律関係

Legalus編集部さん 2016年02月16日

 2008年8月にネットオークションにて軽自動車を購入しました。この際のメーター走行距離は6万3千キロでした。

 当方この度この車両を売却する事となり、知り合いの販売店に持ち込みました。そこでこの車両を一度正規の自動車オークションに出品して頂く事となりました。その際のメーター走行距離7万2千キロでした。しかし、2008年6月にこの車両が大阪の正規の自動車オークションの履歴で、メーター走行距離16万9千キロで出品され落札されていた事が分かりました。当然、車両の評価は大幅にダウンしました。もちろんこのような車両でしたら当方も購入はしていませんでした。

 購入した相手にも連絡をしましたが、4年も前の事だし、「こちらは個人なので詳しい事は分からない」と言って販売したはずだとの一点張りでした。
 当方は出品者に対してメーター改ざんに関する損害を請求する事は出来ないのでしょうか?



(40代:男性)

関連Q&A

裁判和解調書の条項の趣旨について

法律全般 2016年12月04日

裁判和解調書の条項の一つに、ある問題については双方弁護士協議をする。と項目ある場合、本人は話に応じず、双方弁護士協議を検討中です。この様な時、強制できない。とか、和解調書の金額さえ支払い済みなら条項など無視する人も。など聞くと残念な気...

フェイシャルエステ整形取れた

法律全般 2016年12月03日

フェイシャルエステのときに二重整形取れたてしまいました アイメイクを落とすときに強く擦られました 2012年に整形しました ラインが薄くなることがあるのですが、明らかにラインがなくなりました どうしたらいいでしょうか?

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     中古車の売買は、当該中古車の個性に着目してされるので、いわゆる特定物売買にあたります。特定物売買において売買後に隠れた瑕疵(欠陥)が判明した場合、売主に瑕疵担保責任として損害賠償の請求をする事が出来ます(民法570条566条1項)。



     この損害賠償請求は、買主が瑕疵を知った時から1年以内にする必要があります(同570条566条2項)。

     ですので、「2008年6月にこの車両が大阪の正規の自動車オークションの履歴で、メーター走行距離16万9千キロで出品され落札されていた事が分かった」時点から1年以内であれば売主に損害賠償を請求する事が可能です。



     今回の場合、相手方が事実を争っている事から、支払督促や訴訟提起(60万円以下であれば少額訴訟)などの行動に出られてもよいでしょう。

     また、今回の場合、刑事上詐欺罪に該当する可能性もありますので、弁護士を伴い警察に相談に行かれる事もお勧めします。

2016年02月16日

法律全般に強い弁護士

身の回りの法律トラブルの解決に積極的に取り組んでおります

「相談に行ってよかった」 お客様にそう思ってもらえるよう、お客様のお話を丁寧に聞き、的確なアドバイスが出来るよ...

【交通事故案件多数】【複数弁護士対応可】 栃木県北の頼れる弁護士

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ